EVENT

第20回京都国際学生映画祭

FILM 2017.11.14 Written By 安尾 日向

日本のみならず海外から作品が集まる学生映画祭が、京都で行われていることをご存知ですか?

 

その名も、京都国際学生映画祭。学生主体の団体でありながら、毎年国内外から500本ほどの応募作品を集め、その中からクオリティの高いものを厳選して上映。さらにその中から、現役の映画監督や映像作家、映画関係者による審査によってグランプリが決定されます。過去には映画『舟を編む』の石井裕也監督や、映画『ショート・ターム』のデスティン・ダニエル・クレットン監督も受賞しているという歴史ある映画祭です。

 

第20回目となる今年は、審査員に映画批評家の大寺眞輔(http://indietokyo.com/)、映像作家の水尻自子、さらに映画監督の山下敦弘(『リンダ・リンダ・リンダ』、『苦役列車』など)を迎え、入選作品16本が上映されます。日本をはじめ、ドイツやアメリカ、ノルウェー、韓国など、世界中から質の高い学生映画が集結。

第20回京都国際学生映画祭 トレーラー

11月25日から30日まで毎日、入選作品が上映され、12月1日の最終日に授賞式とグランプリ作品の上映が行われます。

 

さらには特別上映も充実!詳しいプログラムはこちら(http://www.kisfvf.com/program/)をご覧ください。

日時

11月25日(土)〜11月30日(木):17:35〜

12月1日(金):18:00〜

場所

京都シネマ(COCON烏丸3F)

チケット

・1プログラム券 500円(前売税込) 500円(当日税込)
・フリーパス券 1,000円(前売税込) 1,500円(当日税込)
前売券は以下の方法でご購入できます。
お問い合わせフォーム
お名前・お電話番号・メールアドレス・ご住所・チケットの種類と部数を明記の上、ご連絡ください。※銀行振込のみ、手数料は購入者負担
②京都シネマ窓口

お問い合わせ

第20回京都国際学生映画祭実行委員会
〒600-8216 京都市下京区西洞院通塩小路下ル
キャンパスプラザ京都内(月曜休館)
TEL:075-353-9430 FAX:075-353-9101 E-mail:info@kisfvf.com
※上記不在の場合:公益財団法人 大学コンソーシアム京都
Tel:075-353-9189 Fax:075-353-9101

公式HP

http://www.kisfvf.com/

WRITER

Recent Posts

SPOT
STUDIO MONAKA
REPORT
【SXSW2018】CHAI、DYGL、Superorganismから考える、世界と日本の音楽シーン
REPORT
【SXSW2018】SXSWが開催されるオースティンってどんな街?
REPORT
【SXSW2018】未成年でもSXSWは満喫できるのか!?
INTERVIEW
只本屋・アンテナ対談。 “3つの場所” をテーマに、フリーペーパーの価値を考…
REPORT
編み物の魅力は「人とのつながり」?——映画『YARN 人生を彩る糸』レポート
REPORT
【安尾日向が見たボロフェスタ2017 / Day3】ストロベリーパンティース / yahyel / …
REPORT
【安尾日向の見たボロフェスタ2017 / Day2】CARD / キュウソネコカミ / Alfred…
REPORT
【安尾日向の見たボロフェスタ2017 / Day1】台風クラブ / MOROHA / テンテンコ /…
REPORT
誰でもウェルカムな最高の夜—Turntable Films presents 「Welcome」vo…
INTERVIEW
HOLIDAY! RECORDS、この夏の新デザインTシャツ完成!ボツ案含めて全部見せますインタビュ…

LATEST POSTS

INTERVIEW
ただ“おもろい”と思うことをやっていたら、いろんな「無い!!」に気づいた〈トマソンスタジオ〉インタビュー

REVIEW
CIFIKA – HANA

INTERVIEW
どうやって作られているか知るために現場を開く。建築集団「々」野崎将太 インタビュー

INTERVIEW
みんなの劇場が無い‼ 誰もが自分の言葉で語れるきっかけをくれる場所〈THEATRE E9 KYOTO〉あごうさとしインタビュー

特集『文化の床』の企画「#無い!!」では、満たされているはずの都市や生活の中で「なにかが無い」ことに…

ART
COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 後編:ジャンルを融合させるパキスタンアーティストたち

「台湾のシーンが熱い」と透明雑誌が日本のインディーシーンを騒がせて、早くも10年近くになるだろうか。…