EVENT

RISSEI PROM PARTY

MUSIC MOVIE 2017.09.11 Written By 安尾 日向

平成25年の誕生から、映画好きに愛されてきたミニシアター・立誠シネマプロジェクト。惜しまれつつも7月末で営業を終了し、出町枡形商店街へと現在移転中です。本屋やカフェを併設した新しい映画館へと生まれ変わります。

 

そんな立誠シネマが入るなど、京都木屋町通りの文化拠点の一つとしても、レトロ感満載の旧建築としても、多くの人々を魅了してきた元・立誠小学校ですが、現校舎の改修と新たな施設誕生に向け、一旦営業を休止することが発表されています。

元・立誠小学校HPより転載

それに先駆け、これまでに元・立誠小学校を訪れた方々への感謝と新たなスタートに向けた挨拶を込めた、集大成ともいえるイベントを開催。それが「ありがとう、立誠小学校」。

 

その一つとして、映画と音楽の祭典、「RISSEI PROM PARTY」が開催されます。プロムとは、アメリカやカナダの高校で学年の最後に行われるダンスパーティーのことで、数々の映画でモチーフとされています。日本人の映画好きには一つの憧れのような存在でもあります。立誠小学校のプロムであるこのイベント、注目すべき内容が目白押しです!

 

まずは7日に行われる映画『リンダ リンダ リンダ』の上映と監督・山下敦弘が登壇するトークイベント。青春バンド映画の金字塔ともいうべき作品と、その監督のお話が楽しめる贅沢な内容となっております。撮影秘話や裏話などが飛び出すかもしれません。

 

8日には、昨年日本でも大ヒットを飛ばした映画『シング・ストリート』も上映。こちらにはなんと、くるりの岸田繁が登壇し、トークとアコースティックライブが行われます。映画と音楽のどちらも楽しめるクロス・イベントとなっております。

さらにはshe saidやバレーボウイズといった京都のインディーバンドによるライブや、DJイベント、レコードやフードのマーケットも開催。三日間盛りだくさんのパーティーとなっております。

 

映画の上映やライブ、トークイベントにはチケットが必要となっております。現在発売中ですので、お早めに!(*10/8の竜王戦(講堂)、およびマーケット(校舎全域)はチケット不要・入場無料でお楽しみいただけます)

日時

10/7(土)〜10/9(月) 12:00〜21:00

場所

元・立誠小学校

チケット

10/7 前売券2500円 当日券3000円

10/9 前売券4500円 当日券5000円

HP

http://rissei.org/arigatou/

WRITER

RECENT POST

SPOT
STUDIO MONAKA
REPORT
【SXSW2018】CHAI、DYGL、Superorganismから考える、世界と日本の音楽シーン
REPORT
【SXSW2018】SXSWが開催されるオースティンってどんな街?
REPORT
【SXSW2018】未成年でもSXSWは満喫できるのか!?
INTERVIEW
只本屋・アンテナ対談。 “3つの場所” をテーマに、フリーペーパーの価値を考…
REPORT
編み物の魅力は「人とのつながり」?——映画『YARN 人生を彩る糸』レポート
REPORT
【安尾日向が見たボロフェスタ2017 / Day3】ストロベリーパンティース / yahyel / …
REPORT
【安尾日向の見たボロフェスタ2017 / Day2】CARD / キュウソネコカミ / Alfred…
REPORT
【安尾日向の見たボロフェスタ2017 / Day1】台風クラブ / MOROHA / テンテンコ /…
REPORT
誰でもウェルカムな最高の夜—Turntable Films presents 「Welcome」vo…
INTERVIEW
HOLIDAY! RECORDS、この夏の新デザインTシャツ完成!ボツ案含めて全部見せますインタビュ…

LATEST POSTS

INTERVIEW
ただ“おもろい”と思うことをやっていたら、いろんな「無い!!」に気づいた〈トマソンスタジオ〉インタビュー

特集『言葉の力』の企画として本記事では、自らの思想をどのようにして言葉に乗せ発信してきたのかを探る。…

REVIEW
ザ・ディランⅡ

きのうの思い出に別れをつげるんだもの(1972年)

INTERVIEW
どうやって作られているか知るために現場を開く。建築集団「々」野崎将太 インタビュー

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 後編:ジャンルを融合させるパキスタンアーティストたち

「台湾のシーンが熱い」と透明雑誌が日本のインディーシーンを騒がせて、早くも10年近くになるだろうか。…

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 前編:パキスタンの「文化の床」Coke Studio Pakistan

パキスタンの音楽的背景と、その再興に挑み続けるテレビ番組 CokeStudioについて。