COLUMN

【2018年3月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」

「かっこいいバンドはいるの?」

 

「今」の京都の音楽シーンを追う、この連載!

2018年もがんがん追っかけていこうと思います。

おなじみの4つのライブハウスに注目アーティストを紹介していただいています。

 

紹介者は以下の方々です(五十音順)。

・京都GROWLY 店長:安齋智輝

・VOX hall ブッカー:小野満

・LIVE HOUSE DEWEY 店長:牧野大志

・Live House nano 店長:土龍

京都GROWLY 店長:安齋智輝の注目アーティスト

shiNmm(シンミリメートル)

再度、京都以外のバンドです。

 

山口で活動する男(ブレイン)1人、女(自由)×3人の4ピースバンド。

とにかく掴みどころの無さすぎる妖怪のようなバンドなのです。
水木しげるを彷彿とさせる民謡に、脇をくすぶられてるようなフワッとしたアンサンブル。

 

人畜無害で牧歌的な見た目。
ほっこり油断したら絶賛の嵐。
久しぶりに出会えた、実はとても深い音楽性をひらりマントでかわすような真のオルタナティブ。

 

どこにも属さ(せ)ない妖怪の実態を目の当たりにして、どう感じたかぜひ教えて欲しい。そんなまだ若い不思議が来ます。

 

■出演イベント
3/11(日) 京都GROWLY
unizzz…×GROWLY pre. “GAME CREATE”

出演:
unizzz… / shiNmm(山口)/ Suedoller Yankee / irummi / The Fax / the mellows / シゼンカイノオキテ / CANDY / soozoo / 5kai
※フロアライブです!

OPEN 14:30 START 15:00
ADV 2000YEN(+1DRINK代別) DOOR 2500YEN(+1DRINK代別)

安齋智輝

京都GROWLYの店長です。

元和菓子職人です。

お菓子も音楽も手間暇と愛が必要、がモットーです。

VOX hall ブッカー:小野満の注目アーティスト

ダイバーキリン

公式HPより引用:http://diverkirin.com/

大阪の20代半ばを代表するバンドキッズ!
周知のキャッチー楽曲とともに、ギターボーカル山中の人間味に溢れたステージノリが顕著な3人組!

 

昨年には当店VOXhallで、『おともだちロックフェス』というやたらと酒の進むフェスを生み出し、全参加者、ドロ酔い泥酔での忘れ難き大車輪の活躍。自分達のイベントで、自分達の演奏前に、自分達以外のバンドのステージで最高に酔っぱらう、その勇姿には称賛の声。(よくトリで演奏できました!)

 

先日には、大阪は淡路に自分達のホーム『Cafe&Barアトリ』をオープン。
私もお店に足を運ばせてもらい、彼らの体温を感じました。
新たな方向に、新たな事に一生懸命、満身している、目の離せない3人です。
すべてに嘘がない正直なバンド。

 

まっすぐな少年、少女を代表して、彼ら3人にしか出せない人間味を醸しながら、これからも未知なる熟成を続けていくバンドであろう!
彼らの動向には、乞うご期待。

 

これからも好きな人に好かれて、ハッピーに生きていきましょう!!!

小野満

京都VOXhall勤務7年目くらい、ブッキングマネージャー小野です。

通称:おのまん(小野満という本名です)。京都に来て8年ほど、その前は東京生活でした。

東京時代によく出入りしていたハコが2005〜2010年くらいの新宿モーション、新宿JAM、下北沢ベースメントバー、下北沢スリー、渋谷ネストなど。その時代の東京インディー界隈に縁が深いです。

LIVE HOUSE DEWEY 店長:牧野大志の注目アーティスト

キタヲカフミヒト&ハウルフィッシュ

かっこいいロックのおっさんは本当に少ない。何も成長してないお方か、ご隠居さんばかりだ。

 

若さを武器に(それが本人の意思ではなく結果的だった事もあるだろう)戦いに戦ってきたミュージシャン程、自らのメッセージ、アティチュードに違和感を覚えた時に、立ち止まってしまうのは想像に難くない。

