EVENT

フィリップ・ドゥクフレ ダンスワークショップ

ART 2018.07.06 Written By 肥川 紫乃

フランスのダンサー・振付家であるフィリップ・ドゥクフレを講師として招き、京都芸術センターにて3日間のダンスワークショップが開催されます。パントマイムやバレエ、サーカス等、幅広いパフォーマンスのバックグラウンドを持つドゥクフレが紹介するコンテンポラリーダンスの手法を学ぶ貴重な機会です。現在ダンサーとして活動している、またはダンサーを目指す方。演劇や音楽分野で活動しているパフォーマーの方々は必見です。

 

応募締め切り:2018年7月1日(日)

フィリップ・ドゥクフレ(Philippe Decouflé)

1961年パリ生まれ。ダンサー、振付家。ヌーボーシルク(現代サーカス)やコンテンポラリー・ダンス、パントマイムなどを基礎としたダンスや舞台芸術、パフォーマンスを創作。ニューヨークのマース・カニンガムのダンスカンパニーなどで活躍後、フランスに戻り、1983年、自分のダンスカンパニー「DCA」を設立。1992年のアルベールビルオリンピックでは開会式・閉会式の演出担当となり、衣装デザイナー・造形美術家のフィリップ・ギヨテル(Philippe Guillotel)と組み、サーカスとダンスを融合させた幻想的な演出で知られる。

日時

2018年7月10日 (火) 〜7月12日 (木) 
13:00 – 18:00 (休憩を含む)

会場

京都芸術センター 講堂

対象

現在ダンサーとして活動されている方や、ダンサーを目指す方。
演劇や音楽分野で活動されているパフォーマーの方々。

料金

3日間連続参加の方を優先します。
1日・2日のみ参加の方は、その旨をご記入ください。
【3日連続】
 一般:10,000円
 学生: 8,000円
【1日単発】
 一般: 4,000円
 学生: 3,000円

申込方法

京都芸術センターのWEBサイトからお申込みください。
申込締切:2018年7月1日(日)
※応募多数の場合は応募動機及びこれまでの経験を踏まえ選考を行います。
※参加決定:参加の可否は2018年7月5日(木)までに申込者全員に通知します。

定員

30名

講師

フィリップ・ドゥクフレ(Philippe Decouflé)

<アシスタント>
ジュリアン・フェランティ (Julien Ferranti)
ヴィオレット・ワンティ (Violette Wanty )

主催

京都芸術センター

共催

協力:アンスティチュ・フランセ関西

HP

http://www.kac.or.jp/events/23531/

WRITER

RECENT POST

INTERVIEW
どうやって作られているか知るために現場を開く。建築集団「々」野崎将太 インタビュー
INTERVIEW
人の集まりは一瞬の交わりだからこそおもしろい。 うかぶLLC・蛇谷りえ / 三宅航太郎インタビュー
INTERVIEW
「対バンしたい!」を仕事で叶える。Nue inc. 松倉早星インタビュー
COLUMN
文化の入口はどこだ? – 海外文化を感じるカフェ編–
SPOT
進々堂 京大北門前店
SPOT
MEMEME COFFEE HOUSE
SPOT
BnA Alter Museum
ART
REPORT
必ずしも正解は必要ではない。『楽観のテクニック』で気づく「自分なりの問い」とは?
ART
INTERVIEW
【with your eyes】5th shot :倉本あかり
INTERVIEW
【実は知らないお仕事図鑑 P7:アーティスト】 副産物産店・矢津 吉隆 / 山田 毅
ART
INTERVIEW
森でからっぽになるアート展『森の展示室』 主催者インタビュー :和紙作家・ハタノワタル
ART
INTERVIEW
森でからっぽになるアート展『森の展示室』 主催者インタビュー :皮革作家・logsee
ART
INTERVIEW
【with your eyes】4th shot :田中幹人
INTERVIEW
【with your eyes】3rd shot :津久井珠美
INTERVIEW
【with your eyes】2nd shot :水渡嘉昭
INTERVIEW
【with your eyes】1st shot :桑原雷太
SPOT
VOU
SPOT
壬生モクレン
SPOT
Photolabo hibi
SPOT
サウナの梅湯
SPOT
恵文社
INTERVIEW
Vo.アベフミヒコが初めて語る。SIRMO STADの軌跡とニュー両A面シングル『見慣れた街で / …
COLUMN
しのさん鳥取へ行く
SPOT
バイタルサイン
REPORT
8年ぶりの海外旅行!しのさん台中旅レポート【後編】
COLUMN
8年ぶりの海外旅行!しのさん台中旅レポート【前編】
REPORT
コンテンポラリーダンスってどんな感じ?アンテナメンバーがビギナークラスのWSを受けてみました!
ART
INTERVIEW
100年続くフェスティバルへ「京都国際ダンスワークショップフェスティバル」創設者・坂本公成インタビュ…
ART
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -齋藤紫乃 ②じかんどろぼう大発信編-
INTERVIEW
信念を貫くということ。『日本一の斬られ役 』福本清三さんインタビュー
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -齋藤紫乃 ①ウォーターガールズ編-

LATEST POSTS

INTERVIEW
ただ“おもろい”と思うことをやっていたら、いろんな「無い!!」に気づいた〈トマソンスタジオ〉インタビュー

特集『言葉の力』の企画として本記事では、自らの思想をどのようにして言葉に乗せ発信してきたのかを探る。…

REVIEW
ザ・ディランⅡ

きのうの思い出に別れをつげるんだもの(1972年)

INTERVIEW
どうやって作られているか知るために現場を開く。建築集団「々」野崎将太 インタビュー

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 後編:ジャンルを融合させるパキスタンアーティストたち

「台湾のシーンが熱い」と透明雑誌が日本のインディーシーンを騒がせて、早くも10年近くになるだろうか。…

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 前編:パキスタンの「文化の床」Coke Studio Pakistan

パキスタンの音楽的背景と、その再興に挑み続けるテレビ番組 CokeStudioについて。