COLUMN

堤日本へ帰る Day15

TRAVEL 2015.07.15 Written By 堤 大樹

最終日はのんびり起きる。と言ってもチェックアウトが10時なのでそれまでには出発せねばならない。時間ギリギリにチェックアウトをすませる。荷物は置いておいてよいとのことなのでありがたく置かせていただいて手ぶらで宿を出る。もうすでにじんわりと暑いくらいの気温になっていた。昨日はあまり通らなかった道を通り2時間ほどかけて島を一周する。途中大きなスーパーを発見。チーズのブロックが安い。200gで2ユーロ、買って帰ってカルボナーラでも作りたいところだ。あとパスタの種類がめちゃくちゃ豊富で、その上安い。僕は日本でもバリラというイタリアのパスタを使っているのだけど、約半額の0.5ユーロだった。あととりあえずとてつもなく美味しくなさそうなジュースを買って飲んだがやっぱり美味しくなかった。

傾いてる
フリーで入れた
ぱっと見スーパーだと気が付かなかった
案の定まずい、とにかく甘い

フライトは19時予定だが、免税の手続きや諸々を考えると15時くらいには空港に着きたかった。なので14時には荷物を拾って宿を出る。そこからはまた行きと同じようにバスに乗り空港へ向かいたい。まだ少し時間があるので最後のランチを食べに昨日行ったAL VECIO POZZOへ行く。食べたかったシーフードパスタは2人前からで頼めなかったが、代わりにエビのパスタを頼んだ。これもまた絶品だったことは言うまでもない。

謎野菜が入っていて、ちょっと苦くて美味しい
クラッカーとパンが付いてくる

宿に戻り荷物を回収、そのままバス乗り場へ向かう。バス乗り場まで近くて本当にありがたい。バックパックを背負って歩いているとかなり汗をかく。季節的には最悪だろう。いまいち空港行きのバスがどこに来るかわからなかったが、タイミングよく”AEROPORTE”と書かれたバスが来てくれたおかげで助かった。昨日と同じように8ユーロ払いチケットを購入して乗り込む。乗客が多く、立ちになってしまった。昨日のバスは直結だったが、今日のバスは各駅停車をするようで住民らしき人が順に降りていく。

 

マルコポーロ空港へ到着。降りた時は気が付かなかったがかなり小さい。そのくせ発着数はかなり多いようで、人がごった返していた。掲示板を見るとまだ受け付けを開始していなかったので、歯を磨いたりTシャツを着替えて過ごす。そして税関に靴のレシートを渡して判子をもらった。この時現物がないとだめなのでフライトのチェックインを先にすませる人は気を付けた方がよい。また今回はスペインで買ったものの手続きになるが、手続きをするのはユーロの最終脱出国でよいようだ。

 

このあとは通常通りフライトのチェックインをすませ、次にゲートの中にある免税所で免税手続きを済ませる。2週間くらいで返金されるとのこと。これですべてのミッションは済ませられた。かなりホッとする。あとはフライトまで待つのみだ。帰りはトルコ航空で帰る予定だ。ヴェニスからイスタンブールまで2時間、乗り換えてイスタンブールから関空まで10時間の旅となる。この間にアーサー・C・クラークの”2001年宇宙の旅”を読了。キューブリックの映画版と合わせてSF作品の金字塔的作品で、あまりに有名すぎるので感想を書くのすら躊躇われる。が、かなり面白かった。

 

宿に戻り荷物を回収、そのままバス乗り場へ向かう。バス乗り場まで近くて本当にありがたい。バックパックを背負って歩いているとかなり汗をかく。季節的には最悪だろう。いまいち空港行きのバスがどこに来るかわからなかったが、タイミングよく”AEROPORTE”と書かれたバスが来てくれたおかげで助かった。昨日と同じように8ユーロ払いチケットを購入して乗り込む。乗客が多く、立ちになってしまった。昨日のバスは直結だったが、今日のバスは各駅停車をするようで住民らしき人が順に降りていく。

 

マルコポーロ空港へ到着。降りた時は気が付かなかったがかなり小さい。そのくせ発着数はかなり多いようで、人がごった返していた。掲示板を見るとまだ受け付けを開始していなかったので、歯を磨いたりTシャツを着替えて過ごす。そして税関に靴のレシートを渡して判子をもらった。この時現物がないとだめなのでフライトのチェックインを先にすませる人は気を付けた方がよい。また今回はスペインで買ったものの手続きになるが、手続きをするのはユーロの最終脱出国でよいようだ。

