COLUMN

アンテナ川合が選ぶ!4月に観ときたい映画!

4月。服のチョイスの難易度が高い困った季節がやって参りました。忙しい時期でもありますが、見逃したくない映画も山ほどありますね。

 

『リメンバー・ミー』、『ボスベイビー』、『ドラえもん』などのいわゆる春休み映画も盛り上がってシネコンはチビッ子で一杯。クレヨンしんちゃんも今月から上映スタート。

 

アニメはもはや子供騙しに非ず。侮ってはいけない。むしろクレしん映画やディズニー、ピクサーには大人になってからのほうが泣かされます。十分に期待できるアニメ作品群ですが、すぐに終映することはあり得ませんし、出来るなら春休みラッシュが落ち着いてからゆったり鑑賞すればいいかも。(チビッ子の前で泣くわけにもいきませんし。)

 

95年生の快作『ジュマンジ』の続編や、『レオン』などでお馴染みのリュック・ベッソンによるSF映画『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』などの大作も封切りが始まっています。このあたりは何としても劇場で鑑賞したいところ。出来ればレイトショーで見て余韻を夜道に引きずって帰りたい作品。

さて、この企画はアンテナ映画担当の川合が独断と偏見と趣味と嗜好と気分で今月関西で見れる映画、見たい映画をセレクトする記事です。数多の作品の中から、今月僕が選んだのはこちら。

『素敵なダイナマイトスキャンダル』

(C)2018「素敵なダイナマイトスキャンダル」製作委員会

先月から上映されているこの映画。監督は『南瓜とマヨネーズ』などの冨永昌敬。出演は柄本佑、前田敦子、三浦透子、峯田和伸、松重豊など粒ぞろいのメンバー。油断していると終わってしまうかもしれないので要チェックです。

ジャズミュージシャンで映画評論家でもある菊地成孔が出演と音楽で参加している、という点でも注目の1本。とにかく、「クセがあるけど好きな人はたまらなく好き」というルックスの役者が揃っています。当然筆者は好きで堪らない側の人間。テアトル梅田や京都シネマ、神戸シネ・リーブルなどで上映中。しかし13日に終映予定。これ見逃すと痛い!!

 

『さすらいのレコードコレクター 10セントの宝物』

(C)Cube Media 2003

アメリカは東部、メリーランド州で暮らすレコードコレクターの日常を追ったドキュメンタリー映画。葉巻を咥えたええ歳したオッサンが嬉しそうにレコードを掛ける姿には見ているコチラも胸を踊らさせられずにはいられないですね。予告を見れば分かります。多分このオッサン、相当キてます。結婚とか絶対したくないけど映画で見る分には十分すぎるほど刺激的な人物だと思います。
音楽系の記事が多いアンテナ読者にハマる映画なのではないでしょうか?4月21日より上映予定です。

『人生フルーツ』

(C)東海テレビ放送

愛知県は春日井市、90歳と87歳の夫婦の丁寧で細やかな日常が切り取られています。修一さんが自ら手がけたお家での生活を奥さんの英子さんが刺繍や料理で彩り飾る。そんな素敵な平屋暮らしを垣間見ることが出来ます。

 

人気が人気を呼び大阪十三・シアターセブンと第七藝術劇場にて昨年末から上映が続いている超ロングラン。もうこれが最後のチャンスかもしれないので、4月の上映には必ず駆けつけたいですね。などといっている間にこちらも終映が迫っており、13日まで。急げ!!

 

 

20日にはスピルバーグ監督作の『レディ・プレイヤー1』、奥浩哉原作の『いぬやしき』、27日には待望のMCU作品『アベンジャーズ・インフィニティ・ウォー』、などが上映予定。注目大作が控えた4月。それでは、映画館でお会いしましょう。

