NEWS

のせでんアートライン2017 里山の学校芸術祭、いよいよ7月22日より開催!

 

兵庫県と大阪府をまたいで走る能勢電鉄が、沿線地域を舞台にして2013年から開催している芸術祭、のせでんアートライン。その第三回となる「のせでんアートライン2017 里山の学校芸術祭」が、ついに明日7月22日土曜日より開幕されます。

 

 

能勢電沿線地域である川西市、猪名川町、豊能町、能勢町には、都市近郊部ながら、昔ながらの原風景が広がっています。今回ののせでんアートラインでは、この豊かな原風景を作る里山の魅力をアートを通して楽しく学ぶことができるたくさんのアーティストや団体によるさまざまなワークショップが用意されています。

 

 

 

ワークショップは7月22日から8月27日まで、開催地を移動しながら行われます。そしてイベント終了後の10月28日から11月5日まで、収穫祭と称してこれまで行われたワークショップの展示が行われる予定です。

 

 

各ワークショップに参加するためには、WEBサイトからの事前予約が必要です。電話等でのご予約はできないのでご注意ください。お申し込みは、各ワークショップの開催初日の前日朝10時まで(土日の二日間開催の場合、初日である土曜日の前日、金曜日の朝10時が締切)となっておりますのでお早めに。

 

 

詳しくはのせでんアートライン2017 里山の学校芸術祭公式サイトをご覧ください。

 

 

 

のせでんアートライン2017 里山の学校芸術祭

http://www.noseden-artline.com/2017/

 

●夏のアーティストワークショップ/ ローカルワークショップ・イベント

 

日程:7/22(土)から8/27(日)

川西能勢口エリア 7/22・23(川西市)

黒川+吉川エリア 7/29・30 (川西市・豊能町)

地黄+野間エリア 8/5・6 (能勢町)

大島エリア 8/19・20 (猪名川町)

妙見エリア 8/26・27(能勢妙見山)

※開催場所と時間、参加費については、各ワークショップの詳細ページをご覧ください。ご予約もそちらから行えます。

 

参加アーティスト :

堀尾貞治+現場芸術集団「空気」、伊藤存、ヴィヴィアン佐藤、澤田知子、コンタクトゴンゾ、大西伸明、淀川テクニック、笹岡由梨子、ニシジマ・アツシ+村井啓哲、武田俊彦、村川拓也、小林泰三、ズガ・コーサクとクリ・エイト、日下慶太(エンバーン)、柴田剛、佐伯真有美( あふりらんぽ、オニ)、グレゴリー・サリバン、前田文化、友井隆之…and more

 

主催:のせでんアートライン妙見の森実行委員会

 

共催:阪急阪神ホールディングス株式会社

 

 

WRITER

Recent Posts

SPOT
STUDIO MONAKA
REPORT
【SXSW2018】CHAI、DYGL、Superorganismから考える、世界と日本の音楽シーン
REPORT
【SXSW2018】SXSWが開催されるオースティンってどんな街?
REPORT
【SXSW2018】未成年でもSXSWは満喫できるのか!?
INTERVIEW
只本屋・アンテナ対談。 “3つの場所” をテーマに、フリーペーパーの価値を考…
REPORT
編み物の魅力は「人とのつながり」?——映画『YARN 人生を彩る糸』レポート
REPORT
【安尾日向が見たボロフェスタ2017 / Day3】ストロベリーパンティース / yahyel / …
REPORT
【安尾日向の見たボロフェスタ2017 / Day2】CARD / キュウソネコカミ / Alfred…
REPORT
【安尾日向の見たボロフェスタ2017 / Day1】台風クラブ / MOROHA / テンテンコ /…
REPORT
誰でもウェルカムな最高の夜—Turntable Films presents 「Welcome」vo…
INTERVIEW
HOLIDAY! RECORDS、この夏の新デザインTシャツ完成!ボツ案含めて全部見せますインタビュ…

LATEST POSTS

INTERVIEW
ただ“おもろい”と思うことをやっていたら、いろんな「無い!!」に気づいた〈トマソンスタジオ〉インタビュー

REVIEW
CIFIKA – HANA

INTERVIEW
どうやって作られているか知るために現場を開く。建築集団「々」野崎将太 インタビュー

INTERVIEW
みんなの劇場が無い‼ 誰もが自分の言葉で語れるきっかけをくれる場所〈THEATRE E9 KYOTO〉あごうさとしインタビュー

特集『文化の床』の企画「#無い!!」では、満たされているはずの都市や生活の中で「なにかが無い」ことに…

ART
COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 後編:ジャンルを融合させるパキスタンアーティストたち

「台湾のシーンが熱い」と透明雑誌が日本のインディーシーンを騒がせて、早くも10年近くになるだろうか。…