INTERVIEW

竹上久美子の「これまで」と「これから」

MUSIC PR 2017.10.13 Written By 岡安 いつ美

6年ぶりのフルアルバム『Slow boat』を8月にリリースした竹上久美子。これまでとは打って変わって彼女の音楽ルーツや新しい挑戦を詰め込んだ、バラエティに富んだ1枚に仕上がった。

 

……彼女はなぜここまで多彩なのだろうか?

 

それが今回のアルバムや、インタビューを読んでい私自身の中で生まれた疑問。「女性シンガーソングライター」としての型をいい意味で破り続ける彼女のことを、もう少し詳しく知りたい、そんな気持ちからこのインタビューに臨みました。竹上久美子の「これまで」と「これから」を紐解き、彼女の「今」を探ります。

──

今回はインタビューの機会をいただき、ありがとうございます。竹上さんを取り上げるにあたって、すごくトピックに悩んだというのが本音です(笑)

竹上久美子(以下、竹上)

ですよね……(笑)。今回のリリースではいろんな媒体で取り上げてもらったこともあるし。

──

そうですね。そこでアンテナにできること、アンテナで作るべき記事について考えて……。「これを見たら竹上久美子がわかる!」という記事を改めて作りたいなというところにたどり着きました。私自身、京都に来て5年。活動15周年を来年迎える竹上さんのことは、ほんの少ししか知らないなあと。これを機に私自身も、竹上さんを深く知らないアンテナ読者にも、竹上さんのことを知ってもらえればなと思っています

 

竹上

ありがとうございます。よろしくお願いします。

これまでの竹上久美子 -- 商品である自覚

──

まずは竹上さんの生い立ちから、遡りたいと思います。過去のインタビューで小学校2年生で作曲をしたという記事を見ました。本当にすごいなあと。

竹上久美子(以下、竹上)

そんなにすごくないです(笑)。実は当時吹奏楽部の顧問をしていた父に、編曲を手伝ってもらっていて。父はブラバンのスコア編曲などを日常的にやっている人だったので、楽譜を書くことを教えてくれる人がすごく身近にいたからできたんです。

──

個人でオリジナルの楽曲を本格的に作り始めたのっていつ頃なのでしょうか?

竹上

小学校2年生の時に作ったのが初めての作曲で。でもその曲には歌詞がなかったので、歌詞付きの曲を作ったのは中学生頃だったかな。中学時代からコピーバンドは組んでいたんですが、オリジナル曲を人前でやるのは恥ずかしくてできなくて。

──

初ライブっていつ頃だったか覚えていますか?

竹上

自分の曲を歌ったのは、高三の文化祭が初めてです。

──

高校も最後だし、いっちょやっとくか!的な感じでしょうか?

竹上

それもあるけど、実はその頃に失恋をして、やけくそでやったろー!っていうのもありました(笑)。しかもその頃なぜか、ギターじゃないと人前に立てない!と思い込んでて、初ライブはギター弾き語りでした。

──

なんと!(笑)。初ステージのことは覚えてますか?

竹上

はい。文化祭に出るにはオーディションに出ないといけなくて。そこでは総評みたいなのがもらえるんですが、「オリジナルの曲が良かった」と同級生に言ってもらって。初めてオリジナル曲を褒めてもらえたのも嬉しかったのをよく覚えています。でもギターが下手くそだったから、ギターが上手になりたくて軽音楽部に入ったのもあるかな。軽音に入ってから持ち運べるピアノを買ってピアノ弾き語りでライブし始めたので、結局そんなにギターは上手くなりませんでしたが。

──

大学時代は1人での活動が多かったのでしょうか。

竹上

そうですね。コピーバンドは組んでいましたが、オリジナルのバンドは続かなくて。最初は一人で、ネガポジとか拾得に出て、フォーク系の方とよくやっていました。その当時に対バンで出会った先輩ミュージシャンに「君は曲がポップだから、大阪のライブハウスでもイベントやったらいい」って言われたのがきっかけで少しシフトチェンジをした記憶があります。そこから2〜3年は大阪でも活動をして、友達もたくさん増えたかな。

──

そんな大学時代を送っていたと。

竹上

結果就職するか、フリーターしながら音楽続けるか、みたいなことを悩んで大学は5年行って……。

──

就職はされたのでしょうか?

