EVENT

よろしくご笑覧ください

北海道ローカルから始まりやがて全国的な人気を得た番組、『水曜どうでしょう』。その仕掛人である2人の名物ディレクター、藤村忠寿氏・嬉野雅道氏が、元・立誠小学校にて昨年始動させたイベント『よろしくご笑覧ください』が今年も9月30日、10月1日の二日間にわたって行われます。

 

イベントでは、事前に名乗りを上げた挑戦者たちが様々なパフォーマンスを行い、それをご両人が見て、ああだこうだ言う、それだけ。北海道で大泉洋を掘り当てたお二人が爆笑しながら、時には説教しながら、新たな才能を発掘していくイベントです。生だからこそ味わえる客と演者の真剣勝負が病みつきになるとの評判。

 

2回目となる今回は、9月30日夜の部を「ほめる夜」、10月1日昼の部を「しかる昼」と称し、それぞれ個性豊かなパフォーマーたちが登場します。

 

「ほめる夜」には、サラリーマンのために給湯室でお茶を点てるという「現代茶道ムーブメント」を標榜する給湯流茶道、コメディずきによる「演劇っぽい」集団・劇団コメディアス、リレー形式で綴られる2分30秒のライティングノベルイベント・即興小説バトルが登場。「しかる昼」では、小林欣也、丸山交通公園、努力クラブ、地理研どうでしょう、稲森明日香らによる実験的な単発芸が楽しめるとのこと。

 

チケットは現在発売中です。「ほめる夜」「しかる昼」それぞれの個別チケットと、二日間の通しチケット(両ディレクターとの大宴会参加権付き!)の二種類がありますが、現在「しかる昼」チケットは予定枚数終了となり、「ほめる夜」と通しチケットは売り切れ間近となっております。お早目に!

日時

「ほめる夜」09/30(土)18:30~

「しかる昼」10/01(日)13:00~

場所

元・立誠小学校 講堂

料金

個別チケット3800円 / 通しチケット7500円

*チケット売り切れ間近です。購入はこちらから。お早目に!

HP

https://suidoukyoudai.wixsite.com/yorosikugosyo-ran

WRITER

Recent Posts

SPOT
STUDIO MONAKA
REPORT
【SXSW2018】CHAI、DYGL、Superorganismから考える、世界と日本の音楽シーン
REPORT
【SXSW2018】SXSWが開催されるオースティンってどんな街?
REPORT
【SXSW2018】未成年でもSXSWは満喫できるのか!?
INTERVIEW
只本屋・アンテナ対談。 “3つの場所” をテーマに、フリーペーパーの価値を考…
REPORT
編み物の魅力は「人とのつながり」?——映画『YARN 人生を彩る糸』レポート
REPORT
【安尾日向が見たボロフェスタ2017 / Day3】ストロベリーパンティース / yahyel / …
REPORT
【安尾日向の見たボロフェスタ2017 / Day2】CARD / キュウソネコカミ / Alfred…
REPORT
【安尾日向の見たボロフェスタ2017 / Day1】台風クラブ / MOROHA / テンテンコ /…
REPORT
誰でもウェルカムな最高の夜—Turntable Films presents 「Welcome」vo…
INTERVIEW
HOLIDAY! RECORDS、この夏の新デザインTシャツ完成!ボツ案含めて全部見せますインタビュ…

LATEST POSTS

INTERVIEW
ただ“おもろい”と思うことをやっていたら、いろんな「無い!!」に気づいた〈トマソンスタジオ〉インタビュー

REVIEW
CIFIKA – HANA

INTERVIEW
どうやって作られているか知るために現場を開く。建築集団「々」野崎将太 インタビュー

INTERVIEW
みんなの劇場が無い‼ 誰もが自分の言葉で語れるきっかけをくれる場所〈THEATRE E9 KYOTO〉あごうさとしインタビュー

特集『文化の床』の企画「#無い!!」では、満たされているはずの都市や生活の中で「なにかが無い」ことに…

ART
COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 後編:ジャンルを融合させるパキスタンアーティストたち

「台湾のシーンが熱い」と透明雑誌が日本のインディーシーンを騒がせて、早くも10年近くになるだろうか。…