NEWS

あなたのセンス・オブ・ワンダーを磨こう! ワコールスタディホール京都『学び方のレシピ』×「ウサギノネドコ」代表・吉村紘一

京都に本社を構える繊維製品メーカーであるワコールが、「美」を学ぶための場として設立したワコールスタディホール京都。そのシリーズ企画の一つである「学び時空間LAB『学び方のレシピ』」では、社会起業家やアーティストなどの「学びのプロ」をゲストに迎え、「学び方」を学ぶためのトークイベントとワークショップが行われています。 

 

その第6回目となる今回のゲストは、以前アンテナでも取り上げた「ウサギノネドコ」の代表である吉村紘一さんです。「自然の造形美」を伝えることをテーマに、京都を拠点として活動する吉村さん。植物の種子や花を、一番美しい状態で4cm角の透明なアクリルキューブに封入したSola cubeは、あまりの美しさに時間の流れが止まってしまったかのような感覚に陥ります。それらが販売されている雑貨店スペース・通称ミセに加え、骨格標本や鉱物標本があしらわれた店内で気軽に自然の造形物を楽しめるカフェ、昭和初期に建てられた京町家での暮らしを体験できる素泊まり宿舎・通称ヤドという3形態で、ここでしか味わえない自然を体験できるのがウサギノネドコの魅力です。

 

吉村さんはウサギノネドコでのさまざまな活動を通して、自然の造形美を伝え、人々の中に存在する”センス・オブ・ワンダー”(=神秘や不思議に気づく感性)を呼び覚ましたい、と語ります。元々は広告制作をなさっていた吉村さんが、身の回りに潜む「美」に気づき、それを伝える「ウサギノネドコ」という方法に辿り着いたのはどうしてなのか? あなたの中に眠るセンス・オブ・ワンダーはいかにして光るのか? その「学び方」を学べるかもしれません。

学び時空間LAB『学び方のレシピ』 第6回:「ウサギノネドコ」代表・吉村紘一さんに学ぶ勉強法

http://www.wacoal.jp/studyhall/school/event/article73433

 

日時:2017年8月25日(金)19:00~21:00(受付開始:18:30)

場所:ワコールスタディホール京都(京都駅八条口より徒歩7分。京都市南区西九条北ノ内町6 ワコール新京都ビル1、2階)

※要予約(先着20名さま)

※詳細・ご予約は上記ホームページをご参照ください。

You May Also Like

WRITER

Recent Posts

SPOT
STUDIO MONAKA
REPORT
【SXSW2018】CHAI、DYGL、Superorganismから考える、世界と日本の音楽シーン
REPORT
【SXSW2018】SXSWが開催されるオースティンってどんな街?
REPORT
【SXSW2018】未成年でもSXSWは満喫できるのか!?
INTERVIEW
只本屋・アンテナ対談。 “3つの場所” をテーマに、フリーペーパーの価値を考…
REPORT
編み物の魅力は「人とのつながり」?——映画『YARN 人生を彩る糸』レポート
REPORT
【安尾日向が見たボロフェスタ2017 / Day3】ストロベリーパンティース / yahyel / …
REPORT
【安尾日向の見たボロフェスタ2017 / Day2】CARD / キュウソネコカミ / Alfred…
REPORT
【安尾日向の見たボロフェスタ2017 / Day1】台風クラブ / MOROHA / テンテンコ /…
REPORT
誰でもウェルカムな最高の夜—Turntable Films presents 「Welcome」vo…
INTERVIEW
HOLIDAY! RECORDS、この夏の新デザインTシャツ完成!ボツ案含めて全部見せますインタビュ…

LATEST POSTS

INTERVIEW
ただ“おもろい”と思うことをやっていたら、いろんな「無い!!」に気づいた〈トマソンスタジオ〉インタビュー

REVIEW
CIFIKA – HANA

INTERVIEW
どうやって作られているか知るために現場を開く。建築集団「々」野崎将太 インタビュー

INTERVIEW
みんなの劇場が無い‼ 誰もが自分の言葉で語れるきっかけをくれる場所〈THEATRE E9 KYOTO〉あごうさとしインタビュー

特集『文化の床』の企画「#無い!!」では、満たされているはずの都市や生活の中で「なにかが無い」ことに…

ART
COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 後編:ジャンルを融合させるパキスタンアーティストたち

「台湾のシーンが熱い」と透明雑誌が日本のインディーシーンを騒がせて、早くも10年近くになるだろうか。…