COLUMN

堤キューバへ行く - トリニダー編 –

TRAVEL 2018.01.17 Written By 堤 大樹

実は今回の旅程ではトリニダーに訪れる予定はなく、音楽の町と呼ばれているサンチアゴ・デ・クーバへ行く予定でした。色々行き方を調べていたところ、飛行機か夜行バスで行くのがよさそうだとわかったんですが、キューバの飛行機クバーナ航空は遅延やキャンセルが日常茶飯事らしく、現地でバスを予約する予定でした。

 

現地にはViazul(ビアスール)というバスが走っていて、各都市を結んでいるんですが、このバス本数がアホほど少ないんですよね。予約をしにいったところ、行きは取れるが帰りがとれないということで、泣く泣くサンチアゴ・デ・クーバ行きを断念。バス会社を変更し、Cubanacan(クバナカン)というバス会社でトリニダー行きを予約することに。

 

トリニダーは古い小さな町ということで、2,3日の滞在だったんですが、正直観光都市ながらのんびりとした雰囲気が漂っていて、ハバナより好きでした。音楽も商売用じゃないバンドとかがちゃんと見れたし、洞窟ディスコというクラブも一見の価値はあるかと。

Cubanacanは乗り心地が良くておすすめ
道中のパーキングエリアのトイレにて。トイレにもお金がかかる

トリニダーは刺繍が有名らしく、街中のマーケットで見ることができます。刺繍をするのは女性だけでなく、男性もしていてそれがなんだかすごくいいなと感じた。そう言えばどこかで聞いたことがあるが、北欧なんかも性別問わず刺繍をすると聞いたことがあるな。

 

ハバナと違って日中はそこら中に露天が広がっていて、毎日賑わっているのも大きな特徴。

刺繍の模様が家ごとに違うみたい
店番しながらずっと縫ってる

街の中心地、教会の横に少し広めの広場があって、そこにはステージがある。テーブルや椅子もあるので、天気のいい日はそこで多くの人が休憩しているんだけど、たまたま休んでいる時間にジャズバンドのライブが始まって見ることができた。メンバーがマラカスやクラベスを一緒に演奏させてくれて、いい経験になった。彼らのグルーブにのっかるのは本当に難しい(笑)

 

その中のメンバーの一人、Onielは昔日本に住んでいたらしく仲良くなって、次の日のライブにも声をかけてくれたので行ってみることに。そちらはおっさんとおばさんのツインボーカルのビックバンドみたいな感じで演奏もうまいし、かっこよかった。この日はきちんとしたスピーカーも持ち込んでいたのだが、まず音が非常にいい。おそらく音圧の違いなんだけど、クリアで低音が聴いていて、それだけで気持ちがよかった。この日もOnielがステージにあげてくれて、演奏に参加させてもらった。

 

 

それ以外にも色んなところでアーティストの演奏を見かけた。楽器を持って歩いている人も多い。小さい町だけど、ハバナより多く見かけたかもしれない。

あともうひとついいな、と思ったのはみんな音楽を聴いて楽しくなると自由に踊っていること。ハバナでも散見したけど、トリニダーではそれ以上に踊っている人をよく見た。知らない人同士、人種も年齢も関係なく楽しくなるとステップを合わせて踊っている。他の国でも今のところあまり記憶にない。

これはカップルだけど、踊り終わったら拍手を浴びていた
夜の広場、演奏が終わってもみんなずっと踊っていた

トリニダーには洞窟ディスコ”DISCO Ayala”、という有名なクラブがあってそこにも行ってみた。会場は23時とのことだけど、結構チェックに時間がかかる上に誰もちゃんと並ばないから、入場まで一時間程度かかった。誰もちゃんと並ばないのがキューバらしい。

 

中は思っていた以上に広く、本格的な洞窟。でもその分音の反響がよくて、天然のリバーヴが気持ちいい。洞窟上部にガラス張りのDJブースが見えたけどこの日はそこでは回していなかった。スペイン語のゴリゴリのクラブミュージックが延々と流れていた。多分ナンパスポットでもあるっぽい。

ディスコとクラブってなにが違うんだ
本当にただの洞窟。多分昼間も洞窟部分を見学できる

その他、ハバナとの違いだけど大衆向けのお店がなんのお店かわかりやすいということがあげられる。ハバナは土地が狭く、奥まっていたり、店頭をのぞいただけではなんのお店かわかりにくい場所が多かったけど、トリニダーは一見してなんのお店かわかりやすい。ピザのスタンド、肉屋、お土産屋さん、それも田舎だからだろうか。