竹上

最終的に百貨店の派遣社員として働いて、土日にライブをするという生活を送っていました。仕事はすごくぽんこつで……。仕事ができていたら、もっと仕事に励んでいたかもしれないけど本当にダメだった(笑)

──

その時点で売れるために東京に行こう!とかにはならなかったのでしょうか?

竹上

いや、その気持ちがあったから、正社員にはならなかったんです。正社員になると当然責任も伴うし、いつでもミュージシャンとして動ける状態にしたかったから派遣を選んだのもあって。

──

苦労されていた時期なのですね。

竹上

今思うと全てが揃ってなかったのかも。本人の努力と、動員や数字というレーベルや事務所が求めるもの、自分が楽しいことできているかってバランスがとれてなかったり。自分が楽しいと思っていることは数字がついてこなかったり。

 

根本的に自分はシンガーソングライターとして、人間的な魅力に欠けているなあと、その頃から考えるようになりました。きちんと結果を出しているシンガーソングライターの方達って、自分が商品としての自覚がある方が多いと思っていて。私にはそれがないんです。商品である自覚があれば、プロデューサーと喧嘩せず、もっと論理的な議論ができたはず……と振り返ることもあります。

──

ありのままの自分で売れたかった、ということでしょうか。

竹上

大学生の頃はそう思ってました。今思うとすごく傲慢で世間知らずだったなと思います。

──

デビューが決まらなければ、東京に行く気はなかったということですね。

竹上

なんの足がかりもなく東京に行くのはしんどいはずと思っていたから、軸足は京都においていたかな。一度ストレスから来る耳の病気になってからは、東京への気持ちはそこまで強くなくなったと思います。

 

結局私はずっと本能に従って行動しているんですよね。楽しいとか、面白そうとかに近寄っていくというか。その本能のひとつとして、”子どもを産みたい”というのが漠然とあって、子育てしながら音楽を続けるなら、実家のある京都がいいなという気持ちもありました。

──

竹上さんは売れるよりも、続けることに重きをおいて活動をされているんですかね。小さな頃から音楽が身近にあって、音楽のある生活が当たり前の竹上さんにとって、売れることよりも音楽を続けることの方が大切なのかと、お話を聞いていて思いました。

竹上

もちろん、売れたいと思っていたけど……私の場合は挫折が多すぎて疲れちゃったこともある。でも、”普通に続ける”ためには、ある程度売れないといけないっていうのもありますよね?やや頑張り目でやらないと、何事も続かないと最近気付いて、自分なりに頑張っているところではあります。

