INTERVIEW

ボロフェスタ主催のひとり飯田仁一郎に聞く、ナノボロフェスタでトークイベントを行う理由

MUSIC 2018.08.22 Written By 堤 大樹

飯田仁一郎という人物をご存知だろうか?

 

肩書だけで語れば、ボロフェスタの主催者、Limited Express (has gone?) のギタリスト、リアル脱出ゲームのSCRAPの取締役、音楽メディアOTOTOYの取締役と、今でこそ誰もが一度は耳にしたことがあるものがずらりと並ぶ。飯田さんはいずれにも立ち上げから関わっており、その先見の明には舌を巻くばかりだ。

 

そんな彼が四年前からナノボロフェスタ内で力をいれて取り組んでいるのが、『日本インディーミュージックガイド』というトークイベントだ。このイベントは飯田さんとSSWでボロフェスタ主催者のゆーきゃん、それに音楽ライターの岡村詩野を加えた三名で毎年ナノボロフェスタに合わせ開催されており、それぞれの最新の音楽情報を交換するような場となっている。音楽フェスの中で何故このような取り組みを行なっているのか、その理由を探るためにインタビューを行なった。

インタビュアー:堤大樹

新しくて尖った人たちを早く発掘することを大切にしている

──

ナノボロフェスタで四年前から継続して行なっている、『日本インディーミュージックガイド』について教えていただきたいのですが、毎年どのようなことをお話されているんでしょうか。

飯田仁一郎(以下:飯田)

基本的にはトークをする三人が、今キている音楽やミュージシャンを、体系立てて紹介するといった形です。大体ひとり5つか6つ紹介するんですけど、知名度があがって売れてきたバンド、インフルエンサーが騒いでいるけどまだリスナーには届いていないバンド、売れてないけど自分が好きなバンドあたりを織り交ぜて紹介していますね。

──

今年で四度目となりますが、ずっとこの三名でやってこられたんですか?

飯田

ゆーきゃんがサンレインレコーズを辞めてしまってから、代わりの人に入ってもらうことも考えましたよ。ただ彼は今情報量が少なくなる代わりに、ローカルという新しい視点を手に入れたので、引き続きこの三人でやっています。東京はもちろん京都よりもずっと小さな街、富山や金沢、福井で見える景色っていうのは彼だからこそ伝えられるものがある。もちろんサンレインレコーズの経験もあるから、インディーミュージックを体系的にとらえる言語力はあるので。

左から、飯田仁一郎・岡村詩野・ゆーきゃん
──

最先端をうたいながら、ローカルの視点を織り交ぜたいというのが非常にボロフェスタらしい部分ではありますね。

飯田

そうですね、元々は……今もそうだけど、ネームバリューのあるアーティストにもボロフェスタには出演してもらうんですが、新しくて尖った人たちを早く発掘することを大切にしているし、ボロフェスタを経由してそんなミュージシャンが大きくなって欲しいという気持ちは強いです。

三人とも共通して「ほぼすべてのバンドは、どんなにしょぼくてもきらめく部分を持っている」とう感覚を持っている

──

これまでにどのようなバンドが紹介されていますか?

飯田

三年か、四年前に僕が東京で起こっているムーブメントをツリー型にして紹介したのはよく覚えています。Suchmos、never young beach、YOGEE NEW WAVES、D.A.N.が出てきたあたりですかね。「東京では今こういう人たちが新世代のシーンを担っているんです」、と紹介させてもらいました。その次の次の年くらいに、今度は詩野さんが京都の音楽ツリーを作って、台風クラブとか、本日休演、バレーボウイズなんかを紹介していたかな。それが東京に住んでいる人間からするととても新鮮で、ものすごく面白かったですよね。今いろんな場所で起こっていることを体系立てて知れるっていうのはとても大切なので。

──

それぞれに居住地も違うので、紹介に色が出るのは面白いですね。何故このトークを始められたのか教えていただけますか?