試食もさせてくれる

キューバには日本のような高い山はないようだけど、トリニダーは比較的丘っぽいところに町がある。観光名所の高い塔に登れるんだけど、そこから見た景色は山間の風景と相まって非常にきれいだった。

これの上から
見るとこんな感じ

トリニダーは小さい町で、1日半くらいで見終わってしまったから隣町まで行こうと思って電車を待っていたら全然来なくて、整備している人に話しかけたら古い蒸気機関車で遊ばせてくれた。しかもやたら親切に写真を撮ってくれるし、汽笛代わりの金を鳴らさせてくれるし、めっちゃええ人やんけ!と思ったら最後にはお金を求められた。まあそうだよね。3CUC。

 

しかも結局電車1日一本で乗れなかったんだよね。彼ら「40分くらいしたら来るよ」とか言ってたのに。

物理的に鐘を引っ張って鳴らす
お金を渡した瞬間スッと離れていったのは忘れない
結局6CUCで自転車借りた

WRITER

Recent Posts

INTERVIEW
都市の文化にふれながらバランスよく生きられる場所が無い!!〈汽水空港〉店主・モリテツヤインタビュー
COLUMN
書評企画『365日の書架』12月のテーマ:もっと読むのが好きになる
INTERVIEW
【Identify Me vol.01】写真家・金サジ
COLUMN
【東日本編】ライブハウス・クラブでの思い出のエピソード
COLUMN
【西日本編】ライブハウス・クラブでの思い出のエピソード
COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.1:Stars and Rabbit
INTERVIEW
【with your eyes】番外編:Allan Dransfield(アラン・ドランスフィルド)
COLUMN
堤、ウズベキスタンへ行く – 単一の文化ってなんだよ –
INTERVIEW
自分たちで責任を取り続けられる企業であるために。FREITAGの創業者Markus Freitag来…
INTERVIEW
台湾インディーシーンの最前線を走り続けるSKIP SKIP BEN BENこと林以樂、初の本名名義と…
COLUMN
【2019年10月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年09月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年08月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
制作もライブも自然体で。京都のシンガーソングライターいちやなぎインタビュー
COLUMN
【2019年07月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
堤、中国を経由してロシアへ行く – すべての道はアベンジャーズへ通ず – 【…
COLUMN
堤、中国を経由してロシアへ行く – すべての道はアベンジャーズへ通ず – 【…
COLUMN
【2019年06月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年05月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年04月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年03月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
堤、インドへ行く – 写真と音で巡る、北インドローカル旅 – 後編
COLUMN
堤、インドへ行く – 写真と音で巡る、北インドローカル旅 – 前編
COLUMN
【2019年02月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年01月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2018年12月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2018年11月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2018年10月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2018年9月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
【3×3 DISCS】Homecomings – Songbirds
INTERVIEW
ボロフェスタ主催のひとり飯田仁一郎に聞く、ナノボロフェスタでトークイベントを行う理由
SPOT
出町座
INTERVIEW
【モーモールルギャバン / ゲイリー・ビッチェ】好きで好きでたまらない!スーパーノアは俺に語らせて!…
INTERVIEW
【くるり / ファンファン】好きで好きでたまらない!スーパーノアは俺に語らせて!3rd mini a…
COLUMN
【2018年7月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2018年6月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
【3×3 DISCS】Siamese Dream – The Smashing Pump…
REVIEW
【3×3 DISCS】MISS YOU – ナードマグネット
COLUMN
【2018年5月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
「自分たちが面白いことが一番面白い」この二年間の活動の変化を、踊る!ディスコ室町Vo.ミキクワカドに…
COLUMN
【2018年4月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REPORT
