REPORT

“当たり前”を違う角度から見るとどうなるのか? – OKAZAKI LOOPS 2017『CALM -NIGHT LIBRARY LIVE-』 @ 京都府立図書館 2017.06.10

MUSIC 2017.08.21 Written By 岡安 いつ美

ひんやりとした室内、古い紙のにおい。私は図書館が大好きだ。

 

この記事は去る6/10(土)、京都府立図書館で行われたOKAZAKI LOOPS 2017『CALM -NIGHT LIBRARY LIVE-』のレポート記事である。自分を形成した要素ともいえる「図書館」と「ライブ」の融合という、私のためのようなイベントに思えたから、この取材の参加には迷わず挙手をした。あるようでなかった新しい試みといえる図書館ライブ、実際にどんな雰囲気だったかをお伝えしたい。

 

このイベントは週末の閉館後の時間を利用した、最小限の音響機材と穏やかで美しい音楽を生み出すミュージシャンによる、 図書館のための図書館らしい演奏会。コンセプトは以下の通りだ。

図書館の音を探して 図書館では無音を維持するのが当たり前のこと。 しかし本当にそうでしょうか。 私たちが本を読むとき、音楽は身近に存在します。 本を読むとき、音楽を聞く人もいます。 これまで図書館で流れるべき音楽を誰も模索しなかったのでしょうか。 今回、初の試みとなるこのイベントは、図書館を満たす音楽を探す実験的演奏会です。

(引用:http://cntr.jp/news/calm/

当たり前だと思っていることを、違った角度から見る。そうするといつもとは違う何かが見えてくるかもしれない。それが図書館とライブというフォーマットの決まった既存のものの組み合わせで、どのような彩りを見せてくれるのか。個人的にわくわくしながら京都府立図書館へ出向いた。

 

 

photo:岡安いつ美

 

 

チケットをもぎってもらうと、背の高い男性から説明を受けた。

「螺旋階段を下ると会場があります。イスの上に本が置いてありますので、そちらをお読みになってお待ちください。」

イスの上に本?なんのことだろう、と考えながら図書館へ足を踏み入れると、いつもの図書館とは少し違うピリッとした空気が流れていた。初めての試みに、職員さんも、スタッフの方々も、みんな緊張しているように見える。そこで、このイベントが新しいチャレンジへの第一歩となる場所であることを思い出した。

 

 

普段ライブをするための会場ではないため、席の配置は変則的だった。京都府立図書館地下の司書さんが座るカウンターを背にステージが、それを半円状に取り囲むように椅子は設置されていた。私は到着時間が遅かったので、後方の席、普段は調べ物や勉強をする人が座る机の前に置かれた椅子に腰をかけた。

 

周りを見渡すと12面体のスピーカーがあちこちに設置されている。ステージが見えにくい場所でも、これなら存分に音楽を楽しめるということを確信した。

 

 

 

 

開始10分前にもかかわらず、用意された席はほぼ満席。半分以上照明の落とされた図書館は、外光とステージを照らす照明で薄暗くなっていた。残り少ない席に到着すると、本が置いてあった。その本は川内倫子の『うたたね』。隣の席には『ちいさな島』という絵本が置いてあって、『よく眠るための科学が教える10の秘密』なんて本を持っている人もいた。普段写真を撮っている私のイスには写真集が置いてあって、胸が高鳴った。

 

 

photo:岡安いつ美

 

 

 

 

そうこうしているうちにイベントがスタート。この日は自然と寄り添いながら、日々のサイクルの微妙な機微を捉える、柳平淳哉と磯部優の2人によるユニット・ironomiがライブを行う。彼らはその場の環境に合わせて音楽を紡ぎ出す。ピアノの音の粒が、ぽつり、ぽつりと図書館内に響き渡った。静寂の中にある音とは、こんなにも一音が重たく感じるのか。ライブハウスでは体感できないような感覚を、まず音から感じた。

 

 

