REPORT

【ナノボロフェスタ2015 / DAY1 】カトキット / Spacetime And Streams / ゆーきゃん

カトキット

京都の「毒」POPアイコン、カトキットから今年のナノボロフェスタはスタート!とびきりキュートだけど全てを鼻で嗤いながら逃げて行くような、そんなイメージのVo.あっけ。人を食ったような飄々としたかわいらしさは健在!最新の音源“雨ニモマケル”からぶっ飛ばしていく。ステージ中も客をひたすらに煽り続け、フロアにキットカットをぶちまけまくり、しまいにはもぐらさんに煽り返される…。何この空気感。あれ?わたしあっけちゃんと知り合いだったっけ?とか思っちゃうぐらい、フロアのテンションがぐんぐん彼らのテンションに巻き込まれていってしまう。

 

MCで「今日はステージの上だけが主役じゃないし、トリのバンドが主役ってわけでもない。ここにいるみんなが主役だから。」と言っていたように、ナノボロだからこそできる完璧なまでの身内感(めちゃくちゃ良い意味で!)がある、フラットなライブを見せてくれた。最後はしっとりと歌いだす“快感音楽”。この世界中で「フェス」が催されている理由、そこに人が集まる意味、その終着点のひとつとしてこの「フラット感」はとても大切な要素だと思う。ナノボロ一発目にして、行く所まで辿り着かされた感あるよ。

Spacetime And Streams

ど真ん中のカッコよさほどバランスの難しいものはない。殴っても壊れないような骨太ロックンロールを、むせ返るインディー臭に包まれたこの土地で、いったいどんな顔して聴けば良いんだろう。”Illusions”の最初の一撃でそんな不安は吹っ飛んだ。Vo.Gt.Key ウダヤのスタジアム感溢れる歌声、そこにBa.Masashiの6弦ベースが繰り出す重低音も相まって、とんでもない質量である。2014年半ばの大幅な方向転換を経て、新体制での活動を開始してから一年足らずで京都GROWLYのワンマン公演はソールドアウト。YouTUBEでは”Fuc U Jude”のMVが公開から3ヶ月で10万回再生を記録するなど、国内外ひっくるめたロックの注目株として話題を呼んでいる。グランジファンにはたまらないメロディーラインに乗っかり、時に咆哮のように遠鳴りし、はたまたある時は独り言のように足元に転がり落ちるウダヤの歌でなければこのバンドの曲はまとまらないだろう。スケールを拡げて拡げてさらに拡げた上で、一瞬チラッと見える内省的な表情がSpacetime and Streamsの罠であり抗えない魅力なのだ。イベント序盤にしてクライマックスの盛り上がりを見せたステージだった。

ゆーきゃん <昼の部>

ナノのステージで激しいアクトが続く中、マドラグステージのトップバッター、ボロフェスタの主催者の一人でもありSSWでもあるゆーきゃんが静かに短い挨拶をして始まった。昼の部と銘打っているのもあってか、夏らしい日差しが柔らかく差すような曲”サイダー”を淡々と歌い上げた。 ゆーきゃんは踏み込みすぎないように気を遣う繊細さや優しさがあるのに、どことなく作業を進めるように歌っている。彼の歌を聞いていると思考がすっと晴れやかになるように、夏の情景を具体的に表現できるのだ。 「夜の部は別に、来なくても……別の曲が聴きたいなあという人も それはそれでお迎えしますので」と 真面目な顔で言うと、昼の部最後の曲”最後の朝顔”を演奏。何もしないような心地よさ、穏やかで静かなアクトだった。

ナノボロフェスタ2015特集

 

ナノボロフェスタ2015 DAY.1

カトキット / Spacetime And Streams / ゆーきゃん

https://stg.antenna-mag.com/column/nanoboro2015_day1-1/

 

ナノボロフェスタ2015 DAY.1

Baa Baa Blacksheeps / ONIGAWARA / 岡崎体育

https://stg.antenna-mag.com/column/nanoboro2015_day1-2/

 

ナノボロフェスタ2015 DAY.1

渚のベートーベンズ / ナードマグネット / Seuss / ゆーきゃん

https://stg.antenna-mag.com/column/nanoboro2015_day1-3/

 

ナノボロフェスタ2015 DAY.1

花泥棒 / my letter / never young beach

https://stg.antenna-mag.com/column/nanoboro2015_day1-4/

 