NEXT PAGE

今の竹上久美子 -- 何かを一緒にやる人は人間性を重視している

WRITER

RECENT POST

COLUMN
【2020年12月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年12月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年11月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年11月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年10月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年10月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年9月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年9月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年8月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年8月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年7月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年7月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年6月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年6月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年5月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年5月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年4月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年4月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年3月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年3月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
SPOT
【閉店】ダイニングバー DEN-EN
COLUMN
【2020年2月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年2月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年1月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年1月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
お歳暮企画 | MOVIE OF THE YEAR 2019
REPORT
ボロフェスタ2019 フォトレポートDay3 – 2019.10.27
COLUMN
【2019年12月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年12月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REPORT
ボロフェスタ2019 フォトレポートDay2 – 2019.10.26
REPORT
ボロフェスタ2019 フォトレポートDay1 – 2019.10.25
COLUMN
【2019年11月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年11月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年10月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年09月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
若き奇才たちがつくりあげる“ポップ・ミュージック”の最新形ーーHitotonari『Rinkaku』…
REPORT
【SXSW2019 – まとめ】原点回帰へと向かうSXSW
REPORT
第2回 うたのゆくえ レポートまとめ・フォトレポート
INTERVIEW
今この瞬間、このメンバーだからできるパフォーマンスを。劇団ソノノチ最新公演『つながせのひび』への想い…
ART
INTERVIEW
音楽について書くことを純粋に楽しむ。関西音楽メディア・ki-ftのこれまでとこれから。
COLUMN
アジアのフェスってどんな感じ?実際に行ってみた人に聞いてみた〜中国Concrete and Gras…
REPORT
【和島咲藍の見たボロフェスタ2018 Day2】アイアムアイ / ベランパレード / Polaris…
INTERVIEW
VOGA第15回本公演『直観と情熱』記念 VOGA代表・近藤和見インタビュー
ART
REPORT
【フォトレポート】Klan Aileen at 京都GATTACA 2018.06.30
REPORT
アウトプットへの一歩を踏み出そう!京都写真部第一回フォトウォークレポート
FREE_PAPER
フリーペーパーアンテナ vol.6
FREE_PAPER
フリーペーパーアンテナ vol.4
REPORT
【SXSW2018】フォトグラファーが見たSXSW 2018.03.15 – 03.17
REPORT
【SXSW2018】フォトグラファーが見たSXSW 2018.03.09 – 03.14
REVIEW
【3×3 DISCS】Make Believe – Weezer
REPORT
【SXSW2018】新しいPeelander-Zを見た
INTERVIEW
下ネタを、人間ドラマで見せる!?旗揚げ約20年のニットキャップシアターが送る最新コント公演『That…
ART
INTERVIEW
【shrine.jp20周年記念特別インタビュー】今もなお新たな挑戦を続ける糸魚健一の20年に迫る
REPORT
【岡安いつ美が見たボロフェスタ2017 / Day1】台風クラブ / 愛はズボーン / ひとりバレー…
REPORT