 

音楽ほどやりたくないのにやる価値のない物はないと思うから、立ち止まる事もあるだろう。

 

問題は 立ち止まった後、何が出来るか。
そこに鋭く切り込んでいるバンド。

ラディカルな歌詞、緊張感のあるステージにも関わらず、客席はいつもお子様連れが多い。
どこかの公民館の出し物かと見間違う様な物とはっきり一線を画すのは子供達もその緊張感の中、ステージを凝視している事だ。

 

物凄く純度の高いロックバンドのライブがそこにある。

 

 

■出演イベント

ミュージックハートウォーマー

キタヲカフミヒト&ハウルフィッシュ / フサイフォン / THE BROWN BUCKS
open18:00 start18:30
¥2,000(1drink¥500込)

DEWEY好きにはたまらんスリーマン。
終演時刻が早いのは敢えてです!
イベントタイトルはアンジェリカレイダースの曲名から拝借。

牧野大志

DEWEYの代表。

ブッキング、PAを一人でこなすようになりもうすぐ2年。

年中スタッフ募集中。

Live House nano 店長:土龍の注目アーティスト

Lainy J Groove

公式HPより引用:http://lainyj.net/

昨今、ワールドワイドに広がる空前のブラックミュージックブーム。
今の若いバンドでも、それはもう器用に跳ね気味のビートを軽快に鳴らす奴もいるもんで。

でも器用に鳴らすだけがかっこいいのか?ビートマナーに乗っかって2拍4拍をもたらせたりジャストに戻したりで、それは果たしてブラックマナーを踏襲できているのか?

 

どこか壊れている、どこか合ってない、でもサウンドは見事に一塊になってて、音圧もあれば、謎に渦巻くグルーヴも生み、「このタイム感はどうやっても真似できねえ……」と打ちのめしてくれてきたのが、ブラック好きのいうブラックチューンじゃないのか?

 

スクラップ&ビルドよろしく、その場のヴァイブスに合わせて如何様にも変化していくグルーヴ、タイム、フレーズ。
高揚感のその先を目指しているのか、それともただ遊んでいるだけなのか。
掴みどころあるようで、期待をいい意味で裏切ったり、捉えどころがない。

そんなかっこよく、楽しいパーティーバンドが、実は10年以上前から京都にはいます。

 

それが、Lainy J Groove。

 

 

■出演イベント
4月1日(日)

ライブハウスナノ14周年月間ファイナル
『LOVE FESTA 2018』

 

出演:
Lainy J Groove / ボギー / THE SENSATIONS / CAR10 / THE FULL TEENZ / green milk from the planet orange / メシアと人人 / Seuss / Nicetime Workerz / the engy / 浪漫革命 / カーミタカアキのフリースタイル嘘話 / Stomach Satisfaction act for you:HITOES

open/start 11:30/12:00
adv./door.¥2500(no drink)

土龍

こんにちは。

土龍(もぐら)です。

 

京都生まれの京都育ち。

受験戦争の申し子を経て、めでたく京都大学入学。

でも何を間違ったか8年間在籍。

大学生活のほぼ全ては、大学構内より焼き鳥「どん」かライブハウスで過ごす。

 

やってきたチャンスに上手いこと乗っかって現在は、京都市中京区は二条城の近くの「livehouse nano」(http://livehouse-nano.com/)の店長。

 

自身の音楽活動としてはライブハウスの経営以外にも、京都の秋のロックフェスティバル「ボロフェスタ」主催チームの1人であったり、仲間のバンドにひょこっと参加してアルトサックスをご機嫌にブロウしたり。

 

またライブイベントの司会を務めることも多く、京都のライブイベントで司会者といえば「土龍」だろうと勝手に思ってたり。主催している「ボロフェスタ」でももちろん名物司会者として名を馳せてたりそうでもなかったり。

 

派手好きの単純思考。

関西屈指のパーティピープル。

土龍のいるフロアは華やぐとかそうでもないとか。

 