1曲目は“蝶々”、2曲目は“稲穂”、3曲目は“夏の空”をテーマに曲を披露した。ほのかに感じる土臭さには懐かしさを覚える。ただただ美しいだけではない彼らの音楽は、自分の中にある過去の記憶を呼び起こしてくれ、それを図書館という場所が増幅させているようであった。

 

 

 

 

それぞれの椅子の上に置いてあったのは、京都府立図書館の司書さんたちが、ironomiの音楽を聴いて選書したものと、ironomiのメンバーが選書したものだという。4曲目にはironomiのために、司書さんが選書した『お抹茶のすべて』という本からインスピレーションを受けた楽曲を披露。この本から生まれ育った静岡県にあるお茶畑を思い浮かべた曲だという。実際に見たことはないが、葉っぱについた雫や反射する光、青々と広がる葉っぱの風景を頭の中に思い浮かべながら、ただ身を委ねるように音を聞いた。「眠くなるってよく言われる」なんてはにかみながら自分たちの音楽について話していたのだが、彼らの音楽には無条件で身を委ねられる優しさがあるからこそ、そこに気負うことなくダイブできるのだ。それを受け止めてくれる彼らに最大限甘えながら、そこで鳴る音に耳を傾けた。

 

 

 

 

ライブの途中、ふと、手元にある『うたたね』を開いた。そこにはすがすがしいほどの青空が広がっていた。最小限の照明しかない図書館のフロアで、自然のことを思い浮かべながらライブの音を聞いていて、その場にあった本を開くと青空が広がるなんて。その場に鳴る音と本がぴったりとシンクロして鳥肌がたった。自分だけに用意された特別な瞬間がいくつもある音楽イベントなんて、今までにあっただろうか。単に音を体感するだけではない、イベント全体を通した体験が設計されつくされたイベントであることを感じさせられた。

 

 

 

 

ライブ終了後、30分間通常の図書館業務が行われ、館内を好きにめぐることができた。思い思いに本をめくる人、今日の感想を語り合う人。今までにない新しい試みとなったこのイベントに興奮を覚えている人が多かったように思う。図書館なのだけれど、少し色めき立ったあたたかい空気が漂っていた。この日は一貫して“体験”を提供していたイベントであった。この実験的な試みには必要な要素が過不足なく含まれていて、図書館と音楽、その相互作用による新しい価値体験が完璧に作り上げられていた。

 

 

 

 

既存のフォーマットにとらわれない考え方、“当たり前”を違う角度から考えること。新しい価値を創造するときには必要なことで、様々な界隈で必要とされていることだ。慣習や固定概念を捨てることは簡単なことではない。

 

図書館というフォーマットと、ライブというフォーマットを掛け合わせる、そんな水と油のような関係のものが交わる瞬間を、誰が想像しただろうか。ライブハウス界隈に身を置く自分としては、この試みにはとても感動させられた。ライブハウスでは、当然のことながら音楽を聴く・見ることがメインで、それ以外の体験はおまけ程度の存在である。空間やその場所の持つパワーや、場所特有の何かを楽しむことは二の次なのだ。今回のイベントを体験したことにより、ライブハウスに持ち込んで何かできなか、まだどこかにライブができる空間が世界中に潜んでいるのではないか等々、今までに見たことのないものへの欲求が強まったことはいうまでもない。このライブの存在をアンテナでお伝えすることへの義務感のようなものもとても感じさせられた。

 

新しい試みは様々なものを刺激し、さらに新しいものを生み出す可能性を秘めているように思える。このイベントでの挑戦が、「ものの見方を変える」という点で、いろんな場所やシーンに波及することを願ってこの記事をまとめたいと思う。

 

 

 

 

photo:井上 嘉和

(記名のないものすべて)

