REPORT

【SXSW2018】SXSWを彩るシンガーソングライター、一押しはJade Bird

MUSIC 2018.03.26 Written By 長井 和裕

インタラクティブの会期が終盤に差しかかると、音楽のイベントがぐぐっと増えてくる。
総出演者は2,000組を越えるため、ピンポイントに探してまわるのは難しく、私は女性シンガーソングライターをテーマとしてまわることにした。まずは期間中にみたシンガーソングライター一覧をどうぞ。

Jade Bird

Natalie Prass

Sampson

Courtney Farren

Soccer mommy

Caitlyn Smith

Faye Webster

個人的な大ヒットはイギリスを拠点として活動をしているJade Birdだった。次点はFaye Webster。Jade Birdは小柄な女の子でありながら、芯のある歌声が力強くて響いてくる。

また、MCで度々「Smile」と口にするように笑顔が印象的である。笑い声も特徴的で「Ha ha ha~!!」と高くなるのがまたかわいい。

 

※冒頭3秒あたりを参照いただきたい

どれくらいの大ヒットだったかというと、2回目を見にいくくらいにドハマリ具合(SXSWでは多くのライブが同時間帯に行われており、2回目の優先度はどうしても低くなる)。
この日のステージ衣装はネイビーのツナギ。初回に見た白の他、黒や赤といったバリエーションもあるようだ。白のギターを使っているので、白のツナギが一番映えるように思える。

表情が豊かで見ていて楽しいライブ。耳馴染みもよくて、一度聞くとついつい口ずさんでしまえる曲が多い。

 

後日談として、有望なアクトに送られる『The Grukle Prize』をJade Birdが受賞。昨年受賞したThe Lemon Twigsはその後来日を果たしている。

2回目のライブ終わりに彼女と話す機会があり、「あなたのライブを日本でも見たいです!」と伝えていたので、Jade Birdの来日が実現する日が楽しみである。

WRITER

RECENT POST

REPORT
【SXSW2019】「ボーダーを越えていく」いまの時代のインディーミュージックのあり方
REPORT
【SXSW2019】インタラクティブの「変化」を読み解くと、そこにはSXSWからのメッセージがあった
REPORT
【SXSW2018】「テクノロジーが扉を開けてくれた」インタラクティブ・アワードをレポート R…
REPORT
【SXSW 2018】結果だけではつまらない?イノベーション・アワードのショーケースを覗いてみた
REPORT
【SXSW2018】 レトロから最新ゲーム、eスポーツまで『Gaming Expo』はSXSWの新し…
REPORT
【SXSW2018】最先端の技術を直に体験『SONY WOW Studio』レポート

LATEST POSTS

INTERVIEW
ただ“おもろい”と思うことをやっていたら、いろんな「無い!!」に気づいた〈トマソンスタジオ〉インタビュー

特集『言葉の力』の企画として本記事では、自らの思想をどのようにして言葉に乗せ発信してきたのかを探る。…

REVIEW
ザ・ディランⅡ

きのうの思い出に別れをつげるんだもの(1972年)

INTERVIEW
どうやって作られているか知るために現場を開く。建築集団「々」野崎将太 インタビュー

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 後編:ジャンルを融合させるパキスタンアーティストたち

「台湾のシーンが熱い」と透明雑誌が日本のインディーシーンを騒がせて、早くも10年近くになるだろうか。…

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 前編:パキスタンの「文化の床」Coke Studio Pakistan

パキスタンの音楽的背景と、その再興に挑み続けるテレビ番組 CokeStudioについて。