COLUMN

【2018年1月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」

「かっこいいバンドはいるの?」

 

「今」の京都の音楽シーンを追う、この連載!

2018年もがんがん追っかけていこうと思います。

おなじみの4つのライブハウスに注目アーティストを紹介していただいています。

 

紹介者は以下の方々です(五十音順)。

・京都GROWLY 店長:安齋智輝

・VOX hall ブッカー:小野満

・LIVE HOUSE DEWEY 店長:牧野大志

・Live House nano 店長:土龍

京都GROWLY 店長:安齋智輝の注目アーティスト

the seadays (ザ シーデイズ)

the seadays公式サイトより

京都で活動する4人組オルタナロックバンド。
このバンドの推しポイントは3つあります。
まず、音がでかい。
そして、音がすげーでかい。
最後に、曲がとてもいい。
 
轟音の霞の向こうに少年のような純な言葉と旋律を持っている。
僕ら世代にはどこか興奮を思い出すノスタルジーに、若い世代には初期衝動をコンテンポラリーに。
世代をつなぐ架け橋になるような期待とサウンドを膨張させ続けている現在進行形のバンドです。
 
前に、「NUMBER GIRL、スーパーカー以降」と日本のロックシーンの変遷が形容されたことを思い出しましたが、the seadaysが「the seadays以降」としてこれからの日本に君臨する時が来るのか?
毎回朝まで飲み交わしながらその挑戦に加担できたらなぁと思うのです。
 
■出演日
1/14(日) 京都GROWLY
The Loupes 『WATCH』 レコ発京都編
出演: The Loupes(広島) / Gue / teracoya on fire /BUNTA / the seadays / 楽団モーケロン
open 17:30 start 18:00
ADV 2,000円 DOOR 2,500円

■HP:http://theseadaysband.wixsite.com/uminohi

安齋智輝

京都GROWLYの店長です。

元和菓子職人です。

お菓子も音楽も手間暇と愛が必要、がモットーです。

VOX hall ブッカー:小野満の注目アーティスト

スーパーバック

SoundCloudページより

昨夏の出会いより、第一印象の屈託のなさからの成長が著しい、今、注目したい京都発のスリーピースバンド!

非常に耳に残るポップなキラーチューンの存在も強い武器だが、各々の好みが寄り添った楽曲制作の中には、一筋縄のポップひとくくりでは語れない魅力を抱いている。

実体験を通じて、ライブハウスを楽しみ、ライブに寄り添い、その度に成長しているドストレートな彼らです。新年の初イベントからの加速する流れに今年は、注目です。

1月12日に初めての自主企画パーティ「今夜はスーパーバック」を開催!!!

加速する20歳!!!

 

■出演日

1月12日(金)
スーパーバック企画『今夜はスーパーバックvol.1』
出演: スーパーバック / 犬人間ニョンズ / バニーブルース / Susan Hendrix / the hedgehogs

転換アクト:坂元坊主 / スーパームラオイリュージョン
open18:00/start18:30 

ticket¥2,000  +1drink¥600

 

■Sound Cloud:https://soundcloud.com/superback

小野満

京都VOXhall勤務7年目くらい、ブッキングマネージャー小野です。

通称:おのまん(小野満という本名です)。京都に来て8年ほど、その前は東京生活でした。

東京時代によく出入りしていたハコが2005〜2010年くらいの新宿モーション、新宿JAM、下北沢ベースメントバー、下北沢スリー、渋谷ネストなど。その時代の東京インディー界隈に縁が深いです。

LIVE HOUSE DEWEY 店長:牧野大志の注目アーティスト

フルヤマンズ

公式HPより

Ba.がメインボーカルを務めた前身バンド、Limit of Childから数えて結成10年を迎えた彼ら。
バンド名の通り若気の至りを突き詰めていく当初のスタイルは影を潜め
今や、二児の父、中間管理職、転勤転職、という
子育てや仕事と音楽活動の狭間で悩む普通のおっさんである。
止めては始め 始めては止めてをいつも繰り返し
ウジウジしている自分達についてウジウジし続け
ここにきてやっと、その葛藤をステージ上で音楽に昇華出来るようになった感がある。
普通の弱いおっさんにしか鳴らせない
強い愛。フルヤマンズにしか鳴らせないラブソング。
 
君達やっと気づいたのか、そのまま格好悪いフルスイングを続ければ良いのだよ。それが1番かっこいい。
ライブ数こそ今は少ないが、間違いなく現在が過去最高の状態のバンド。

 