WRITER

Recent Posts

COLUMN
【2020年12月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年12月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年11月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年11月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年10月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年10月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年9月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年9月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年8月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年8月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年7月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年7月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年6月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年6月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年5月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年5月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年4月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年4月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年3月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年3月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
SPOT
【閉店】ダイニングバー DEN-EN
COLUMN
【2020年2月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年2月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年1月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年1月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
お歳暮企画 | MOVIE OF THE YEAR 2019
REPORT
ボロフェスタ2019 フォトレポートDay3 – 2019.10.27
COLUMN
【2019年12月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年12月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REPORT
ボロフェスタ2019 フォトレポートDay2 – 2019.10.26
REPORT
ボロフェスタ2019 フォトレポートDay1 – 2019.10.25
COLUMN
【2019年11月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年11月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年10月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年09月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
若き奇才たちがつくりあげる“ポップ・ミュージック”の最新形ーーHitotonari『Rinkaku』…
REPORT
【SXSW2019 – まとめ】原点回帰へと向かうSXSW
REPORT
第2回 うたのゆくえ レポートまとめ・フォトレポート
INTERVIEW
今この瞬間、このメンバーだからできるパフォーマンスを。劇団ソノノチ最新公演『つながせのひび』への想い…
ART
INTERVIEW
音楽について書くことを純粋に楽しむ。関西音楽メディア・ki-ftのこれまでとこれから。
COLUMN
アジアのフェスってどんな感じ?実際に行ってみた人に聞いてみた〜中国Concrete and Gras…
REPORT
【和島咲藍の見たボロフェスタ2018 Day2】アイアムアイ / ベランパレード / Polaris…
INTERVIEW
VOGA第15回本公演『直観と情熱』記念 VOGA代表・近藤和見インタビュー
ART
REPORT
【フォトレポート】Klan Aileen at 京都GATTACA 2018.06.30
REPORT
アウトプットへの一歩を踏み出そう!京都写真部第一回フォトウォークレポート
FREE_PAPER
フリーペーパーアンテナ vol.6
FREE_PAPER
フリーペーパーアンテナ vol.4
REPORT
【SXSW2018】フォトグラファーが見たSXSW 2018.03.15 – 03.17
REPORT
【SXSW2018】フォトグラファーが見たSXSW 2018.03.09 – 03.14
REVIEW
【3×3 DISCS】Make Believe – Weezer
REPORT
【SXSW2018】新しいPeelander-Zを見た
INTERVIEW
下ネタを、人間ドラマで見せる!?旗揚げ約20年のニットキャップシアターが送る最新コント公演『That…
ART
INTERVIEW
【shrine.jp20周年記念特別インタビュー】今もなお新たな挑戦を続ける糸魚健一の20年に迫る
REPORT
【岡安いつ美が見たボロフェスタ2017 / Day1】台風クラブ / 愛はズボーン / ひとりバレー…