あ、あと2人の娘の父親。

WRITER

RECENT POST

INTERVIEW
都市の文化にふれながらバランスよく生きられる場所が無い!!〈汽水空港〉店主・モリテツヤインタビュー
COLUMN
書評企画『365日の書架』12月のテーマ:もっと読むのが好きになる
INTERVIEW
【Identify Me vol.01】写真家・金サジ
COLUMN
【東日本編】ライブハウス・クラブでの思い出のエピソード
COLUMN
【西日本編】ライブハウス・クラブでの思い出のエピソード
COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.1:Stars and Rabbit
INTERVIEW
【with your eyes】番外編:Allan Dransfield(アラン・ドランスフィルド)
COLUMN
堤、ウズベキスタンへ行く – 単一の文化ってなんだよ –
INTERVIEW
自分たちで責任を取り続けられる企業であるために。FREITAGの創業者Markus Freitag来…
INTERVIEW
台湾インディーシーンの最前線を走り続けるSKIP SKIP BEN BENこと林以樂、初の本名名義と…
COLUMN
【2019年10月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年09月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年08月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
制作もライブも自然体で。京都のシンガーソングライターいちやなぎインタビュー
COLUMN
【2019年07月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
堤、中国を経由してロシアへ行く – すべての道はアベンジャーズへ通ず – 【…
COLUMN
堤、中国を経由してロシアへ行く – すべての道はアベンジャーズへ通ず – 【…
COLUMN
【2019年06月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年05月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年04月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年03月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
堤、インドへ行く – 写真と音で巡る、北インドローカル旅 – 後編
COLUMN
堤、インドへ行く – 写真と音で巡る、北インドローカル旅 – 前編
COLUMN
【2019年02月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年01月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2018年12月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2018年11月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2018年10月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2018年9月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
【3×3 DISCS】Homecomings – Songbirds
INTERVIEW
ボロフェスタ主催のひとり飯田仁一郎に聞く、ナノボロフェスタでトークイベントを行う理由
SPOT
出町座
INTERVIEW
【モーモールルギャバン / ゲイリー・ビッチェ】好きで好きでたまらない!スーパーノアは俺に語らせて!…
INTERVIEW
【くるり / ファンファン】好きで好きでたまらない!スーパーノアは俺に語らせて!3rd mini a…
COLUMN
【2018年7月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2018年6月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
【3×3 DISCS】Siamese Dream – The Smashing Pump…
REVIEW
【3×3 DISCS】MISS YOU – ナードマグネット
COLUMN
【2018年5月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
「自分たちが面白いことが一番面白い」この二年間の活動の変化を、踊る!ディスコ室町Vo.ミキクワカドに…
COLUMN
【2018年4月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REPORT
【SXSW2018】国別に見る、良かったアーティストまとめ
REPORT
【SXSW2018】世界のミュージックフリークスに聞いた、今年のおすすめ出演者
REPORT
【SXSW2018】日本のミュージシャンの世界への接近と、各国のショーケース
COLUMN
ki-ft×アンテナ共同ディスクレビュー企画『3×3 DISCS』
REVIEW
【3×3 DISCS】Man Of The Woods – Justin Timberl…