WRITER

RECENT POST

COLUMN
【脇役で見る映画】親の心もこの心も僕たちだけが知ってる『イップマン 完結』
COLUMN
【脇役で見る映画】ニール、かしゆか、天沢聖司『TENET』
COLUMN
【脇役で見る映画】 頼むから決めてくれ!『ショーシャンクの空に』
COLUMN
【脇役で見る映画】 役割をひとに頼らず生きていく『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』
COLUMN
【脇役で見る映画】「エピローグ」:ローディーは部活をやめる
COLUMN
【脇役で見る映画】『ウルフ・オブ・ウォールストリート』 せめて浮気でおってよね
REPORT
意味が溶解する水槽 SPEKTRA主催 『INTER+』 レポート
COLUMN
【脇役で見る映画】『トイ・ストーリー3』 バズよりもウッディよりも何よりも、アンディ母の育児の終わり
REPORT
集めて、分解して、理解する。デザイナーの後藤多美さんに聞くデザインの第一歩 言志の学校第2期レポート…
COLUMN
【脇役で見る映画】『アイアンマン』シリーズ スタークに寄り添うポッツ、ふしめのひ! 今日はにげきれ…
REPORT
「見つけてもらうために!」大垣書店の大垣 守可さんに聞く、流通視点の本の魅力 言志の学校第2期レポー…
REPORT
紙とインキも表現のうち!修美社の山下昌毅さんに聞く印刷の奥深さと面白さ 言志の学校第2期レポート② …
REPORT
超絶技巧は必要ない!物件ファンの森岡友樹さんに聞く心を打つ文章を書くための思考のステップ 言志の学校…
COLUMN
【脇役で見る映画】『愛がなんだ』 テルコより大切なのは仲原くん。赤いメガネのボスによろしく
SPOT
第七藝術劇場 / シアターセブン
SPOT
修美社
COLUMN
【脇役で見る映画】『イット・フォローズ』 あの娘にはお願いだからセックスを他の誰かとしてほしくない
REPORT
言志の学校 第1期 まとめ
COLUMN
アンテナ的!ベストムービー 2018
COLUMN
【まとめ】編集部員が選ぶ2018年ベスト記事
REPORT
『言志の学校』第四回レポート ~発表! こんな本作りました!~
REPORT
『言志の学校』第三回レポート -デザインとは? 印刷って何? –
REPORT
『言志の学校』第二回レポート – 書くって?編集するって?文鳥社の2人に聞く –
COLUMN
もうダッシュできないオトナへ。映画『高崎グラフィティ。』が切り取った大人と子供のグラデーション。
REPORT
こんなフリペのアイディア出揃いました!TAKE OUT!! vol.2 レポート
INTERVIEW
『きみの鳥はうたえる』三宅唱監督インタビュー 映画の仕事は「見つめること」
REPORT
『ガザの美容室』特別トーク付上映。ガザ地区の今って?
COLUMN
『軽い男じゃないのよ』がレコメンド!『ズートピア』『ファインディング・ドリー』の後はコレ!「差別と戦…
COLUMN
千早の進路間違ってない?!組織運営ってそういうことか? 映画『ちはやふる 結び』を考察 面白かったけ…
REPORT
関西の映画シーンの今後は?「地域から次世代映画を考える」レポート
REPORT
「モテるフリーペーパー」大盛況で終宴。結局どうだった? All About TAKE OUT!!
COLUMN
誰だってマチルダは好きだ、僕だってレオンになりたい(『レオン』再上映へ寄せて)
COLUMN
アンテナ的! ベストムービー2017 (byマグナム本田・川合裕之)
REPORT
【川合裕之の見たボロフェスタ2017 /Day2 】 〜ステージの上も下も中も外も、全部ぜんぶお祭り…
REPORT
第五回 文学フリマ 大阪に行ってきました
INTERVIEW
「この作品のあるべき姿」映画『望郷』大東駿介・菊地健夫監督へインタビュー
REPORT
映画『獣道– Love & Other Cults』京都みなみ会館 舞台挨拶
INTERVIEW
学生映画って何?! 京都国際学生映画祭×関西学生映画祭 関係者に聞く!

LATEST POSTS

INTERVIEW
ただ“おもろい”と思うことをやっていたら、いろんな「無い!!」に気づいた〈トマソンスタジオ〉インタビュー

特集『言葉の力』の企画として本記事では、自らの思想をどのようにして言葉に乗せ発信してきたのかを探る。…

REVIEW
ザ・ディランⅡ

きのうの思い出に別れをつげるんだもの(1972年)

INTERVIEW
どうやって作られているか知るために現場を開く。建築集団「々」野崎将太 インタビュー

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 後編:ジャンルを融合させるパキスタンアーティストたち

「台湾のシーンが熱い」と透明雑誌が日本のインディーシーンを騒がせて、早くも10年近くになるだろうか。…

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 前編:パキスタンの「文化の床」Coke Studio Pakistan

パキスタンの音楽的背景と、その再興に挑み続けるテレビ番組 CokeStudioについて。