■twitter: @furuyamanz

牧野大志

DEWEYの代表。

ブッキング、PAを一人でこなすようになりもうすぐ2年。

年中スタッフ募集中。

Live House nano 店長:土龍の注目アーティスト

ナツノムジナ

公式HPより

関東を中心に活動する4ピースバンド。
ポストロック然としたリバーブ感強めの音像に癖になるメロディ、といえば簡単に想像できそうで、どこにでもいそうなバンドだと思われるかもしれないが、そんなに簡単にこのバンドのことを片付けちゃいけない。
メンバーそれぞれのプレイのキャラ立ちも良く、スキルも相当高い。ステージで鳴らされるアンサンブルは、天井にプラネタリウムを描く。音圧たっぷりの轟音は、この広い宇宙で存在証明を叫んでいるよう。
そこらのシューゲイザーかじりと一緒にしたら、貉(むじな)に化かされて痛い目に合うよ。
 
■出演日
1月20日(土)  
CHIIO “toc toc” release tour UTOPIA 京都編
出演:
CHIIO / bed / ナツノムジナ / Easycome
[open] 18:00 / [start] 18:30 
 [adv] \2000 / [door] \2500(共に+1d¥500)
 
■公式HP:http://natsunomujina.com/

土龍

こんにちは。

土龍(もぐら)です。

 

京都生まれの京都育ち。

受験戦争の申し子を経て、めでたく京都大学入学。

でも何を間違ったか8年間在籍。

大学生活のほぼ全ては、大学構内より焼き鳥「どん」かライブハウスで過ごす。

 

やってきたチャンスに上手いこと乗っかって現在は、京都市中京区は二条城の近くの「livehouse nano」(http://livehouse-nano.com/)の店長。

 

自身の音楽活動としてはライブハウスの経営以外にも、京都の秋のロックフェスティバル「ボロフェスタ」主催チームの1人であったり、仲間のバンドにひょこっと参加してアルトサックスをご機嫌にブロウしたり。

 

またライブイベントの司会を務めることも多く、京都のライブイベントで司会者といえば「土龍」だろうと勝手に思ってたり。主催している「ボロフェスタ」でももちろん名物司会者として名を馳せてたりそうでもなかったり。

 

派手好きの単純思考。

関西屈指のパーティピープル。

土龍のいるフロアは華やぐとかそうでもないとか。

 

あ、あと2人の娘の父親。

WRITER

RECENT POST

SPOT
菊しんコーヒー
INTERVIEW
日本でスウィングが流行るには – Clap Stomp Swingin’イン…
REVIEW
【3×3 DISCS】Teenage Fanclub – Bandwagonesque
COLUMN
【2018年8月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
Swing Side / Sing Side – Clap Stomp Swingin&…
COLUMN
【Brand New Paris ! 】第4回:学生運動
REVIEW
【3×3 DISCS】真夏の目撃者 – GOING UNDER GROUND
COLUMN
ブンガクの小窓 第十七章 -億劫-
COLUMN
【Brand New Paris ! 】第3回:アコーディオニスト taca
REVIEW
星の王子さまたち – Beautiful
COLUMN
【Brand New Paris ! 】第2回:シネマ
COLUMN
ブンガクの小窓 第十六章 -プロジェクト-
COLUMN
【Brand New Paris ! 】第1回:物語自販機
SPOT
立ち呑み キセノン
COLUMN
ブンガクの小窓 第十五章 -パトス-
REVIEW
Hicoband – あお
COLUMN
【2017年11月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
ブンガクの小窓 第十四章 -ラディカル-
INTERVIEW
台風クラブは「ロックンロール」か?
COLUMN
ブンガクの小窓 第十三章 -退屈-
COLUMN
ブンガクの小窓 第十二章 -矜持-
COLUMN
【ブンガクの小窓】第十一章:シンギュラリティ
COLUMN
【ブンガクの小窓】第十章:フロウ
COLUMN
【ブンガクの小窓】第九章:ノマド
COLUMN
【ブンガクの小窓】第八章:散文
COLUMN
【ブンガクの小窓】第七章:刹那
COLUMN
【ブンガクの小窓】第六章:アイデンティティ
COLUMN
【ブンガクの小窓】第五章:ユートピア
COLUMN
【ブンガクの小窓】第四章:ルサンチマン
COLUMN
【ブンガクの小窓】第三章:虚構
COLUMN
【ブンガクの小窓】第二章:実存
COLUMN
【ブンガクの小窓】第一章:不条理

LATEST POSTS

INTERVIEW
ただ“おもろい”と思うことをやっていたら、いろんな「無い!!」に気づいた〈トマソンスタジオ〉インタビュー

特集『言葉の力』の企画として本記事では、自らの思想をどのようにして言葉に乗せ発信してきたのかを探る。…

REVIEW
ザ・ディランⅡ

きのうの思い出に別れをつげるんだもの(1972年)

INTERVIEW
どうやって作られているか知るために現場を開く。建築集団「々」野崎将太 インタビュー

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 後編:ジャンルを融合させるパキスタンアーティストたち

「台湾のシーンが熱い」と透明雑誌が日本のインディーシーンを騒がせて、早くも10年近くになるだろうか。…

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 前編:パキスタンの「文化の床」Coke Studio Pakistan

パキスタンの音楽的背景と、その再興に挑み続けるテレビ番組 CokeStudioについて。