INTERVIEW

今この瞬間、このメンバーだからできるパフォーマンスを。劇団ソノノチ最新公演『つながせのひび』への想いとソノノチのこれから。

ART 2018.12.19 Written By 岡安 いつ美

今年創立5周年を迎えた劇団・ソノノチ。“その後(のち)、観た人を幸せな心地にする作品をつくる”というコンセプトであたたかく、優しい時間の流れる会話劇を、劇場公演のみならず、カフェや小規模会場を中心に行っている京都の劇団です。

 

12月19日よりSocial kitchen 2F Spaceで行われる『つながせのひび』は2016年につくるビルにて上演された同名作品のリクリエーション作品。2年の月日を経て「今のメンバーで見せられる最大限のパフォーマンスを」発揮できる形に作り直された今回の公演について、演出・脚本の中谷和代さんにお話を伺ってきました。

 

若い頃にはできなかった等身大の自分を許容する心の余裕や、クリエイターが真摯に創作に打ち込むが故に感じる苦悩や喜び。30代に突入したクリエイターのリアルな言葉の数々は、ものづくりをしている人だけでなく多くの人と共有できるものであり、それがきっと舞台にもきちんと昇華されていることだろうと言うことを今回のインタビューを通して感じました。

自分が見たい作品を自分で作ることからはじまった演劇人生

──

改めて今回アンテナでソノノチを初めて紹介するにあたり、ソノノチについて伺いたいと思っています。ソノノチは『「その後(のち)、観た人を幸せな心地にする作品をつくる」という創作のコンセプト』として活動されていますが、このコンセプトに行き着いた理由って何かあるのでしょうか。

中谷和代(以下、中谷)

理由はいくつかあります。私は高校の頃から小劇場に通っていて、演劇をやりたいなと思っていたのですが、私が知っている限り、京都に今の私たちのような作品を上演している劇団がなかったんですよね。当時の京都は、不条理劇とか、アングラ劇、熱量のある舞台が盛んな土地で。観に行っていたものに偏りがあったかもしれないのですが、優しくて温かい舞台が観たいなと個人的に思っていたんです。せっかくなら自分で作ろうかなと思ったのが、この世界に踏み込んだきっかけでもありました。

──

自分が見たいものを作りたかったんですね。

中谷

自分の理想とする「こんな人がいいな」とか「こんな世界があったらいいな」っていうものが創作物の中であれば作れるじゃないですか。憧れもありますね。昔はファンタジーな雰囲気が強くて、衣装もすごい可愛い感じでした。シルバニアファミリーのような感じでね。ミニチュアとかドールハウスが今でも好きで、箱庭的な世界を表現したいという思いは変わっていません。

【2014年】8人の「さよならの絲(いと)」
──

なるほど。中谷さんの演劇のルーツは京都にはなかったタイプのものになるかと思うのですが、具体的に何かありますか?

中谷

大学1〜2年生の頃に影響を受けていたのは『下鴨車窓』さんですね。ほかにも鈴江俊郎さんとか、松田正隆さんのような、今思えば当時の京都の演劇文化を担っておられた先輩方の演劇に惹かれていたんです。叫ぶだけが演劇じゃないんだ、ってことを知ったのはその時期でしたね。しみじみと心に染み渡る見せ方もあるんだなあと。自分はどちらかと言えばこういうことをやりたいなと思って。

──

そもそもなんですが、高校生の頃から小劇場に通ってたのもすごいなと。何か足を踏み入れるきっかけがあったのでしょうか?

中谷

同級生が公演に出るから観に来て、って言われたのがきっかけでしたね。高校生で外の劇団に出演するというのは、当時は結構すごいことだったので観に行って。それがすごく面白かったんですよね。それまでは演劇って学校の芸術鑑賞で見た劇とか、劇団四季のイメージしかなかったんですけど、こんなに近くて唾や汗が飛んでくる距離で体感できる舞台を見て興奮して。役者さんもすごくかっこよくて、サインをもらうために出待ちしてたくらいなんです。

──

その後大学に進学して、演劇系のサークルに所属すると。

中谷

はい。最初は役者をしていました。野田秀樹さんの脚本を中心に上演していましたが、違う作風のものにもチャレンジしたいと思っていたので、1年生の終わりくらいに初めて脚本・演出の作品を作りました。それを仲間内でやったのが脚本や演出を始めたきっかけですね。