“当たり前”を違う角度から見るとどうなるのか? – OKAZAKI LOOPS 2017…
REPORT
Color of Yellow:イベントレポート
INTERVIEW
「バンドを辞める人を1人でも減らしたい」–そんな想いから生まれた“【座談会】働きながら音…
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -岡安いつ美 ③写真編-
INTERVIEW
【私たちがアンテナをやる理由】編集長・堤編
REPORT
【SXSW2017】Daily – 2017.03.15
REPORT
【SXSW2017】Daily – 2017.03.14
REPORT
【SXSW2017】Daily – 2017.03.13
REPORT
【SXSW2017】Daily – 2017.03.12
REPORT
【SXSW2017】vol.2 – SXSW2017 The 2017 Grulke P…
REPORT
【SXSW2017】vol.1 – SXSWとは?
REPORT
Owen Pallett JAPAN TOUR 2017@CLUB METRO 2017.04.26
INTERVIEW
THEロック大臣ズ解散。Vo.たなかけんすけ単独インタビュー
REPORT
【SXSW2017】Daily – 2017.03.18
REPORT
【SXSW2017】Daily – 2017.03.17
REPORT
【SXSW2017】Daily – 2017.03.16
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -岡安いつ美 ②SXSW-
REPORT
Indie Label Showcase vol.1レポート – レーベルを立ち上げる …
REPORT
“今”のトクマルシューゴを体感せよ。ートクマルシューゴ LIVE TOUR2016-2017 @ 磔…
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -岡安いつ美 ①Peelander yellow-
REPORT
LOSTAGE presents 生活2016【Day2】@ スペースU古河 2016.10.23
REPORT
LOSTAGE presents 生活2016【Day1】 @ スペースU古河 2016.10.22
INTERVIEW
ボロフェスタ15周年記念特集・『ボロフェスタってなんなんだ?』 – 杉浦真佐子編 –
INTERVIEW
ボロフェスタ15周年記念特集・『ボロフェスタってなんなんだ?』 – ときめき☆ジャンボジ…
INTERVIEW
ボロフェスタ15周年記念特集・『ボロフェスタってなんなんだ?』 – クリトリック・リス編…
COLUMN
【映画のすゝめ】第5回:ワールズ・エンド 酔っ払いが世界を救う!
REPORT
青葉市子&SKIP SKIP BEN BEN east asia tour in 小豆島・島フェス …
INTERVIEW
『ウサギバニーボーイさん』リリース記念特別インタビュー
INTERVIEW
第6回スキマアワー開催記念 キツネの嫁入り・マドナシインタビュー
FREE_PAPER
フリーペーパーアンテナ vol.5
COLUMN
映画のすゝめ 第4回
REPORT
Rainbow’s End 2016 @円山公園音楽堂 2016.05.22
REPORT
Magical Colors Nightで見た、地方インディシーンの可能性
COLUMN
【映画のすゝめ】第3回
REPORT
FOREST @ 京都GROWLY 2016.02.25
COLUMN
【映画のすゝめ】第2回
SPOT
JET SET
SPOT
100000tアローントコ
COLUMN
【映画のすゝめ】第1回
INTERVIEW
【きょう、つくる人】第2回:grasspool・小西弘恵
INTERVIEW
【きょう、つくる人】第1回:花背WARA・藤井桃子
INTERVIEW
the coopeez 3rdアルバム『rucksack』発売記念、全曲解説インタビュー 後編
INTERVIEW
the coopeez 3rdアルバム『rucksack』発売記念、全曲解説インタビュー 前編
FREE_PAPER
フリーペーパーアンテナ vol.3
INTERVIEW
なぜ今台湾なのか?月見ル君想フ台北店オープンについて迫る
INTERVIEW
「人が動くアプリ」OTONOTO ーーわたしたちと音楽の新たな関わりかたを提示してくれたOTONOT…
REPORT
The Octopus Project Japan Tour -Kyoto- ライブレポート
REPORT
広島オルタナティブツアー御一行様ご来店~え?埼玉からも!?~ @ 京都GROWLY 2014.10.…
REPORT
ザ・シックスブリッツワンマン『BACK TO TAVERN』@ KYOTO MUSE ライブレポート
INTERVIEW
Peelander-Zの新メンバー・伊藤顕央とは一体何者なのか?
REPORT
sukida dramas @ 京都GROWLY ライブレポート
REPORT
LIVE KILAUEA 2014 -day.3-@CLUB METRO ライブレポート
REPORT
LIVE KILAUEA 2014 -day.2-@京都GROWLY 2014.08.09
REPORT
LIVE KILAUEA 2014 -day.1-@京都GROWLY ライブレポート
FREE_PAPER
フリーペーパーアンテナ vol.2
FREE_PAPER
フリーペーパーアンテナ vol.1

LATEST POSTS

INTERVIEW
ただ“おもろい”と思うことをやっていたら、いろんな「無い!!」に気づいた〈トマソンスタジオ〉インタビュー

特集『言葉の力』の企画として本記事では、自らの思想をどのようにして言葉に乗せ発信してきたのかを探る。…

REVIEW
ザ・ディランⅡ

きのうの思い出に別れをつげるんだもの(1972年)

INTERVIEW
どうやって作られているか知るために現場を開く。建築集団「々」野崎将太 インタビュー

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 後編:ジャンルを融合させるパキスタンアーティストたち

「台湾のシーンが熱い」と透明雑誌が日本のインディーシーンを騒がせて、早くも10年近くになるだろうか。…

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 前編:パキスタンの「文化の床」Coke Studio Pakistan

パキスタンの音楽的背景と、その再興に挑み続けるテレビ番組 CokeStudioについて。