EVENT

Janet Klein and Her Parlor Boys来日公演

MUSIC 2018.09.19 Written By ケガニ

”パーラーミュージックの女王”、ジャネット・クラインが、デビュー20周年にあたって日本公演(東京、大阪、福岡)を行う。

 

クラインは1998年に『Come into My Parlor』でデビューして以来、「パーラーミュージック」を奏でてきた。あまり耳なじみのないジャンルだが、欧米において「中産階級の家の応接間などでその家の人たち(アマチュア)がピアノなどを弾きながら歌った音楽のこと」(Tom’s Cabin HPより)。つまり、19世紀初頭、いわゆるジャズや歌謡曲、オールドタイムミュージックの先祖のような存在だ。言葉をかえれば、誰が聴いても懐かしい、美しいメロディを持った普遍的な歌である。

 

たしかに、彼女はこうした深い造詣に根差した音楽を発信し続けてきた唯一の存在だ。しかし何よりも、世界中のファンを魅了してやまないのは、クライン自身の堂々たるたたずまいと歌声に違いない。円熟を増した彼女のバンド、”Her Parlor Boys” とともに奏でられるサウンドは軽やかに美しく、まさに時代を超えている。今回のツアーに先駆けて、10月8日に日本先行発売のCD『Shanghai Shuffle』をリリースするが、こちらもベスト盤としてファンならずとも必聴だろう。

Janet Klein and Her Parlor Boys - Live at Maxwell Demille's Cicada Club

日時(大阪公演)

2018年10月25日(木)19:30〜

会場

梅田クラブクアトロ

料金

ADV¥6,000(+1Drink)

DOOR¥7,000(+1Drink)

出演

Janet Klein and Her Parlor Boys

チケット

梅田クラブクアトロ (06-6311-8111)
チケットぴあ(0570-02-9999 Pコード:127-425)
ローソンチケット(0570-084-005 Lコード:5760)
イープラス(ファミリーマートでも可)
■トムス・キャビン Peatix(クレジットカード、コンビニ、ATMほか)

 

公式HP

WRITER

RECENT POST

SPOT
菊しんコーヒー
INTERVIEW
日本でスウィングが流行るには – Clap Stomp Swingin’イン…
REVIEW
【3×3 DISCS】Teenage Fanclub – Bandwagonesque
COLUMN
【2018年8月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
Swing Side / Sing Side – Clap Stomp Swingin&…
COLUMN
【Brand New Paris ! 】第4回:学生運動
REVIEW
【3×3 DISCS】真夏の目撃者 – GOING UNDER GROUND
COLUMN
ブンガクの小窓 第十七章 -億劫-
COLUMN
【Brand New Paris ! 】第3回:アコーディオニスト taca
REVIEW
星の王子さまたち – Beautiful
COLUMN
【Brand New Paris ! 】第2回:シネマ
COLUMN
ブンガクの小窓 第十六章 -プロジェクト-
COLUMN
【2018年1月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【Brand New Paris ! 】第1回:物語自販機
SPOT
立ち呑み キセノン
COLUMN
ブンガクの小窓 第十五章 -パトス-
REVIEW
Hicoband – あお
COLUMN
【2017年11月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
ブンガクの小窓 第十四章 -ラディカル-
INTERVIEW
台風クラブは「ロックンロール」か?
COLUMN
ブンガクの小窓 第十三章 -退屈-
COLUMN
ブンガクの小窓 第十二章 -矜持-
COLUMN
【ブンガクの小窓】第十一章:シンギュラリティ
COLUMN
【ブンガクの小窓】第十章:フロウ
COLUMN
【ブンガクの小窓】第九章:ノマド
COLUMN
【ブンガクの小窓】第八章:散文
COLUMN
【ブンガクの小窓】第七章:刹那
COLUMN
【ブンガクの小窓】第六章:アイデンティティ
COLUMN
【ブンガクの小窓】第五章:ユートピア
COLUMN
【ブンガクの小窓】第四章:ルサンチマン
COLUMN
【ブンガクの小窓】第三章:虚構
COLUMN
【ブンガクの小窓】第二章:実存
COLUMN
【ブンガクの小窓】第一章:不条理

LATEST POSTS

INTERVIEW
ただ“おもろい”と思うことをやっていたら、いろんな「無い!!」に気づいた〈トマソンスタジオ〉インタビュー

特集『言葉の力』の企画として本記事では、自らの思想をどのようにして言葉に乗せ発信してきたのかを探る。…

REVIEW
ザ・ディランⅡ

きのうの思い出に別れをつげるんだもの(1972年)

INTERVIEW
どうやって作られているか知るために現場を開く。建築集団「々」野崎将太 インタビュー

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 後編:ジャンルを融合させるパキスタンアーティストたち

「台湾のシーンが熱い」と透明雑誌が日本のインディーシーンを騒がせて、早くも10年近くになるだろうか。…

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 前編:パキスタンの「文化の床」Coke Studio Pakistan

パキスタンの音楽的背景と、その再興に挑み続けるテレビ番組 CokeStudioについて。