EVENT

ホンマタカシ×コンタクトゴンゾ『鹿を殺すと残る雪』

ART 2018.03.11 Written By 肥川 紫乃

写真家・ホンマタカシとパフォーマンスユニット・コンタクトゴンゾによる新作パフォーマンス公演『鹿を殺すと残る雪』が京都芸術センターにて上演される。

 

本作品は、2013年に同コラボレーションにより創作された『熊を殺すと雨が降る』(伊丹Ai・HALL)の続編となる新作で、京都芸術センターがアーティストとの連携を強化して創作・発表の幅を広げるべく始動した「KAC TRIAL PROJECT / Co-program」のカテゴリーA「共同制作」として発表。

 

先進的なプログラムをアーティストや企画者とともに実行していくことで、異なるパラダイムの触発・融合・溶解の中から、新しく挑戦的な芸術文化を創造することを目指している。

 

前作『熊を殺すと雨が降る』はホンマタカシのライフワークとも言える鹿猟の取材にコンタクトゴンゾが同行し創作された。今回のクリエイションではそこで発見された偶然性、生と死の手触り、写真の身体性といったキーワードを発展させ、創作を進めている。また今回の上演では、謎の覆面鹿バンド『Deer Revenge』も登場。時に観客もひとつの状況に巻き込みながら、濃密なパフォーマンス空間を展開していく。

 

殴り合い、ぶつかり合うなど肉体の衝突を用いた身体表現のコンタクトゴンゾと、対象から一定の距離を取り事物の背景を炙り出す写真表現のホンマタカシ。異なる二者が表現する新作パフォーマンスを目に焼き付けに行こう。

日時

2018年3月17日(土)〜2018年3月18日(日)
3月17日(土)20時開演
3月18日(日)19時開演

場所

京都芸術センター 講堂

料金

学生前売 2,000円、一般前売 2,500円、当日3,000円(一般・学生共)

WEB予約

https://www.kac.or.jp/reserve/?id=22873

学生の方は備考欄にその旨ご記入ください。またご入場の際に、学生証のご提示お願いします。

主催

contact Gonzo、京都芸術センター

お問い合わせ

京都芸術センター
phone 075-213-1000 
e-mail info@kac.or.jp

助成

平成29年度 文化庁 劇場・音楽堂等活性化事業

WRITER

RECENT POST

INTERVIEW
どうやって作られているか知るために現場を開く。建築集団「々」野崎将太 インタビュー
INTERVIEW
人の集まりは一瞬の交わりだからこそおもしろい。 うかぶLLC・蛇谷りえ / 三宅航太郎インタビュー
INTERVIEW
「対バンしたい!」を仕事で叶える。Nue inc. 松倉早星インタビュー
COLUMN
文化の入口はどこだ? – 海外文化を感じるカフェ編–
SPOT
進々堂 京大北門前店
SPOT
MEMEME COFFEE HOUSE
SPOT
BnA Alter Museum
ART
REPORT
必ずしも正解は必要ではない。『楽観のテクニック』で気づく「自分なりの問い」とは?
ART
INTERVIEW
【with your eyes】5th shot :倉本あかり
INTERVIEW
【実は知らないお仕事図鑑 P7:アーティスト】 副産物産店・矢津 吉隆 / 山田 毅
ART
INTERVIEW
森でからっぽになるアート展『森の展示室』 主催者インタビュー :和紙作家・ハタノワタル
ART
INTERVIEW
森でからっぽになるアート展『森の展示室』 主催者インタビュー :皮革作家・logsee
ART
INTERVIEW
【with your eyes】4th shot :田中幹人
INTERVIEW
【with your eyes】3rd shot :津久井珠美
INTERVIEW
【with your eyes】2nd shot :水渡嘉昭
INTERVIEW
【with your eyes】1st shot :桑原雷太
SPOT
VOU
SPOT
壬生モクレン
SPOT
Photolabo hibi
SPOT
サウナの梅湯
SPOT
恵文社
INTERVIEW
Vo.アベフミヒコが初めて語る。SIRMO STADの軌跡とニュー両A面シングル『見慣れた街で / …
COLUMN
しのさん鳥取へ行く
SPOT
バイタルサイン
REPORT
8年ぶりの海外旅行!しのさん台中旅レポート【後編】
COLUMN
8年ぶりの海外旅行!しのさん台中旅レポート【前編】
REPORT
コンテンポラリーダンスってどんな感じ?アンテナメンバーがビギナークラスのWSを受けてみました!
ART
INTERVIEW
100年続くフェスティバルへ「京都国際ダンスワークショップフェスティバル」創設者・坂本公成インタビュ…
ART
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -齋藤紫乃 ②じかんどろぼう大発信編-
INTERVIEW
信念を貫くということ。『日本一の斬られ役 』福本清三さんインタビュー
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -齋藤紫乃 ①ウォーターガールズ編-

LATEST POSTS

INTERVIEW
ただ“おもろい”と思うことをやっていたら、いろんな「無い!!」に気づいた〈トマソンスタジオ〉インタビュー

特集『言葉の力』の企画として本記事では、自らの思想をどのようにして言葉に乗せ発信してきたのかを探る。…

REVIEW
ザ・ディランⅡ

きのうの思い出に別れをつげるんだもの(1972年)

INTERVIEW
どうやって作られているか知るために現場を開く。建築集団「々」野崎将太 インタビュー

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 後編:ジャンルを融合させるパキスタンアーティストたち

「台湾のシーンが熱い」と透明雑誌が日本のインディーシーンを騒がせて、早くも10年近くになるだろうか。…

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 前編:パキスタンの「文化の床」Coke Studio Pakistan

パキスタンの音楽的背景と、その再興に挑み続けるテレビ番組 CokeStudioについて。