【SXSW2018】国別に見る、良かったアーティストまとめ
REPORT
【SXSW2018】世界のミュージックフリークスに聞いた、今年のおすすめ出演者
REPORT
【SXSW2018】日本のミュージシャンの世界への接近と、各国のショーケース
COLUMN
ki-ft×アンテナ共同ディスクレビュー企画『3×3 DISCS』
REVIEW
【3×3 DISCS】Man Of The Woods – Justin Timberl…
COLUMN
【2018年3月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2018年2月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
堤キューバへ行く - 出入国編 –
COLUMN
堤キューバへ行く - 食事編 –
COLUMN
堤キューバへ行く - ハバナ編 –
COLUMN
堤キューバへ行く - まとめ –
COLUMN
ライブハウス店長・ブッカーが振り返る、2017年ベストアクト
COLUMN
HOLIDAY! RECORDS / 植野秀章が選ぶ、2017年ベストディスク10
COLUMN
【2017年12月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【月一更新・まとめ】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REPORT
映画『MOTHER FUCKER』京都みなみ会館 特別先行上映レポート
COLUMN
【2017年10月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -堤大樹 ③広島東洋カープ編-
INTERVIEW
【特別企画】ミュージシャン、好きな映画を語る – バレーボウイズ・本日休演・踊る!ディス…
REPORT
【SXSW2017】vol.0 まとめ
COLUMN
堤SXSWへ行く 番外編
COLUMN
堤SXSWへ行く Day10
COLUMN
堤SXSWへ行く Day9
COLUMN
堤SXSWへ行く Day8
COLUMN
堤SXSWへ行く Day7
COLUMN
堤SXSWへ行く Day6
COLUMN
堤SXSWへ行く Day5
COLUMN
堤SXSWへ行く Day4
COLUMN
堤SXSWへ行く Day3
COLUMN
堤SXSWへ行く Day2
COLUMN
堤SXSWへ行く Day1
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -堤大樹 ②音楽編-
REPORT
終わらない孤独な旅で見つけた、彼女の”光”とは?Laura Gibson ジ…
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -堤大樹 ①初めてのひとり旅編-
REPORT
the coopeez 『キネマBANPAKU』 @ みなみ会館 2016.05.21
COLUMN
堤手ぶらで台湾へ行く Last Day
COLUMN
堤手ぶらで台湾へ行く Day7
COLUMN
堤手ぶらで台湾へ行く Day6
COLUMN
堤手ぶらで台湾へ行く Day5
COLUMN
堤手ぶらで台湾へ行く Day4
COLUMN
堤手ぶらで台湾へ行く Day3
COLUMN
堤手ぶらで台湾へ行く Day2
COLUMN
堤手ぶらで台湾へ行く Day1
SPOT
朧八瑞雲堂
SPOT
吉靴房
SPOT
BOLTS HARDWARE STORE
REPORT
ナードマグネット – 怒りのデス・ワンマン@天王寺Fireloop 2015.12.20
COLUMN
堤日本へ帰る Day15
COLUMN
堤ヴェニスへ行く Day14
COLUMN
堤バルセロナへ行く Day13
COLUMN
堤バレンシアへ行く Day12
COLUMN
堤バレンシアへ行く Day11
COLUMN
堤バレンシアへ行く Day10
COLUMN
堤ジブラルタルを渡る Day9
COLUMN
堤モロッコへ行く Day8
COLUMN
堤モロッコへ行く Day7
COLUMN
堤モロッコへ行く Day6
COLUMN
堤モロッコへ行く Day5
COLUMN
堤モロッコへ行く Day4
COLUMN
堤モロッコへ行く Day3
COLUMN
堤モロッコへ行く Day2
COLUMN
堤モロッコへ行く Day1
INTERVIEW
CARD×椎木彩子の関係について:後編
INTERVIEW
CARD×椎木彩子の関係について【前編】
INTERVIEW
鈴木実貴子ズは何故ライブバー&鑪ら場を始めたのか?
REPORT
斑斑(skip skip ben ben) “台湾から来た二人” @公○食堂 2014.11.01
REPORT
スキマ産業vol.39 @ 木屋町UrBANGUILD ライブレポート
REPORT
the coopeez newbalance tour @京都MOJO ライブレポート

LATEST POSTS

INTERVIEW
ただ“おもろい”と思うことをやっていたら、いろんな「無い!!」に気づいた〈トマソンスタジオ〉インタビュー

REVIEW
CIFIKA – HANA

INTERVIEW
どうやって作られているか知るために現場を開く。建築集団「々」野崎将太 インタビュー

INTERVIEW
みんなの劇場が無い‼ 誰もが自分の言葉で語れるきっかけをくれる場所〈THEATRE E9 KYOTO〉あごうさとしインタビュー

特集『文化の床』の企画「#無い!!」では、満たされているはずの都市や生活の中で「なにかが無い」ことに…

ART
COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 後編:ジャンルを融合させるパキスタンアーティストたち

「台湾のシーンが熱い」と透明雑誌が日本のインディーシーンを騒がせて、早くも10年近くになるだろうか。…