EVENT

TAKE OUT!! 〜モテるフリーペーパーのつくり方〜

BOOKS 2017.11.30 Written By 安尾 日向

京都から全国各地のフリーペーパーの魅力を伝えてきた只本屋と、アンテナが、”フリーペーパーをつくる”共催イベントを開催します。その名も”TAKE OUT!! 〜モテるフリーペーパーのつくり方〜”。「持って帰ってくれ!」というフリーペーパーの熱い叫びが聞こえてきませんか?

 

「僕の好きなあのフリーペーパー、どうやって作られているんだろう ? 」

「面白いものを作っている人たちが集まったらもっと面白いものができるんじゃないか」

そんなちょっとした疑問からこの企画はスタートしました。

 

サブタイトルとして”〜モテるフリーペーパーのつくり方〜”と題した今回のイベントでは、人気フリーペーパー団体をくじ引きによってマッチングし、全く新しい架空のフリーペーパーとその創刊号の表紙とコンテンツを考える、公開編集会議を行います。今までのフリーペーパー制作では出会わなかった環境や人、アイデアで刺激を与えあい、新たなアイデアを生み出していくことができればと思っています。イベント参加者も会議に参加することができ、そこで生まれた新しいフリーペーパーやアイデアをTAKE OUTしていただく予定です。(参加は予約制です。下記フォームからお申し込みください)

 

お持ち帰りされる、「モテる」フリーペーパーとはどんなものか、どんなアイデアがあれば実現するのか。あの面白いフリーペーパーを作っている人たちは、一体何を考えて作っているのか。彼らのそばで、彼らの思考回路を目撃するまたとないチャンスです!自分が持っていない考え方を知ることで、思考が広がり、自分の目だけでは気づかなかったものや出来事に気づけるようになるのってなんだかワクワクしてきませんか?触発されて新しいものを何か作りたくなるかも。

(追記)一般のお客さまの楽しみ方!

①公開編集会議を自由に見て回る!

 

当日は人気フリーペーパー団体をくじ引きによってマッチングし、それぞれの団体の要素を掛け合わせた架空のフリーペーパーの 創刊号を作り上げます。その過程をじっくり見ていただくことで、自分の制作にどんどん生かしてください。

 

②只本屋代表山田とアンテナ編集長堤による質疑応答

 

当日は只本屋代表山田と、アンテナ編集長堤が当日はパーソナリティとして参加。公開編集会議の最中にあなたのフリーペーパーに対する疑問や、誰かに聞いてほしい意見などを自由に投書していただき、モニターに表示して只本屋代表山田とアンテナ代表堤による質疑応答を楽しんでいただけます。

 

ちょっとしたつぶやきから、ディープな話までじゃんじゃん聞いちゃいましょう!

 

③出張只本屋

 

月に一度しかオープンしない只本屋。なかなか店舗へ行けない方には朗報です!イベント当日は出張只本屋をしております。たくさんのフリーペーパーをお持ちしますので、お楽しみに。

 

④最終投票

 

公開編集会議を経て、新しく生まれたフリーペーパーの中から、あなたが一番読みたい!と思う冊子に投票を行っていただきます。

 

⑤交流会

 

当日はフリーペーパー団体の編集部の方々がたくさん来られます。横のつながりを作るもよし、フリーペーパーを作りたい想いをぶちまけるもよし、仲間を探してもよし!

 

====

 

などなど、楽しいことが盛りだくさん。

これからフリーペーパーを制作したいあなたや、面白いアイデアに困っているあなた。

是非遊びにいらしてください。お待ちしております!

参加フリーペーパー団体

FASTNER.

FASTNER.は京都の学生を中心に、今まで日の目を浴びてこなかった京を発信し、日常に取り入れてより豊かで彩りのある生活になるきっかけを提供するフリーペーパー。

ファッションスナップから始まったというFASTNER.は、写真のクオリティが毎号高いことで只本屋でも評判の冊子だとか。

 

<団体情報>

FB : https://www.facebook.com/FreePaperFASTNER/
twitter : @fastner_mag

SHAKE ART!

SHAKE ART! は関西のフリーペーパー制作、展覧会やイベントの広報支援を中心に活動している学生団体。

本紙では、関西の学生アーティストの紹介、デザインに関する豆知識をメインに構成されています。
クオリティの高いアーティストたちが紙面に載るため、SHAKE ART!のアーティストのリサーチ力には驚くばかりです。

 

HP:http://shake-art.tumblr.com/

縄文ZINE

『縄文ZINE』は縄文時代をテーマにした雑誌で、縄文時代という、興味深くも面白い時代を、いろいろな人に知っていただいて一緒に楽しもうというフリーペーパーです。

また来年の1月25日、国書刊行会から『縄文人に相談だ』という単行本が出版されます。こちらもどちらも面白いこと間違いなしですね!是非みなさんチェックしておきましょう!