INTERVIEW
竹上久美子の「これまで」と「これから」
REPORT
Color of Yellow:イベントレポート
INTERVIEW
「バンドを辞める人を1人でも減らしたい」–そんな想いから生まれた“【座談会】働きながら音…
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -岡安いつ美 ③写真編-
INTERVIEW
【私たちがアンテナをやる理由】編集長・堤編
REPORT
【SXSW2017】Daily – 2017.03.15
REPORT
【SXSW2017】Daily – 2017.03.14
REPORT
【SXSW2017】Daily – 2017.03.13
REPORT
【SXSW2017】Daily – 2017.03.12
REPORT
【SXSW2017】vol.2 – SXSW2017 The 2017 Grulke P…
REPORT
【SXSW2017】vol.1 – SXSWとは?
REPORT
Owen Pallett JAPAN TOUR 2017@CLUB METRO 2017.04.26
INTERVIEW
THEロック大臣ズ解散。Vo.たなかけんすけ単独インタビュー
REPORT
【SXSW2017】Daily – 2017.03.18
REPORT
【SXSW2017】Daily – 2017.03.17
REPORT
【SXSW2017】Daily – 2017.03.16
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -岡安いつ美 ②SXSW-
REPORT
Indie Label Showcase vol.1レポート – レーベルを立ち上げる …
REPORT
“今”のトクマルシューゴを体感せよ。ートクマルシューゴ LIVE TOUR2016-2017 @ 磔…
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -岡安いつ美 ①Peelander yellow-
REPORT
LOSTAGE presents 生活2016【Day2】@ スペースU古河 2016.10.23
REPORT
LOSTAGE presents 生活2016【Day1】 @ スペースU古河 2016.10.22
INTERVIEW
ボロフェスタ15周年記念特集・『ボロフェスタってなんなんだ?』 – 杉浦真佐子編 –
INTERVIEW
ボロフェスタ15周年記念特集・『ボロフェスタってなんなんだ?』 – ときめき☆ジャンボジ…
INTERVIEW
ボロフェスタ15周年記念特集・『ボロフェスタってなんなんだ?』 – クリトリック・リス編…
COLUMN
【映画のすゝめ】第5回:ワールズ・エンド 酔っ払いが世界を救う!
REPORT
青葉市子&SKIP SKIP BEN BEN east asia tour in 小豆島・島フェス …
INTERVIEW
『ウサギバニーボーイさん』リリース記念特別インタビュー
INTERVIEW
第6回スキマアワー開催記念 キツネの嫁入り・マドナシインタビュー
FREE_PAPER
フリーペーパーアンテナ vol.5
COLUMN
映画のすゝめ 第4回
REPORT
Rainbow’s End 2016 @円山公園音楽堂 2016.05.22
REPORT
Magical Colors Nightで見た、地方インディシーンの可能性
COLUMN
【映画のすゝめ】第3回
REPORT
FOREST @ 京都GROWLY 2016.02.25
COLUMN
【映画のすゝめ】第2回
SPOT
JET SET
SPOT
100000tアローントコ
COLUMN
【映画のすゝめ】第1回
INTERVIEW
【きょう、つくる人】第2回:grasspool・小西弘恵
INTERVIEW
【きょう、つくる人】第1回:花背WARA・藤井桃子
INTERVIEW
the coopeez 3rdアルバム『rucksack』発売記念、全曲解説インタビュー 後編
INTERVIEW
the coopeez 3rdアルバム『rucksack』発売記念、全曲解説インタビュー 前編
FREE_PAPER
フリーペーパーアンテナ vol.3
INTERVIEW
なぜ今台湾なのか?月見ル君想フ台北店オープンについて迫る
INTERVIEW
「人が動くアプリ」OTONOTO ーーわたしたちと音楽の新たな関わりかたを提示してくれたOTONOT…
REPORT
The Octopus Project Japan Tour -Kyoto- ライブレポート
REPORT
広島オルタナティブツアー御一行様ご来店~え?埼玉からも!?~ @ 京都GROWLY 2014.10.…
REPORT
ザ・シックスブリッツワンマン『BACK TO TAVERN』@ KYOTO MUSE ライブレポート
INTERVIEW
Peelander-Zの新メンバー・伊藤顕央とは一体何者なのか?
REPORT
sukida dramas @ 京都GROWLY ライブレポート
REPORT
LIVE KILAUEA 2014 -day.3-@CLUB METRO ライブレポート
REPORT
LIVE KILAUEA 2014 -day.2-@京都GROWLY 2014.08.09
REPORT
LIVE KILAUEA 2014 -day.1-@京都GROWLY ライブレポート
FREE_PAPER
フリーペーパーアンテナ vol.2
FREE_PAPER
フリーペーパーアンテナ vol.1

LATEST POSTS

INTERVIEW
ただ“おもろい”と思うことをやっていたら、いろんな「無い!!」に気づいた〈トマソンスタジオ〉インタビュー

REVIEW
CIFIKA – HANA

INTERVIEW
どうやって作られているか知るために現場を開く。建築集団「々」野崎将太 インタビュー

INTERVIEW
みんなの劇場が無い‼ 誰もが自分の言葉で語れるきっかけをくれる場所〈THEATRE E9 KYOTO〉あごうさとしインタビュー

特集『文化の床』の企画「#無い!!」では、満たされているはずの都市や生活の中で「なにかが無い」ことに…

ART
COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 後編:ジャンルを融合させるパキスタンアーティストたち

「台湾のシーンが熱い」と透明雑誌が日本のインディーシーンを騒がせて、早くも10年近くになるだろうか。…