ナノボロフェスタ2015 DAY.2 前編

THEロック大臣ズ / 私の思い出 / 山本隆弘(KBSホール) / she said / T.V.not January / 中村佳穂 / THE FULL TEENZ / おとぼけビ〜バ〜

https://stg.antenna-mag.com/column/nanoboro2015_day2-1/

 

ナノボロフェスタ2015 DAY.2 後編

せのしすたぁ / ムーズムズ / メシアと人人 / 長谷川健一 / Have a Nice Day! / Homecomings

https://stg.antenna-mag.com/column/nanoboro2015_day2-2/

WRITER

RECENT POST

REVIEW
Easycome – Easycome
REVIEW
pont – ぽ
REVIEW
【3×3 DISCS】Curtis Mayfield – Something to Be…
REVIEW
【3×3 DISCS】Bill LaBounty – Bill LaBounty
REVIEW
【3×3 DISCS】Norman Connors – Take It to the L…
REVIEW
【3×3 DISCS】Leroy Hutson – Closer to the Source
REVIEW
【3×3 DISCS】Zac Apollo – Loveset
REVIEW
【3×3 DISCS】シュガー・ベイブ – SONGS
REVIEW
【3×3 DISCS】Ginger Root – Mahjong Room
REVIEW
【3×3 DISCS】大貫妙子 – MIGNONNE
COLUMN
【SXSW2020私ならこれを見る:下飼 凌太】THE TOMBOYS:多様な音楽を飲み込んだ四人組…
COLUMN
【SXSW2020私ならこれを見る:小川 あかね】Alice Longyu gao:セーラームーンか…
COLUMN
【SXSW2020私ならこれを見る:キドウシンペイ】Emma Jean Thackray:UKジャズ…
COLUMN
【SXSW2020私ならこれを見る:高田 和行】Shygirl:UKでも最もホットなスポットとされて…
COLUMN
【SXSW2020私ならこれを見る:今岡 陽菜】Pom Poko:ノルウェー出身、北欧のジャズ名門校…
COLUMN
【まとめ】編集部員が選ぶ2019年ベスト記事
REVIEW
jizue – Book shelf
REVIEW
Any Luck To You – ベランダ
REVIEW
中村佳穂 – リピー塔がたつ
REVIEW
DENIMS − DENIMS
REVIEW
Creepy Nuts – たりないふたり
REVIEW
Soft Laws – Easy Yoke
REVIEW
ナードマグネット – 透明になったあなたへ
REPORT
『言志の学校』第一回レポート – 作ったからには読んで欲しい!読み手に届くフリーペーパー…
REPORT
映画『明日にかける橋 1989年の想い出』舞台挨拶レポート
REVIEW
King of Gold / Amia Calva
COLUMN
「働きながら音楽活動をする」トークイベント② -小川保幸(DEEPSLAUTER)-
REPORT
「働きながら音楽活動をする」トークイベント① -上杉隆史(Endzweck)-
INTERVIEW
音楽レーベル 「セイカレコード」の活動を追う vol.1 対談レポート -京都のいち芸術大学がレーベ…
INTERVIEW
「MVは誰のもの?」インストバンドsowの企画、”1song,2videos”…
REPORT
コンクリートバー 15周年祭 @KYOTO MUSE 2016.11.11
REPORT
【稲本百合香の見たボロフェスタ2016 / Day2】生ハムと焼うどん / 愛はズボーン / man…
REPORT
【則松弘二の見たボロフェスタ2016 / Day2】ミノウラヒロキマジックショー / POLYSIC…
REPORT
【稲本百合香の見たボロフェスタ2016 / Day1】never young beach / 空きっ…
REPORT
【則松弘二の見たボロフェスタ2016 / Day1】And Summer Club / 岡崎体育 …
REPORT
【則松弘二の見たボロフェスタ2016 / 前夜祭】はちみつぱい / cero / Homecomin…
REPORT
color chord × ベランダ × Amia Calva『時計じかけのオレたち』ツアー @Ur…
REPORT
これからミュージックFESTA 2016 @ Live House nano 16.06.26
REPORT
【ボロフェスタ2015 Day2 / 1st stage】OGRE YOU ASSHOLE / フラ…
REPORT
【ボロフェスタ2015 Day2 / 1st stage】キュウソネコカミ / 清竜人25 / I …
REPORT