──

大学1年生からやっていたとは、かなりの行動力ですね。

中谷

いやいや、やり方もわからなくてとにかく見よう見真似でした。その時は理論を勉強したわけでも、誰かに教わったわけでもなかったので大変でしたね……。

──

なるほど。それが今のソノノチにつながっているわけですが、中谷さんがテーマにも掲げている“幸せの心地”ってどんな状態でしょうか。

中谷

2つあります。ひとつは人でもいいし、思い出でもいいし、物でも、本でもなんでもいいんですが、見終わった後に大事なものをハグしたくなる気持ちになることを目指しています。もう一つは観劇したあとに明日も頑張ろうって思えるような作品を作りたいです明日に希望がもてることって、とても幸せなことだと思います。人の表現を見ることで勇気付けられたり、元気付けられて自分のやれることを頑張るぞって思うとか、私の場合はすごい創作意欲が湧くんですよね。心に迫る作品を観ると、自分の表現欲求が刺激されるというか。その2つが大きいかな、と思います。

──

ああ、なんかすごくその感覚は分かります。私は普段ライブ写真を撮ることが多いのですが、いいライブ見たら、私もいい写真撮らな……!って意欲に繋がることは多いかも。

中谷

そうそう、じゃあそこで自分もいい歌唄いたいとはならず、自分のフィールドでやっていることへの刺激になるじゃないですか。もちろんいい作品を観て打ちのめされて落ち込むこともありますが(笑)、同時に気持ちが奮わされることも多いです。

