EVENT

M-laboratory 新作 「いなくなる動物」岡山公演

ART 2018.08.27 Written By 肥川 紫乃

東京を拠点に活動するダンスカンパニーM-laboratoryが新作「いなくなる動物」にて、岡山の上之町會舘での初演を皮切りに、沖縄・東京の3都市を巡るツアーをスタート。

作・構成・振付・出演の三浦宏之、出演・振付の上村なおかによる初のフルレングスDuo作品となる本作品は、2016年7月にアイスランドで起きた一頭のホッキョクグマの射殺が創作の発端となっており、全ての命が等しく備えている「身体」から、多義においての「環境」について、関わるすべての人と共有していきます。西日本での上演の機会をぜひお見逃しなく。
 
また、9月5日(水)・7日(金)には出演者の上村なおかによるコンテンポラリーダンスのワークショップも開催されます。ぜひこの機会にご参加ください。

全ての存在は単一で動く小さな命であり、それら全てが密接に関わり合いながら自然界という大きな環を形成しているのであるから、ダンスによる小さなからだの動きは、いずれ必ず自然界の環境へとその環を広げてゆくはずである。その時、からだは自然に由来する一つの環境体として存在することができる。

いなくなる動物とは、何のことか。

〜 多くの種が、この地球に命を宿しているが、もちろん人間も、その中の一つと言える 〜

 

動物としての人間が、人間として選択すべきこと。

そのための、ダンス。その旅。

あるいは、漂流。

三浦宏之 / 作・構成・振付・出演
M-laboratory主宰・振付家・舞踊家。
’93年土方巽記念アスベスト館にて舞踏を始める。以降これまでにダンサー及び振付家として欧州、アジア、北米、南米、計21ヶ国45都市以上での公演に参加。’99年ダンスカンパニーM-laboratoryを結成。これまでに28作品を製作し国内外で上演。近作は’16年横浜ダンスコレクションアジアセレクションにて上演されたWorks-M Vol.7「クオリアの庭 Garden of qualia」’17年 M-laboratory 活動再開作品「Moratorium end」。横浜ダンスコレクションRソロ×デュオコンペティションナショナル協議員賞受賞。東京コンペ#2優秀賞受賞。

 

上村なおか / 出演・振付
石川県金沢市生まれ。幼少よりバレエを始める。木佐貫邦子にダンスを、笠井叡にダンスとオイリュトミーを学ぶ。身体の発見と冒険をキーワードに’95年より自作ソロダンスを開始。ソロ以外にも、様々なジャンルのアーティストとの恊働作業やセッション、ワークショップを通して身体による交流・交感を積極的に行っている。近年では<笠井瑞丈×上村なおか>としても継続的に活動中。第36回舞踊批評家協会新人賞受賞。桜美林大学芸術文化学群などで講師を務めている。http://www.naoka.jp/

日時

2018年9月8日(土)15:00〜 / 19:00〜
2018年9月9日(日)15:00〜(開場は開演の30分前より)

​会場 

上之町會舘2階ホール(岡山市北区天神町9-39-2F)

料金
一般前売 2,500円 / 当日 3,000円
学生前売 2,000円 / 当日 2,500円
予約 / お問い合わせ
M-laboratory 
TEL 086-238-4867 FAX 086-238-4866
チケット取り扱い

ぎんざやプレイガイド TEL 086-222-3244

企画
M-laboratory
IN⇄OUT O.D.P     
M・O・W M-Lab Institute Open class & Workshop
制作

Works-M 田中麻美

制作協力
(沖縄〉Mings 知花幸美 糸数育美 國場めぐみ
〈東京〉兼盛雅幸
〈岡山〉松永亜紀子
提携
一般社団法人おきなわ芸術文化の箱
アトリエ銘苅ベース
上之町會舘
主催

M-laboratory

ワークショップ
「いなくなる動物」上演に先駆け、上村なおかによるコンテンポラリーダンスの
ワークショップを開催いたします。
高校生以上であればダンス経験の有無を問わずどなたでも参加できます。
身体に丁寧に向き合いながら、踊ることへの新たな気づきを見つけることができると定評のある上村なおかのワークショップ。上村の世界観とともに是非ご体感ください!
 