 

このあとは通常通りフライトのチェックインをすませ、次にゲートの中にある免税所で免税手続きを済ませる。2週間くらいで返金されるとのこと。これですべてのミッションは済ませられた。かなりホッとする。あとはフライトまで待つのみだ。帰りはトルコ航空で帰る予定だ。ヴェニスからイスタンブールまで2時間、乗り換えてイスタンブールから関空まで10時間の旅となる。この間にアーサー・C・クラークの”2001年宇宙の旅”を読了。キューブリックの映画版と合わせてSF作品の金字塔的作品で、あまりに有名すぎるので感想を書くのすら躊躇われる。が、かなり面白かった。

宿に戻り荷物を回収、そのままバス乗り場へ向かう。バス乗り場まで近くて本当にありがたい。バックパックを背負って歩いているとかなり汗をかく。季節的には最悪だろう。いまいち空港行きのバスがどこに来るかわからなかったが、タイミングよく”AEROPORTE”と書かれたバスが来てくれたおかげで助かった。昨日と同じように8ユーロ払いチケットを購入して乗り込む。乗客が多く、立ちになってしまった。昨日のバスは直結だったが、今日のバスは各駅停車をするようで住民らしき人が順に降りていく。

 

マルコポーロ空港へ到着。降りた時は気が付かなかったがかなり小さい。そのくせ発着数はかなり多いようで、人がごった返していた。掲示板を見るとまだ受け付けを開始していなかったので、歯を磨いたりTシャツを着替えて過ごす。そして税関に靴のレシートを渡して判子をもらった。この時現物がないとだめなのでフライトのチェックインを先にすませる人は気を付けた方がよい。また今回はスペインで買ったものの手続きになるが、手続きをするのはユーロの最終脱出国でよいようだ。

 

このあとは通常通りフライトのチェックインをすませ、次にゲートの中にある免税所で免税手続きを済ませる。2週間くらいで返金されるとのこと。これですべてのミッションは済ませられた。かなりホッとする。あとはフライトまで待つのみだ。帰りはトルコ航空で帰る予定だ。ヴェニスからイスタンブールまで2時間、乗り換えてイスタンブールから関空まで10時間の旅となる。この間にアーサー・C・クラークの”2001年宇宙の旅”を読了。キューブリックの映画版と合わせてSF作品の金字塔的作品で、あまりに有名すぎるので感想を書くのすら躊躇われる。が、かなり面白かった。

 


決定版 2001年宇宙の旅 (ハヤカワ文庫SF)

飛行機っていまだにちょっと苦手

出発は19:20の予定とあるが、19時を過ぎても一向に搭乗手続きが始まらない。不安になってアナウンスを聞いていると少し出発が遅れるとのこと。19:40には出発らしいので安心した。実はイスタンブールでのトランジットは2時間しかないので大幅に遅れると非常に困る。19:10頃に搭乗手続きを開始し飛行機に乗り込む。だが20時を回っても飛行機が一向に飛ばない。更に少し待ちようやくフライト。時刻は20:30を回っていた。イスタンブールでのんびりする余裕はなさそうだ。

さらばヨーロッパ

昼ご飯を食べていなかったのでお腹は減っていた。2時間ちょっとのフライトだけど、機内食は出るかなと期待していたらやっぱり出た。今回はチキンorビーフだった。鶏肉はこの旅でたくさん食べているのでビーフを選択。今まで食べた機内食では1番美味しかった。ビーフも柔らかかったし、ポテトの味付けもよかった。しかしトルコも気になる国だよなあ。

 

やたら喚いき続ける後ろの席の子供にやたらと席をガンガンと蹴られ続けること2時間、なんとかイスタンブールへ到着する。怒りたくもないし、言っても聞かないし、察してはくれることもないので子供は本当に苦手だ。到着時刻は24:20で、大阪へのフライトが24:50発だったため本当にギリギリだった。飛行機に乗り込んだのは24:45、冷や汗をかいた。こういう時乗れなくなったらどうするんだろうか。興味はあるが、自分がそれを被るのはできれば避けたい。この飛行機に乗ればあとは日本に着く、随分と呆気ないもので、あっさりと僕の旅は終わりを告げた。最後はもちろん機内食。2度あったものの、最初のやつだけ食べてあとはずっと寝こけていた。もちろんターバンがここでも最高の働きをしたのは言うまでもない。