【ボロフェスタ2015 Day2 / 2nd stage】Amia Calva / NATURE D…
REPORT
【ボロフェスタ2015 Day2 / 2nd stage】BiSH / メシアと人人 / 夜の本気ダ…
REPORT
【ボロフェスタ2015 Day2 / Beelow stage】ボギー / 中村佳穂 / ONIGA…
REPORT
【ボロフェスタ2015 Day2 / Underground stage】eastern youth…
REPORT
【ボロフェスタ2015 Day2 / Underground stage】NOT WONK / FL…
REPORT
【ボロフェスタ2015 Day2 / Underground stage】THE FULL TEEN…
REPORT
【ボロフェスタ2015 / 夜露死苦】@ Club Metro
REPORT
【ボロフェスタ2015 Day1 / 1st stage】パスピエ / フレデリック / 在日ファン…
REPORT
【ボロフェスタ2015Day1 / 1st stage】Homecomings / Brian th…
REPORT
【ボロフェスタ2015 Day1 / 2nd stage】ミライスカート / 黒猫チェルシー / ト…
REPORT
【ボロフェスタ2015 Day1 / 2nd stage】neco眠る / Baa Baa Blac…
REPORT
【ボロフェスタ2015 / Beelow stage】DOTAMA / ミノウラヒロキマジックショー…
REPORT
【ボロフェスタ2015 Day1 / Underground stage】Pygtant!! / S…
REPORT
【ボロフェスタ2015 Day1 / Underground stage】ヤングパーソンクラブ / …
REPORT
【ボロフェスタ2015 Day1 / Underground stage】Seuss / Noise…
REPORT
【ボロフェスタ2015 / 前夜祭】Nabowa / ゆるめるモ! / 渋さ知らズオーケストラ
REPORT
【ナノボロフェスタ2015 / DAY2】後編
REPORT
【ナノボロフェスタ2015 / DAY2】前編
REPORT
【ナノボロフェスタ2015 / DAY1】花泥棒 / my letter / never young…
REPORT
【ナノボロフェスタ2015 / DAY1】渚のベートーベンズ / ナードマグネット / Seuss …
REPORT
【ナノボロフェスタ2015 / DAY1 】Baa Baa Blacksheeps / ONIGAW…
REPORT
ボロフェスタ2014 day2-10m stage編-
REPORT
ボロフェスタ2014 day2-9m stage編-
REPORT
ボロフェスタ2014 day2-Underground Stage,Bee-low stage編-
REPORT
ボロフェスタ2014 夜露死苦 @ CLUB METRO
REPORT
ボロフェスタ2014 day1-10m stage編-
REPORT
ボロフェスタ2014 day.1-9m stage,Center stage編- @KBSホール 2…
REPORT
ボロフェスタ2014 day1-Underground Stage,Bee-low Stage編-
REPORT
ボロフェスタ2014 大前夜祭-9m stage編- ライブレポート
REPORT
ボロフェスタ2014 大前夜祭-Underground Stage,Bee-low stage編- …
REPORT
ボロフェスタ2014 大前夜祭-10m stage編- ライブレポート
REPORT
マドナシ(キツネの嫁入り)@ 京都GROWLY
REPORT
Amia Calva @ 京都GROWLY ライブレポート
REPORT
wave of mutilation(波)@ 京都GROWLY ライブレポート

LATEST POSTS

INTERVIEW
ただ“おもろい”と思うことをやっていたら、いろんな「無い!!」に気づいた〈トマソンスタジオ〉インタビュー

特集『言葉の力』の企画として本記事では、自らの思想をどのようにして言葉に乗せ発信してきたのかを探る。…

REVIEW
ザ・ディランⅡ

きのうの思い出に別れをつげるんだもの(1972年)

INTERVIEW
どうやって作られているか知るために現場を開く。建築集団「々」野崎将太 インタビュー

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 後編:ジャンルを融合させるパキスタンアーティストたち

「台湾のシーンが熱い」と透明雑誌が日本のインディーシーンを騒がせて、早くも10年近くになるだろうか。…

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 前編:パキスタンの「文化の床」Coke Studio Pakistan

パキスタンの音楽的背景と、その再興に挑み続けるテレビ番組 CokeStudioについて。