──

外からもらったパワーを、自分の作品に反映させているんですね。

中谷

その通りです。

123

WRITER

RECENT POST

COLUMN
【2020年12月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年12月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年11月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年11月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年10月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年10月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年9月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年9月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年8月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年8月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年7月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年7月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年6月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年6月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年5月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年5月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年4月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年4月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年3月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年3月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
SPOT
【閉店】ダイニングバー DEN-EN
COLUMN
【2020年2月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年2月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年1月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年1月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
お歳暮企画 | MOVIE OF THE YEAR 2019
REPORT
ボロフェスタ2019 フォトレポートDay3 – 2019.10.27
COLUMN
【2019年12月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年12月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REPORT
ボロフェスタ2019 フォトレポートDay2 – 2019.10.26
REPORT
ボロフェスタ2019 フォトレポートDay1 – 2019.10.25
COLUMN
【2019年11月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年11月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年10月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年09月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
若き奇才たちがつくりあげる“ポップ・ミュージック”の最新形ーーHitotonari『Rinkaku』…
REPORT
【SXSW2019 – まとめ】原点回帰へと向かうSXSW
REPORT
第2回 うたのゆくえ レポートまとめ・フォトレポート
INTERVIEW
音楽について書くことを純粋に楽しむ。関西音楽メディア・ki-ftのこれまでとこれから。
COLUMN
アジアのフェスってどんな感じ?実際に行ってみた人に聞いてみた〜中国Concrete and Gras…
REPORT
【和島咲藍の見たボロフェスタ2018 Day2】アイアムアイ / ベランパレード / Polaris…
INTERVIEW
VOGA第15回本公演『直観と情熱』記念 VOGA代表・近藤和見インタビュー
ART
REPORT
【フォトレポート】Klan Aileen at 京都GATTACA 2018.06.30
REPORT
アウトプットへの一歩を踏み出そう!京都写真部第一回フォトウォークレポート
FREE_PAPER
フリーペーパーアンテナ vol.6
FREE_PAPER
フリーペーパーアンテナ vol.4
REPORT
【SXSW2018】フォトグラファーが見たSXSW 2018.03.15 – 03.17
REPORT
【SXSW2018】フォトグラファーが見たSXSW 2018.03.09 – 03.14
REVIEW
【3×3 DISCS】Make Believe – Weezer
REPORT
【SXSW2018】新しいPeelander-Zを見た
INTERVIEW
下ネタを、人間ドラマで見せる!?旗揚げ約20年のニットキャップシアターが送る最新コント公演『That…
ART
INTERVIEW
【shrine.jp20周年記念特別インタビュー】今もなお新たな挑戦を続ける糸魚健一の20年に迫る
REPORT
【岡安いつ美が見たボロフェスタ2017 / Day1】台風クラブ / 愛はズボーン / ひとりバレー…
INTERVIEW
竹上久美子の「これまで」と「これから」
REPORT
“当たり前”を違う角度から見るとどうなるのか? – OKAZAKI LOOPS 2017…
REPORT
Color of Yellow:イベントレポート
INTERVIEW
「バンドを辞める人を1人でも減らしたい」–そんな想いから生まれた“【座談会】働きながら音…
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -岡安いつ美 ③写真編-
INTERVIEW
【私たちがアンテナをやる理由】編集長・堤編
REPORT
【SXSW2017】Daily – 2017.03.15
REPORT
【SXSW2017】Daily – 2017.03.14
REPORT
【SXSW2017】Daily – 2017.03.13
REPORT
【SXSW2017】Daily – 2017.03.12
REPORT
【SXSW2017】vol.2 – SXSW2017 The 2017 Grulke P…
REPORT
【SXSW2017】vol.1 – SXSWとは?
REPORT
Owen Pallett JAPAN TOUR 2017@CLUB METRO 2017.04.26
INTERVIEW
THEロック大臣ズ解散。Vo.たなかけんすけ単独インタビュー
REPORT
【SXSW2017】Daily – 2017.03.18
REPORT
【SXSW2017】Daily – 2017.03.17
REPORT
【SXSW2017】Daily – 2017.03.16
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -岡安いつ美 ②SXSW-
REPORT
Indie Label Showcase vol.1レポート – レーベルを立ち上げる …
REPORT
“今”のトクマルシューゴを体感せよ。ートクマルシューゴ LIVE TOUR2016-2017 @ 磔…
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -岡安いつ美 ①Peelander yellow-
REPORT
LOSTAGE presents 生活2016【Day2】@ スペースU古河 2016.10.23
REPORT
LOSTAGE presents 生活2016【Day1】 @ スペースU古河 2016.10.22
INTERVIEW
ボロフェスタ15周年記念特集・『ボロフェスタってなんなんだ?』 – 杉浦真佐子編 –
INTERVIEW
ボロフェスタ15周年記念特集・『ボロフェスタってなんなんだ?』 – ときめき☆ジャンボジ…
INTERVIEW
ボロフェスタ15周年記念特集・『ボロフェスタってなんなんだ?』 – クリトリック・リス編…
COLUMN
【映画のすゝめ】第5回:ワールズ・エンド 酔っ払いが世界を救う!
REPORT
青葉市子&SKIP SKIP BEN BEN east asia tour in 小豆島・島フェス …
INTERVIEW
『ウサギバニーボーイさん』リリース記念特別インタビュー
INTERVIEW
第6回スキマアワー開催記念 キツネの嫁入り・マドナシインタビュー
FREE_PAPER
フリーペーパーアンテナ vol.5
COLUMN
映画のすゝめ 第4回
REPORT
Rainbow’s End 2016 @円山公園音楽堂 2016.05.22
REPORT
Magical Colors Nightで見た、地方インディシーンの可能性
COLUMN
【映画のすゝめ】第3回
REPORT
FOREST @ 京都GROWLY 2016.02.25
COLUMN
【映画のすゝめ】第2回
SPOT
JET SET
SPOT
100000tアローントコ
COLUMN
【映画のすゝめ】第1回
INTERVIEW
【きょう、つくる人】第2回:grasspool・小西弘恵
INTERVIEW
【きょう、つくる人】第1回:花背WARA・藤井桃子
INTERVIEW
the coopeez 3rdアルバム『rucksack』発売記念、全曲解説インタビュー 後編
INTERVIEW
the coopeez 3rdアルバム『rucksack』発売記念、全曲解説インタビュー 前編
FREE_PAPER
フリーペーパーアンテナ vol.3
INTERVIEW
なぜ今台湾なのか?月見ル君想フ台北店オープンについて迫る
INTERVIEW
「人が動くアプリ」OTONOTO ーーわたしたちと音楽の新たな関わりかたを提示してくれたOTONOT…
REPORT
The Octopus Project Japan Tour -Kyoto- ライブレポート
REPORT
広島オルタナティブツアー御一行様ご来店~え?埼玉からも!?~ @ 京都GROWLY 2014.10.…
REPORT
ザ・シックスブリッツワンマン『BACK TO TAVERN』@ KYOTO MUSE ライブレポート
INTERVIEW
Peelander-Zの新メンバー・伊藤顕央とは一体何者なのか?
REPORT
sukida dramas @ 京都GROWLY ライブレポート
REPORT
LIVE KILAUEA 2014 -day.3-@CLUB METRO ライブレポート
REPORT
LIVE KILAUEA 2014 -day.2-@京都GROWLY 2014.08.09
REPORT
LIVE KILAUEA 2014 -day.1-@京都GROWLY ライブレポート
FREE_PAPER
フリーペーパーアンテナ vol.2
FREE_PAPER
フリーペーパーアンテナ vol.1

LATEST POSTS

INTERVIEW
ただ“おもろい”と思うことをやっていたら、いろんな「無い!!」に気づいた〈トマソンスタジオ〉インタビュー

「対バンしたい!」を仕事で叶える。Nue inc. 松倉早星インタビュー

REVIEW
CIFIKA – HANA

INTERVIEW
どうやって作られているか知るために現場を開く。建築集団「々」野崎将太 インタビュー

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 後編:ジャンルを融合させるパキスタンアーティストたち

「台湾のシーンが熱い」と透明雑誌が日本のインディーシーンを騒がせて、早くも10年近くになるだろうか。…

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 前編:パキスタンの「文化の床」Coke Studio Pakistan

パキスタンの音楽的背景と、その再興に挑み続けるテレビ番組 CokeStudioについて。