飯田

スタートの経緯は、音楽に造形がある人を集めて「今この音楽が面白いよ」と、体系立ててリスナーに発信していきたかったことですね。僕はOTOTOY、ゆーきゃんがサンレインレコーズ、岡村詩野さんは京都でライターをしていて、条件に合う人がそろったのでスタートしました。この三人に共通していることは、音楽を仕事にする”プロのリスナー”ということですね。仕事で音楽を聴く、つまりものすごく体系的に音楽をとらえていて、自分の好き嫌い以外で語らなければいけない。熱いインディーファンとはまた少し違った、客観的な視点を持って伝えられるポジションにいるということが重要なんです。

──

”客観的な視点”とはどういったことか、もう少し違いを教えていただいてもよいでしょうか?

飯田

「これがキている、熱いんだよ」ということを、たくさんの情報量を持って話せるということですね。過去の音楽の歴史や背景を含めて発言できることが大切かと。

──

何故それを伝えることが大切になってくるるんでしょうか?

飯田

言葉にはしていないけど、三人とも共通して大前提として大事にしている感覚があって、それは「ほぼすべてのバンドは、どんなにしょぼくてもきらめく部分を持っている」ということですかね。ライブハウスで1,2年もきちんと活動しているバンドは、良いところが絶対にある。それを誰かに伝える時、何故その音楽が良いのかその理由や背景も説明できず、「このバンド最高」とだけ発信しても説得力がないですよね。良いもののひとつのバロメーターとして、集客があるっていうのはわかりやすいですが、それ以外にもバロメーターがたくさんあるので。

今もずっと面白い音楽は生まれてきているし、さぞ今の時代の音楽がつまらないみたいな言い方はしないで欲しい

──

日本インディーミュージックガイドを通じて、より情報感度の高いリスナーを育てたいという思いはありますか?

飯田

それは間違いなくあります。耳の肥えた、新しい音楽を求めるリスナーじゃないと、いずれ音楽を聴かなくなってしまう。30代、いや20代で音楽から離れてしまうんです。それはもとても悲しいことだと嘆いているんですが、仕事が忙しい、子育てが忙しくて時間がないと新しい音楽を掘り下げる力っていうのはなくなってしまいますよね。でも常に新しい音楽は生まれているし、面白いことは起こっているので知って欲しいんです。

──

僕のまわりにもそういった知り合いは多いですね。

飯田

少し前に音楽に携わる仕事をしていた友人が、仕事を変えて音楽から離れてしまったんですよ。その友人が宇多田ヒカルのCDを買いにレコ屋に行ったらしく、その時「久しぶりに欲しいCDがあったから」って言葉を聞いて、「それお前が言うなよ」って思ったんです。今もずっと面白い音楽は生まれてきているし、その人の感度が下がって面白いものをキャッチできていないだけで、さぞ今の時代の音楽がつまらないみたいな言い方はしないで欲しい、と。だから少しでも「もっと新しい音楽や、もっと面白い音楽があるんだよ」ってことを伝え続けたいと思っています。

──

飯田さんは今でも強く音楽の力を信じていると思いました。

飯田

音楽が原発を止めることはできないのも知っているし、政権を交代させることもできないとは思っています。ただ音楽があることで人生は間違いなく豊かになるし、なにより新しい音楽を見つけた時のワクワク感が、生きるエネルギーになるので、そこは強く信じていますね。

──

久しぶりにゆっくりお話をお伺いできてよかったです。ありがとうございました!


日本インディーミュージックガイドは、8/26(日)の17:00-18:00に喫茶マドラグにて。

公式:http://borofesta.jp/schedule/japan-indie-music-guide-vol4/

日時

2018年08月25・26日(土・日)
open 12:30 / start 13:00

場所

Live house nano / □□□ん家(Livehouse nano2階 旧ラクボウズ) / 喫茶マドラグ / LIVE&SALON 夜想 / タベルトマル二条城 okatte

料金

1日券 前売2500円 / 当日3000円
2日券 前売4500円(前売のみ)

出演

Homecomings / ハンブレッダーズ / おとぼけビ~バ~ / imai(group_inou) / in the blue shirt / TRIPMEN / ベランダ / ラッキーオールドサン / Kento Tani(Turntable Films) / Suess / 伊藤祐樹(THE FULL TEENZ) / bed duo(山口&ジューシー) / KK manga / アイアムアイ / メシアと人人 / テト・ペッテンソン / NAHAVAND / バカがミタカッタ世界。 / Bagus! / 花柄ランタン / ゆ~すほすてる / The Fax / 三好真弘 / ゆーきゃん / Ribet town / ARSKN / 浪漫革命 / ULTRA CUB / カーミタカアキのフリースタイル嘘話