やっぱり味が薄い

僕はとても平凡でつまらない人間だ。少なくとも自分ではそう感じていて、特に想像力が著しく欠如している。しかもそれが年々年を経るごとに衰退しているように感じられているから、それはとても恐ろしく怖いことだった。住み慣れた場所を離れると少なからず刺激がある。そういった理由で僕は今回モロッコへ旅立ったわけだけど、目論見通りと言うかいい刺激になった。脳みそをフルに使って生きる、これがとても疲れる。本来なら日常生活からそうあるべきなのだけど、悲しいかな、僕は凡人で気をつけていてもそのことを忘れてしまって日々の生活にすぐに慣れてしまう。だから他の人より劣る分、多くの刺激を受けて尖らせて生きないといけないなと今回改めて感じた。似たような刺激は僕が気が付いていないだけで日本でもきっとたくさんあるはずなので、日本へ帰ってからもなんとかかんとか”疲労する”生活を送りたいところ。少しでも気になるものがあれば積極的にもっと足を運ぶべきなのだ。

 

僕に会う人はこれからしばらくは熱が冷めずに、この2週間の話ばかりすることになると思う。大変申し訳ない。そして逆にこれから旅に出ようだとか、すでに出たという人に関しては、ぜひ感じたことをたくさん聞かせていただきたいものである。