COLUMN
【2018年2月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
堤キューバへ行く - 出入国編 –
COLUMN
堤キューバへ行く - 食事編 –
COLUMN
堤キューバへ行く - トリニダー編 –
COLUMN
堤キューバへ行く - ハバナ編 –
COLUMN
堤キューバへ行く - まとめ –
COLUMN
ライブハウス店長・ブッカーが振り返る、2017年ベストアクト
COLUMN
HOLIDAY! RECORDS / 植野秀章が選ぶ、2017年ベストディスク10
COLUMN
【2017年12月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【月一更新・まとめ】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REPORT
映画『MOTHER FUCKER』京都みなみ会館 特別先行上映レポート
COLUMN
【2017年10月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -堤大樹 ③広島東洋カープ編-
INTERVIEW
【特別企画】ミュージシャン、好きな映画を語る – バレーボウイズ・本日休演・踊る!ディス…
REPORT
【SXSW2017】vol.0 まとめ
COLUMN
堤SXSWへ行く 番外編
COLUMN
堤SXSWへ行く Day10
COLUMN
堤SXSWへ行く Day9
COLUMN
堤SXSWへ行く Day8
COLUMN
堤SXSWへ行く Day7
COLUMN
堤SXSWへ行く Day6
COLUMN
堤SXSWへ行く Day5
COLUMN
堤SXSWへ行く Day4
COLUMN
堤SXSWへ行く Day3
COLUMN
堤SXSWへ行く Day2
COLUMN
堤SXSWへ行く Day1
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -堤大樹 ②音楽編-
REPORT
終わらない孤独な旅で見つけた、彼女の”光”とは?Laura Gibson ジ…
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -堤大樹 ①初めてのひとり旅編-
REPORT
the coopeez 『キネマBANPAKU』 @ みなみ会館 2016.05.21
COLUMN
堤手ぶらで台湾へ行く Last Day
COLUMN
堤手ぶらで台湾へ行く Day7
COLUMN
堤手ぶらで台湾へ行く Day6
COLUMN
堤手ぶらで台湾へ行く Day5
COLUMN
堤手ぶらで台湾へ行く Day4
COLUMN
堤手ぶらで台湾へ行く Day3
COLUMN
堤手ぶらで台湾へ行く Day2
COLUMN
堤手ぶらで台湾へ行く Day1
SPOT
朧八瑞雲堂
SPOT
吉靴房
SPOT
BOLTS HARDWARE STORE
REPORT
ナードマグネット – 怒りのデス・ワンマン@天王寺Fireloop 2015.12.20
COLUMN
堤日本へ帰る Day15
COLUMN
堤ヴェニスへ行く Day14
COLUMN
堤バルセロナへ行く Day13
COLUMN
堤バレンシアへ行く Day12
COLUMN
堤バレンシアへ行く Day11
COLUMN
堤バレンシアへ行く Day10
COLUMN
堤ジブラルタルを渡る Day9
COLUMN
堤モロッコへ行く Day8
COLUMN
堤モロッコへ行く Day7
COLUMN
堤モロッコへ行く Day6
COLUMN
堤モロッコへ行く Day5
COLUMN
堤モロッコへ行く Day4
COLUMN
堤モロッコへ行く Day3
COLUMN
堤モロッコへ行く Day2
COLUMN
堤モロッコへ行く Day1
INTERVIEW
CARD×椎木彩子の関係について:後編
INTERVIEW
CARD×椎木彩子の関係について【前編】
INTERVIEW
鈴木実貴子ズは何故ライブバー&鑪ら場を始めたのか?
REPORT
斑斑(skip skip ben ben) “台湾から来た二人” @公○食堂 2014.11.01
REPORT
スキマ産業vol.39 @ 木屋町UrBANGUILD ライブレポート
REPORT
the coopeez newbalance tour @京都MOJO ライブレポート

LATEST POSTS

INTERVIEW
ただ“おもろい”と思うことをやっていたら、いろんな「無い!!」に気づいた〈トマソンスタジオ〉インタビュー

特集『言葉の力』の企画として本記事では、自らの思想をどのようにして言葉に乗せ発信してきたのかを探る。…

REVIEW
ザ・ディランⅡ

きのうの思い出に別れをつげるんだもの(1972年)

INTERVIEW
どうやって作られているか知るために現場を開く。建築集団「々」野崎将太 インタビュー

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 後編:ジャンルを融合させるパキスタンアーティストたち

「台湾のシーンが熱い」と透明雑誌が日本のインディーシーンを騒がせて、早くも10年近くになるだろうか。…

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 前編:パキスタンの「文化の床」Coke Studio Pakistan

パキスタンの音楽的背景と、その再興に挑み続けるテレビ番組 CokeStudioについて。