チケット予約

公式:http://borofesta.jp/nanoboro/

各バンド取り置きも可

飯田仁一郎

 

 

Limited Express (has gone?)リーダー / 音楽情報・音源配信OTOTOY(オトトイ)取締役 / リアル脱出ゲームSCRAPの取締役 / BOROFESTA(ボロフェスタ)代表 / JUNK Lab Records主催 / Less Than TVをリスペクト!

WRITER

RECENT POST

INTERVIEW
都市の文化にふれながらバランスよく生きられる場所が無い!!〈汽水空港〉店主・モリテツヤインタビュー
COLUMN
書評企画『365日の書架』12月のテーマ:もっと読むのが好きになる
INTERVIEW
【Identify Me vol.01】写真家・金サジ
COLUMN
【東日本編】ライブハウス・クラブでの思い出のエピソード
COLUMN
【西日本編】ライブハウス・クラブでの思い出のエピソード
COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.1:Stars and Rabbit
INTERVIEW
【with your eyes】番外編:Allan Dransfield(アラン・ドランスフィルド)
COLUMN
堤、ウズベキスタンへ行く – 単一の文化ってなんだよ –
INTERVIEW
自分たちで責任を取り続けられる企業であるために。FREITAGの創業者Markus Freitag来…
INTERVIEW
台湾インディーシーンの最前線を走り続けるSKIP SKIP BEN BENこと林以樂、初の本名名義と…
COLUMN
【2019年10月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年09月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年08月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
制作もライブも自然体で。京都のシンガーソングライターいちやなぎインタビュー
COLUMN
【2019年07月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
堤、中国を経由してロシアへ行く – すべての道はアベンジャーズへ通ず – 【…
COLUMN
堤、中国を経由してロシアへ行く – すべての道はアベンジャーズへ通ず – 【…
COLUMN
【2019年06月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年05月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年04月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年03月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
堤、インドへ行く – 写真と音で巡る、北インドローカル旅 – 後編
COLUMN
堤、インドへ行く – 写真と音で巡る、北インドローカル旅 – 前編
COLUMN
【2019年02月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年01月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2018年12月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2018年11月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2018年10月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2018年9月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
【3×3 DISCS】Homecomings – Songbirds
SPOT
出町座
INTERVIEW
【モーモールルギャバン / ゲイリー・ビッチェ】好きで好きでたまらない!スーパーノアは俺に語らせて!…
INTERVIEW
【くるり / ファンファン】好きで好きでたまらない!スーパーノアは俺に語らせて!3rd mini a…
COLUMN
【2018年7月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2018年6月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
【3×3 DISCS】Siamese Dream – The Smashing Pump…
REVIEW
【3×3 DISCS】MISS YOU – ナードマグネット
COLUMN
【2018年5月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
「自分たちが面白いことが一番面白い」この二年間の活動の変化を、踊る!ディスコ室町Vo.ミキクワカドに…
COLUMN
【2018年4月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REPORT
【SXSW2018】国別に見る、良かったアーティストまとめ
REPORT
【SXSW2018】世界のミュージックフリークスに聞いた、今年のおすすめ出演者
REPORT
【SXSW2018】日本のミュージシャンの世界への接近と、各国のショーケース
COLUMN
ki-ft×アンテナ共同ディスクレビュー企画『3×3 DISCS』
