EVENT

一乗寺の音楽フェス、”the Day of Pleasure”開催!

音楽、演劇、文学等々、カルチャーの発信源でありつづけてきた京都。

中でも一乗寺を中心とした左京区エリアは代表的なカルチャースポットです。

そんなエリアで、書店である『恵文社』や美容室の『RAVENALA』をはじめ、『インキョカフェ』、『焼肉屋いちなん』や『AOW』などの飲食店まで、各店舗のスペースを使った大規模な街フェスがついに開催されます。

 

11月25日(土)と26日(日)の両日、その名も『the Day of Pleasure(喜びの日)』。街フェスといえど、青葉市子さんや、有山じゅんじさんといった素晴らしいミュージシャンの方々が総勢30組ほど参加されます。個人的には、激団モンゴイカ、SUKIDARAKE MAFIA、雨面ナラカシ、fuyuco.などの地元勢が楽しみです。

 

タイムテーブルや詳細は以下の通り。

一乗寺からまた新しい文化が生まれる瞬間を、目撃しに行きましょう。

 

日程

2017年11月25日(土)17:00- /26日(日) 12:00‐

場所

AOW、いちなん、POUSSETTE、KARIN、恵文社COTTAGE、PEPIN、Mura、RAVENALA、AKOSHAN、Anne Shirley、Norwegianwood

料金

■一般
前売3,500円(当日 4,000円)
■専門・大学生
前売2,000円(当日2,500円)
■中高生
前売1,000円(当日1,500円)

予約方法

各会場店舗、イープラス・チケットぴあにて。学割は店舗のみでの販売。

HP

https://www.dop2017.thedayofpleasure.com/

WRITER

Recent Posts

SPOT
菊しんコーヒー
INTERVIEW
日本でスウィングが流行るには – Clap Stomp Swingin’イン…
REVIEW
【3×3 DISCS】Teenage Fanclub – Bandwagonesque
COLUMN
【2018年8月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
Swing Side / Sing Side – Clap Stomp Swingin&…
COLUMN
【Brand New Paris ! 】第4回:学生運動
REVIEW
【3×3 DISCS】真夏の目撃者 – GOING UNDER GROUND
COLUMN
ブンガクの小窓 第十七章 -億劫-
COLUMN
【Brand New Paris ! 】第3回:アコーディオニスト taca
REVIEW
星の王子さまたち – Beautiful
COLUMN
【Brand New Paris ! 】第2回:シネマ
COLUMN
ブンガクの小窓 第十六章 -プロジェクト-
COLUMN
【2018年1月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【Brand New Paris ! 】第1回:物語自販機
SPOT
立ち呑み キセノン
COLUMN
ブンガクの小窓 第十五章 -パトス-
REVIEW
Hicoband – あお
COLUMN
【2017年11月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
ブンガクの小窓 第十四章 -ラディカル-
INTERVIEW
台風クラブは「ロックンロール」か?
COLUMN
ブンガクの小窓 第十三章 -退屈-
COLUMN
ブンガクの小窓 第十二章 -矜持-
COLUMN
【ブンガクの小窓】第十一章:シンギュラリティ
COLUMN
【ブンガクの小窓】第十章:フロウ
COLUMN
【ブンガクの小窓】第九章:ノマド
COLUMN
【ブンガクの小窓】第八章:散文
COLUMN
【ブンガクの小窓】第七章:刹那
COLUMN
【ブンガクの小窓】第六章:アイデンティティ
COLUMN
【ブンガクの小窓】第五章:ユートピア
COLUMN
【ブンガクの小窓】第四章:ルサンチマン
COLUMN
【ブンガクの小窓】第三章:虚構
COLUMN
【ブンガクの小窓】第二章:実存
COLUMN
【ブンガクの小窓】第一章:不条理

LATEST POSTS

INTERVIEW
ただ“おもろい”と思うことをやっていたら、いろんな「無い!!」に気づいた〈トマソンスタジオ〉インタビュー

REVIEW
CIFIKA – HANA

INTERVIEW
どうやって作られているか知るために現場を開く。建築集団「々」野崎将太 インタビュー

INTERVIEW
みんなの劇場が無い‼ 誰もが自分の言葉で語れるきっかけをくれる場所〈THEATRE E9 KYOTO〉あごうさとしインタビュー

特集『文化の床』の企画「#無い!!」では、満たされているはずの都市や生活の中で「なにかが無い」ことに…

ART
COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 後編:ジャンルを融合させるパキスタンアーティストたち

「台湾のシーンが熱い」と透明雑誌が日本のインディーシーンを騒がせて、早くも10年近くになるだろうか。…