「上村なおかダンスワークショップ」
 
日時 2018年09月05日(水)・07日(金)19:30~21:30 
会場 上之町會舘2階ホール
料金 1日 2,500円 2日通し 4,500円
予約 M-laboratory 
  MAIL予約 worksmlabo@gmail.com
  TEL 086-238-4867 FAX 086-238-4866
 
◯ワークショップ通し&公演チケットの予約割引料金6,500円
セット予約の受付はM-laboratoryのみでの取り扱いとなります。
M・O・W M-Lab Institute Open class & Workshop会員の方は月謝・会員価格を適用。
クラウドファンディング
Works-MではM-laboratory新作Duo「いなくなる動物」3都市ツアー製作支援のためのクラウドファンディングを実施中です。本プロジェクトも何卒よろしくお願いいたします。
HP

http://worksmlabo.wixsite.com/m-laboratory/inakunarudoubutsu

WRITER

RECENT POST

INTERVIEW
どうやって作られているか知るために現場を開く。建築集団「々」野崎将太 インタビュー
INTERVIEW
人の集まりは一瞬の交わりだからこそおもしろい。 うかぶLLC・蛇谷りえ / 三宅航太郎インタビュー
INTERVIEW
「対バンしたい!」を仕事で叶える。Nue inc. 松倉早星インタビュー
COLUMN
文化の入口はどこだ? – 海外文化を感じるカフェ編–
SPOT
進々堂 京大北門前店
SPOT
MEMEME COFFEE HOUSE
SPOT
BnA Alter Museum
ART
REPORT
必ずしも正解は必要ではない。『楽観のテクニック』で気づく「自分なりの問い」とは?
ART
INTERVIEW
【with your eyes】5th shot :倉本あかり
INTERVIEW
【実は知らないお仕事図鑑 P7:アーティスト】 副産物産店・矢津 吉隆 / 山田 毅
ART
INTERVIEW
森でからっぽになるアート展『森の展示室』 主催者インタビュー :和紙作家・ハタノワタル
ART
INTERVIEW
森でからっぽになるアート展『森の展示室』 主催者インタビュー :皮革作家・logsee
ART
INTERVIEW
【with your eyes】4th shot :田中幹人
INTERVIEW
【with your eyes】3rd shot :津久井珠美
INTERVIEW
【with your eyes】2nd shot :水渡嘉昭
INTERVIEW
【with your eyes】1st shot :桑原雷太
SPOT
VOU
SPOT
壬生モクレン
SPOT
Photolabo hibi
SPOT
サウナの梅湯
SPOT
恵文社
INTERVIEW
Vo.アベフミヒコが初めて語る。SIRMO STADの軌跡とニュー両A面シングル『見慣れた街で / …
COLUMN
しのさん鳥取へ行く
SPOT
バイタルサイン
REPORT
8年ぶりの海外旅行!しのさん台中旅レポート【後編】
COLUMN
8年ぶりの海外旅行!しのさん台中旅レポート【前編】
REPORT
コンテンポラリーダンスってどんな感じ?アンテナメンバーがビギナークラスのWSを受けてみました!
ART
INTERVIEW
100年続くフェスティバルへ「京都国際ダンスワークショップフェスティバル」創設者・坂本公成インタビュ…
ART
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -齋藤紫乃 ②じかんどろぼう大発信編-
INTERVIEW
信念を貫くということ。『日本一の斬られ役 』福本清三さんインタビュー
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -齋藤紫乃 ①ウォーターガールズ編-

LATEST POSTS

INTERVIEW
ただ“おもろい”と思うことをやっていたら、いろんな「無い!!」に気づいた〈トマソンスタジオ〉インタビュー

特集『言葉の力』の企画として本記事では、自らの思想をどのようにして言葉に乗せ発信してきたのかを探る。…

REVIEW
ザ・ディランⅡ

きのうの思い出に別れをつげるんだもの(1972年)

INTERVIEW
どうやって作られているか知るために現場を開く。建築集団「々」野崎将太 インタビュー

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 後編:ジャンルを融合させるパキスタンアーティストたち

「台湾のシーンが熱い」と透明雑誌が日本のインディーシーンを騒がせて、早くも10年近くになるだろうか。…

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 前編:パキスタンの「文化の床」Coke Studio Pakistan

パキスタンの音楽的背景と、その再興に挑み続けるテレビ番組 CokeStudioについて。