 

HP:http://jomonzine.com/

Chot★Better

Chot★Betterは、「あなたの学生生活をチョットお得にするおもしろ情報誌」というコンセプトをもとに、京都大学の学生によって作成されています。

毎号の特集は、独特で少し毒のある感じが憎めない。
結婚、留年、浮気、などなど。学生フリーペーパー団体があえて触れてこなかったテーマを躊躇せず、京大生独自の視点で切り込んでいます。

 

HP:http://www.chotbetter.net/

おっちゃんとおばちゃん

『おっちゃんとおばちゃん』は、18歳〜30代のための求人情報誌。”年齢を重ねて「おっちゃん」「おばちゃん」と呼ばれる年齢になっても、毎日仕事が楽しくてたまらない”、そんな職業に出会うためのヒントがつまった、仕事探しのフリーマガジンです。

就活で悩んでいる学生の方から、今の仕事に悩みを持った方にとってもオススメ。人生を楽しむヒントがぎゅっと詰まったフリーペーパーです!

 

HP : http://occhan-obachan.com/

フリースタイルな僧侶たち

仏教を身近に、日常に。そして、あなたの生きる力に。この願いをベースに、僧侶と一般のスタッフがチームになって、仏教の本質は変えずに現代に翻訳し、型にとらわれずに仏教を発信する活動。それが「フリースタイルな僧侶たち」です。

仏教のこと知りたいけど、ちょっと難しそう。そんな人にこそ読んでもらいたいフリーペーパー。既存の仏教のイメージに囚われないコンテンツや、イベント活動など、とても面白く、魅力的な団体さんです。

 

HP : http://www.freemonk.net

バッテラ

『バッテラ』は、フリーペーパー団体発行ではなく、短歌好きの谷じゃこさんが毎号ゲストをお迎えして制作されているものです。今回のイベントの参加者で唯一の個人製作者の方です。

可愛らしいカラフルポップなデザインに、思わずクスッと微笑んでしまう文章と短歌が綴られているため、今までのお堅いイメージを払拭されてしまう、そんなフリーペーペーです。

twitter : @sabajaco

また、当日は各チームに1名デザイナーを派遣し、新しいフリーペーパーづくりに参加してもらうのですが、当日参加し一緒にイベントを盛り上げてくれるデザイナーも募集しています。詳しくはこちらのページをご覧ください。

 

当日完成したフリーペーパーは、次号「ANTENNA」、フリーペーパー特集号にて掲載する予定です。果たしてどんな新しいものが出来上がるのか、今から楽しみでしかたありません。

只本屋

 

HP:http://tadahon-ya.com/

 

只本屋は、毎月末の土日だけ清水寺のお膝元・東山五条にあらわれるフリーペーパー専門店です。

全国各地の魅力溢れるフリーペーパーを取り揃えています。

また、本屋としての機能だけでなく、クリエイティブに関心を持つ人々と交流できるなど、カルチャースペースとしても注目されています。

のんびりフリーペーパーを読みながら、あなたのお気に入りの一冊を見つけませんか。

フリーペーパー好きも、そうでない方もご来店をお待ちしております。

日時

2018年1月21日(日)14:00〜19:00

会場

MTRL KYOTO

参加費

1000円(ドリンク代別途)

イベント詳細

・公開編集会議

・プレゼン

・交流会

 

※予告なく内容が変更される場合があります。ご了承くださいませ。

予約

予約フォームはこちら

※Facebookからの予約はできません。必ずフォームからお申し込みください。

協力

MTRL KYOTO

WRITER

Recent Posts

SPOT
STUDIO MONAKA
REPORT
【SXSW2018】CHAI、DYGL、Superorganismから考える、世界と日本の音楽シーン
REPORT
【SXSW2018】SXSWが開催されるオースティンってどんな街?
REPORT
【SXSW2018】未成年でもSXSWは満喫できるのか!?
INTERVIEW
只本屋・アンテナ対談。 “3つの場所” をテーマに、フリーペーパーの価値を考…
REPORT
編み物の魅力は「人とのつながり」?——映画『YARN 人生を彩る糸』レポート
REPORT
【安尾日向が見たボロフェスタ2017 / Day3】ストロベリーパンティース / yahyel / …
REPORT
【安尾日向の見たボロフェスタ2017 / Day2】CARD / キュウソネコカミ / Alfred…
REPORT
【安尾日向の見たボロフェスタ2017 / Day1】台風クラブ / MOROHA / テンテンコ /…
REPORT
誰でもウェルカムな最高の夜—Turntable Films presents 「Welcome」vo…
INTERVIEW
HOLIDAY! RECORDS、この夏の新デザインTシャツ完成!ボツ案含めて全部見せますインタビュ…

LATEST POSTS

INTERVIEW
ただ“おもろい”と思うことをやっていたら、いろんな「無い!!」に気づいた〈トマソンスタジオ〉インタビュー

REVIEW
CIFIKA – HANA

INTERVIEW
どうやって作られているか知るために現場を開く。建築集団「々」野崎将太 インタビュー

INTERVIEW
みんなの劇場が無い‼ 誰もが自分の言葉で語れるきっかけをくれる場所〈THEATRE E9 KYOTO〉あごうさとしインタビュー

特集『文化の床』の企画「#無い!!」では、満たされているはずの都市や生活の中で「なにかが無い」ことに…

ART
COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 後編:ジャンルを融合させるパキスタンアーティストたち

「台湾のシーンが熱い」と透明雑誌が日本のインディーシーンを騒がせて、早くも10年近くになるだろうか。…