REVIEW
【3×3 DISCS】Man Of The Woods – Justin Timberl…
COLUMN
【2018年3月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2018年2月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
堤キューバへ行く - 出入国編 –
COLUMN
堤キューバへ行く - 食事編 –
COLUMN
堤キューバへ行く - トリニダー編 –
COLUMN
堤キューバへ行く - ハバナ編 –
COLUMN
堤キューバへ行く - まとめ –
COLUMN
ライブハウス店長・ブッカーが振り返る、2017年ベストアクト
COLUMN
HOLIDAY! RECORDS / 植野秀章が選ぶ、2017年ベストディスク10
COLUMN
【2017年12月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【月一更新・まとめ】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REPORT
映画『MOTHER FUCKER』京都みなみ会館 特別先行上映レポート
COLUMN
【2017年10月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -堤大樹 ③広島東洋カープ編-
INTERVIEW
【特別企画】ミュージシャン、好きな映画を語る – バレーボウイズ・本日休演・踊る!ディス…
REPORT
【SXSW2017】vol.0 まとめ
COLUMN
堤SXSWへ行く 番外編
COLUMN
堤SXSWへ行く Day10
COLUMN
堤SXSWへ行く Day9
COLUMN
堤SXSWへ行く Day8
COLUMN
堤SXSWへ行く Day7
COLUMN
堤SXSWへ行く Day6
COLUMN
堤SXSWへ行く Day5
COLUMN
堤SXSWへ行く Day4
COLUMN
堤SXSWへ行く Day3
COLUMN
堤SXSWへ行く Day2
COLUMN
堤SXSWへ行く Day1
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -堤大樹 ②音楽編-
REPORT
終わらない孤独な旅で見つけた、彼女の”光”とは?Laura Gibson ジ…
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -堤大樹 ①初めてのひとり旅編-
REPORT
the coopeez 『キネマBANPAKU』 @ みなみ会館 2016.05.21
COLUMN
堤手ぶらで台湾へ行く Last Day
COLUMN
堤手ぶらで台湾へ行く Day7
COLUMN
堤手ぶらで台湾へ行く Day6
COLUMN
堤手ぶらで台湾へ行く Day5
COLUMN
堤手ぶらで台湾へ行く Day4
COLUMN
堤手ぶらで台湾へ行く Day3
COLUMN
堤手ぶらで台湾へ行く Day2
COLUMN
堤手ぶらで台湾へ行く Day1
SPOT
朧八瑞雲堂
SPOT
吉靴房
SPOT
BOLTS HARDWARE STORE
REPORT
ナードマグネット – 怒りのデス・ワンマン@天王寺Fireloop 2015.12.20
COLUMN
堤日本へ帰る Day15
COLUMN
堤ヴェニスへ行く Day14
COLUMN
堤バルセロナへ行く Day13
COLUMN
堤バレンシアへ行く Day12
COLUMN
堤バレンシアへ行く Day11
COLUMN
堤バレンシアへ行く Day10
COLUMN
堤ジブラルタルを渡る Day9
COLUMN
堤モロッコへ行く Day8
COLUMN
堤モロッコへ行く Day7
COLUMN
堤モロッコへ行く Day6
COLUMN
堤モロッコへ行く Day5
COLUMN
堤モロッコへ行く Day4
COLUMN
堤モロッコへ行く Day3
COLUMN
堤モロッコへ行く Day2
COLUMN
堤モロッコへ行く Day1
INTERVIEW
CARD×椎木彩子の関係について:後編
INTERVIEW
CARD×椎木彩子の関係について【前編】
INTERVIEW
鈴木実貴子ズは何故ライブバー&鑪ら場を始めたのか?
REPORT
斑斑(skip skip ben ben) “台湾から来た二人” @公○食堂 2014.11.01
REPORT
スキマ産業vol.39 @ 木屋町UrBANGUILD ライブレポート
REPORT
the coopeez newbalance tour @京都MOJO ライブレポート

LATEST POSTS

INTERVIEW
ただ“おもろい”と思うことをやっていたら、いろんな「無い!!」に気づいた〈トマソンスタジオ〉インタビュー

特集『言葉の力』の企画として本記事では、自らの思想をどのようにして言葉に乗せ発信してきたのかを探る。…

REVIEW
ザ・ディランⅡ

きのうの思い出に別れをつげるんだもの(1972年)

INTERVIEW
どうやって作られているか知るために現場を開く。建築集団「々」野崎将太 インタビュー

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 後編:ジャンルを融合させるパキスタンアーティストたち

「台湾のシーンが熱い」と透明雑誌が日本のインディーシーンを騒がせて、早くも10年近くになるだろうか。…

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 前編:パキスタンの「文化の床」Coke Studio Pakistan

パキスタンの音楽的背景と、その再興に挑み続けるテレビ番組 CokeStudioについて。