NEWS

Ribet towns 配信限定EP『フラッシュフィクション』リリース

MUSIC 2017.10.12 Written By キャシー

京都を中心に集まった総勢12名のポップバンド、Ribet townsが10月17日(月)に配信限定EP『フラッシュフィクション』をリリースします。

Ribet townsはピアニカ、鉄琴、マンドリンや民族楽器等をベースにトイポップ・北欧トラディショナル・渋谷系などのサウンドを混ぜ合わせた多幸感あふれる楽曲で今注目を集めているバンド。今年の2月には1st mini album『ショートショート』をリリースし、現在関西を中心にライブ活動を行っています。

今回新たにリリースとなる『フラッシュフィクション』には、1st mini album『ショートショート』から「メトロ」「ショートシネマ」を再アレンジしたものを含め計4曲が収録されています。Apple music・Spotify等のストリーミング配信に加え、iTunes等でのダウンロード販売も。再生ボタンを押した瞬間に、おもちゃ箱をひっくり返したようなハッピーなサウンドがキラキラと転がり出します。

また先日9月23日(土)には収録曲「メトロ」のMVが公開されました。本MVはアンテナ編集部のデザイナー/イラストレーターのたかいしが監督・制作を担当。キュートでユニークなアニメーションが楽曲の魅力にさらに彩りを添えています。

MVの制作過程をまとめた記事はこちら

Ribet towns -『メトロ』ミュージックビデオ

今回のリリースに合わせ、Ribet townsは同じく多編成バンドである東京のDokkoise Houseと京都・東京でのWリリースイベントを開催。お互いの楽曲にシンパシーを感じ認め合う両バンドの共演とあって、この日のライブは相乗効果でよりピースフルな最高のショーになることでしょう。

『フラッシュフィクション』Ribet towns

収録曲

1.ベッドタウン
2.ショートシネマ
3.caravan
4.メトロ

リリース日

2017年10月17日(月)

配信先

【ストリーミング配信】Apple music、Spotify and more…
【ダウンロード販売】iTunes、OTOTOY and more…

Dokkoise house×Ribet towns Wリリースライブ『CARAVAN』
~ゆらめき京都編&どちゃくそ東京編~

 

■11月04日(土) @京都二条nano
出演: Ribet towns / Dokkoise House / kailios / 花柄ランタン

 

■12月02日(土) @下北沢mona records
出演: Ribet towns / Dokkiose House / メロウ・イエロー・バナナムーン

Ribet towns バンドHPはこちら

 

WRITER

Recent Posts

COLUMN
『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』徹底討論。マグナム本田×ナードマグネット須田によるスタ…
INTERVIEW
【実は知らないお仕事図鑑 P3:猟師・アクセサリー作家】deer bone hai / 岡本梨奈
INTERVIEW
Live House nano店長:土龍 × Fireloop店長:足立 対談- ライブハウスの店長…
REPORT
Superfriends presents 『LATE GREATS』京都編
INTERVIEW
【ベランダ】好きで好きでたまらない!スーパーノアは俺に語らせて!3rd mini album『素晴ら…
INTERVIEW
キツネの嫁入りGt./Vo.マドナシ×音楽ライター岡村詩野に聞く – 京都のインディーシ…
REPORT
【キャシーの見たボロフェスタ2017 / 番外編】ボロフェスタを支えるスタッフたち
REPORT
【キャシーの見たボロフェスタ2017 / Day3】~駆け抜けろ最終日!編~
SPOT
LIVE HOUSE DEWEY
SPOT
CLUB METRO
INTERVIEW
【実は知らないお仕事図鑑】P1:ディストロ 植野秀章(HOLIDAY! RECORDS)
SPOT
アジトオブスクラップ京都

LATEST POSTS

INTERVIEW
ただ“おもろい”と思うことをやっていたら、いろんな「無い!!」に気づいた〈トマソンスタジオ〉インタビュー

REVIEW
CIFIKA – HANA

INTERVIEW
どうやって作られているか知るために現場を開く。建築集団「々」野崎将太 インタビュー

INTERVIEW
みんなの劇場が無い‼ 誰もが自分の言葉で語れるきっかけをくれる場所〈THEATRE E9 KYOTO〉あごうさとしインタビュー

特集『文化の床』の企画「#無い!!」では、満たされているはずの都市や生活の中で「なにかが無い」ことに…

ART
COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 後編:ジャンルを融合させるパキスタンアーティストたち

「台湾のシーンが熱い」と透明雑誌が日本のインディーシーンを騒がせて、早くも10年近くになるだろうか。…