COLUMN

【俺とマンガとお前と俺と】第5回:ネームはマンガの設計図 その1

BOOKS 2015.10.16 Written By 石川 俊樹

アンテナ読者の皆さんご無沙汰しております、名古屋造形大学マンガコースの石川です。前回は「マンガ描きは神にも等しい」などとついつい吹き上がってしまいましたが、時はすでに秋、自分の頭もクールダウンしたところで今回は自分のマンガを晒しつつ (笑) 堅実に進めていきたいと思います。題して……。

マンガ好きの皆さんはすでに御存知かもしれませんが、一般的にマンガ制作のプロセスはアイデア→プロット→ネーム→原稿下描き→ペン入れ→仕上げという流れがあり、今まで当コラムでは主に理論的なとこからアイデア出しの部分を語ってきました。そこまで来たらプロットを元にネームを描いて行くのですが、実は全工程で最も重要なのがこの「ネーム」なんですね。

 

ネームとは何か?簡単に言うと「プロット」がアイデアやストーリーやキャラクターのメモ書きだとすると、「ネーム」とはマンガの設計図であり、コマ割りから構図、セリフ、キャラクターの表情までほぼ原稿と同じ状態で決定していく作業です。編集者との打ち合わせにおいても、この「ネーム」をもとにあーだこーだと話し合い、ネームがOKとなると (「ネームが通る」と言います) ほぼ確実に掲載が決まります。ただし、新人の場合はネームが担当編集者を通っても掲載会議でボツになる事もままありますが、いずれにしても編集者はこのネームの出来によって完成原稿を掲載するかどうか判断しているのは間違いないところでしょう。

ではここで10年くらい前の拙作「バーチャルレスキュー・マーク7」をサンプルに、ネームと原稿の違いを見てみましょう。あ、そうだ!簡単にストーリーを紹介しますと、セクハラ気味の天才科学者が作ったバーチャルリアリティ装置にお気に入りの女子社員を巻き込み、あの手この手で口説くという……くだらない事この上ない (笑) シンプルな16P読み切りマンガです。

バーチャルレスキュー」完成原稿1P目
「バーチャルレスキュー」ネーム1P目

上の画像が完成原稿、下がネームでどちらも同じ1P目 (表紙) です。表紙からいきなりコマ割ってストーリー始まってるのは16Pというボリュームだし、わざわざ表紙絵つけるほどでもないアレな話なんで (笑) さっさと始めた方がいいかな、という判断です。較べていただいていかがでしょうか?ほとんど同じですね。違いは1コマ目の建物と女の子の髪型くらいです。自分のネームはかなり描き込む方なんですが、1コマ目はネームでは適当に描いた研究所の建物を原稿では一応資料見て描き直しています。あと女の子はネームの段階では髪型含めなんとなく野暮ったかったので、原稿下描きの段階でキャラデザインし直しました。後は基本的にネームの通りセリフ、コマ割り、構図を変えずに描いています。設計図ですからね。

「バーチャルレスキュー」完成原稿9P目
「バーチャルレスキュー」ネーム9P目

では細かい変更点とは他にどんなのがあるか、9P目を比較してみましょう。まず1コマ目、「すっごくおいしい!」と言いながら下のネームでは鍋の中身が見えず、これではダメですね。ゆえに上の原稿では雑炊とわかる絵に変更しています。次に6コマ目、下のネームでは左寄りのコマが縦に人物のアップが続いて少々気になるのと、本棚の大きさを強調するために上の原稿では人物に対するカメラを引いてメリハリをつけています。大学における学生へのネーム指導ではストーリー全体の事だけではなく、このようなシーンごとの細かい見せ方や演出効果についても細かく直していくのが通常です。

 

さて、ここまで見てきた皆さんは「ネームさえ出来ればマンガは7割出来たようなもんなんだな」と思われているかもしれません。それは正しいのですが、言い換えさせてもらうと「ネームさえ通ればマンガは7割出来たようなもんだ」がより正確な表現で、まあ実際一度ではそう簡単にネームは通らないわけです。3~5回直しが入るのは普通で、直しが入れば入るほど、作者が当初考えてたストーリーとは違ったものになって行きます。逆に直しが少ないネームほど当初の完成度が高いという事になるでしょう。この「バーチャルレスキュー・マーク7」という作品も何度もの紆余曲折を経たわけですが、ここでネーム第1稿の1P目 (表紙) を見てみましょう。

「ドリームマスター」ネーム1P目

タイトルからして違う!これ、ストーリーも全然違うんですよね……表紙もなんとなく説明的だし勢いも感じられない。でもこれはこれで今でも嫌いじゃないw!…… (マンガ描きって自分好きだから……) 。今回アンテナ編集部の粋なはからいでマンガ本編とこの第1稿ネーム全ページを冒頭に掲載していただいたので、比較していただくと、どのアイデアを捨ててどこを膨らませたかわかっていただけると思います。その辺りは続編「ネームはマンガの設計図 その2」で細かくお話していきましょう!

さて、今回のレクチャーのポイントです。

ネームは通ればコッチのもん (通らない) !

次回はさらに細かく「コマ割り」を見ていきまっしょい!

WRITER

RECENT POST

COLUMN
【漫画で読み解くストーリー:第八話】 『エアマスター』に見る決めゼリフの哲学
COLUMN
【カルト映画研究会:第七回】デュエリスト/決闘者(The Duellists)
COLUMN
【漫画で読み解くストーリー:第七話】『夢中さ、きみに。』に見る同人誌マンガの可能性
COLUMN
【カルト映画研究会:第六回】ベニスに死す(Death in Venice)
COLUMN
【漫画で読み解くストーリー:第六話】『坂道のアポロン』に見るすれ違いの美学
COLUMN
【カルト映画研究会:第五回】断絶(Two-Lane Blacktop)
COLUMN
【漫画で読み解くストーリー:第五話】『チェンソーマン』に見る読者との現代性の共有
COLUMN
【カルト映画研究会:第四回】エクス・マキナ(Ex Machina)
COLUMN
【漫画で読み解くストーリー:第四話】『筆とあいつがいればいい。』に見る新人作家の育て方
COLUMN
【カルト映画研究会:第三回】ライフ・アクアティック(The Life Aquatic with St…
COLUMN
【漫画で読み解くストーリー:第三話】『AKIRA』に見るディテールの描き方
COLUMN
【カルト映画研究会:第二回】ドニー・ダーコ(Donnie Darko)
COLUMN
【漫画で読み解くストーリー:第二話】『のだめカンタービレ』に見る才能の描き方
COLUMN
【カルト映画研究会:第一回】2001年宇宙の旅(2001: A Space Odyssey)
COLUMN
【漫画で読み解くストーリー:第一話】『鋼の錬金術師』に見るファンタジーのリアリティ
COLUMN
『ブレードランナー』解析講座:過去からの影響と、未来への影響を8本の映画から探る – 後…
COLUMN
『ブレードランナー』解析講座:過去からの影響と、未来への影響を8本の映画から探る – 中…
COLUMN
『ブレードランナー』解析講座:過去からの影響と、未来への影響を8本の映画から探る – 前…
COLUMN
【俺とマンガとお前と俺と】最終回:モチベーションは遠く、深く!
COLUMN
【俺とマンガとお前と俺と】第11回:井の中から大海に出でよ!
COLUMN
【俺とマンガとお前と俺と】第10回:編集者は敵か?味方か?
COLUMN
【俺とマンガとお前と俺と】第9回:話の意図は構成で決めろ!
COLUMN
【俺とマンガとお前と俺と】第8回:コマで読ませろ!メリとハリ!
COLUMN
【俺とマンガとお前と俺と】第7回:ネームはマンガの設計図 その3
COLUMN
【俺とマンガとお前と俺と】第6回:ネームはマンガの設計図 その2
COLUMN
【俺とマンガとお前と俺と】第4回:マンガを描くなら神となれ!
COLUMN
【俺とマンガとお前と俺と】第3回:キャラが歩けばストーリーが始まる!
COLUMN
【俺とマンガとお前と俺と】第2回:最後の個人芸、マンガ!
COLUMN
【俺とマンガとお前と俺と】第1回:俺のマンガ道

LATEST POSTS

INTERVIEW
ただ“おもろい”と思うことをやっていたら、いろんな「無い!!」に気づいた〈トマソンスタジオ〉インタビュー

特集『言葉の力』の企画として本記事では、自らの思想をどのようにして言葉に乗せ発信してきたのかを探る。…

REVIEW
ザ・ディランⅡ

きのうの思い出に別れをつげるんだもの(1972年)

INTERVIEW
どうやって作られているか知るために現場を開く。建築集団「々」野崎将太 インタビュー

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 後編:ジャンルを融合させるパキスタンアーティストたち

「台湾のシーンが熱い」と透明雑誌が日本のインディーシーンを騒がせて、早くも10年近くになるだろうか。…

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 前編:パキスタンの「文化の床」Coke Studio Pakistan

パキスタンの音楽的背景と、その再興に挑み続けるテレビ番組 CokeStudioについて。