WRITER

RECENT POST

INTERVIEW
都市の文化にふれながらバランスよく生きられる場所が無い!!〈汽水空港〉店主・モリテツヤインタビュー
COLUMN
書評企画『365日の書架』12月のテーマ:もっと読むのが好きになる
INTERVIEW
【Identify Me vol.01】写真家・金サジ
COLUMN
【東日本編】ライブハウス・クラブでの思い出のエピソード
COLUMN
【西日本編】ライブハウス・クラブでの思い出のエピソード
COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.1:Stars and Rabbit
INTERVIEW
【with your eyes】番外編:Allan Dransfield(アラン・ドランスフィルド)
COLUMN
堤、ウズベキスタンへ行く – 単一の文化ってなんだよ –
INTERVIEW
自分たちで責任を取り続けられる企業であるために。FREITAGの創業者Markus Freitag来…
INTERVIEW
台湾インディーシーンの最前線を走り続けるSKIP SKIP BEN BENこと林以樂、初の本名名義と…
COLUMN
【2019年10月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年09月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年08月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
制作もライブも自然体で。京都のシンガーソングライターいちやなぎインタビュー
COLUMN
【2019年07月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
堤、中国を経由してロシアへ行く – すべての道はアベンジャーズへ通ず – 【…
COLUMN
堤、中国を経由してロシアへ行く – すべての道はアベンジャーズへ通ず – 【…
COLUMN
【2019年06月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年05月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年04月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年03月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
堤、インドへ行く – 写真と音で巡る、北インドローカル旅 – 後編
COLUMN
堤、インドへ行く – 写真と音で巡る、北インドローカル旅 – 前編
COLUMN
【2019年02月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年01月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2018年12月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2018年11月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2018年10月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2018年9月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
【3×3 DISCS】Homecomings – Songbirds
INTERVIEW
ボロフェスタ主催のひとり飯田仁一郎に聞く、ナノボロフェスタでトークイベントを行う理由
SPOT
出町座
INTERVIEW
【モーモールルギャバン / ゲイリー・ビッチェ】好きで好きでたまらない!スーパーノアは俺に語らせて!…
INTERVIEW
【くるり / ファンファン】好きで好きでたまらない!スーパーノアは俺に語らせて!3rd mini a…
COLUMN
【2018年7月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2018年6月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
【3×3 DISCS】Siamese Dream – The Smashing Pump…
REVIEW
【3×3 DISCS】MISS YOU – ナードマグネット
COLUMN
【2018年5月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
「自分たちが面白いことが一番面白い」この二年間の活動の変化を、踊る!ディスコ室町Vo.ミキクワカドに…
COLUMN
【2018年4月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REPORT
【SXSW2018】国別に見る、良かったアーティストまとめ
REPORT
【SXSW2018】世界のミュージックフリークスに聞いた、今年のおすすめ出演者
REPORT
【SXSW2018】日本のミュージシャンの世界への接近と、各国のショーケース
COLUMN
ki-ft×アンテナ共同ディスクレビュー企画『3×3 DISCS』
REVIEW
【3×3 DISCS】Man Of The Woods – Justin Timberl…
COLUMN
【2018年3月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2018年2月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
堤キューバへ行く - 出入国編 –
COLUMN
堤キューバへ行く - 食事編 –
COLUMN
堤キューバへ行く - トリニダー編 –
COLUMN
堤キューバへ行く - ハバナ編 –
COLUMN
堤キューバへ行く - まとめ –
COLUMN
ライブハウス店長・ブッカーが振り返る、2017年ベストアクト
COLUMN
HOLIDAY! RECORDS / 植野秀章が選ぶ、2017年ベストディスク10
COLUMN
【2017年12月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【月一更新・まとめ】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REPORT
映画『MOTHER FUCKER』京都みなみ会館 特別先行上映レポート
COLUMN
【2017年10月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -堤大樹 ③広島東洋カープ編-
INTERVIEW
【特別企画】ミュージシャン、好きな映画を語る – バレーボウイズ・本日休演・踊る!ディス…
REPORT
【SXSW2017】vol.0 まとめ
COLUMN
堤SXSWへ行く 番外編
COLUMN
堤SXSWへ行く Day10
COLUMN
堤SXSWへ行く Day9
COLUMN
堤SXSWへ行く Day8
COLUMN
堤SXSWへ行く Day7
COLUMN
堤SXSWへ行く Day6
COLUMN
堤SXSWへ行く Day5
COLUMN
堤SXSWへ行く Day4
COLUMN
堤SXSWへ行く Day3
COLUMN
堤SXSWへ行く Day2
COLUMN
堤SXSWへ行く Day1
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -堤大樹 ②音楽編-
REPORT
終わらない孤独な旅で見つけた、彼女の”光”とは?Laura Gibson ジ…
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -堤大樹 ①初めてのひとり旅編-
REPORT
the coopeez 『キネマBANPAKU』 @ みなみ会館 2016.05.21
COLUMN
堤手ぶらで台湾へ行く Last Day
COLUMN
堤手ぶらで台湾へ行く Day7
COLUMN
堤手ぶらで台湾へ行く Day6
COLUMN
堤手ぶらで台湾へ行く Day5
COLUMN
堤手ぶらで台湾へ行く Day4
COLUMN
堤手ぶらで台湾へ行く Day3
COLUMN
堤手ぶらで台湾へ行く Day2
COLUMN
堤手ぶらで台湾へ行く Day1
SPOT
朧八瑞雲堂
SPOT
吉靴房
SPOT
BOLTS HARDWARE STORE
REPORT
ナードマグネット – 怒りのデス・ワンマン@天王寺Fireloop 2015.12.20
COLUMN
堤ヴェニスへ行く Day14
COLUMN
堤バルセロナへ行く Day13
COLUMN
堤バレンシアへ行く Day12
COLUMN
堤バレンシアへ行く Day11
COLUMN
堤バレンシアへ行く Day10
COLUMN
堤ジブラルタルを渡る Day9
COLUMN
堤モロッコへ行く Day8
COLUMN
堤モロッコへ行く Day7
COLUMN
堤モロッコへ行く Day6
COLUMN
堤モロッコへ行く Day5
COLUMN
堤モロッコへ行く Day4
COLUMN
堤モロッコへ行く Day3
COLUMN
堤モロッコへ行く Day2
COLUMN
堤モロッコへ行く Day1
INTERVIEW
CARD×椎木彩子の関係について:後編
INTERVIEW
CARD×椎木彩子の関係について【前編】
INTERVIEW
鈴木実貴子ズは何故ライブバー&鑪ら場を始めたのか?
REPORT
斑斑(skip skip ben ben) “台湾から来た二人” @公○食堂 2014.11.01
REPORT
スキマ産業vol.39 @ 木屋町UrBANGUILD ライブレポート
REPORT
the coopeez newbalance tour @京都MOJO ライブレポート

LATEST POSTS

INTERVIEW
ただ“おもろい”と思うことをやっていたら、いろんな「無い!!」に気づいた〈トマソンスタジオ〉インタビュー

特集『言葉の力』の企画として本記事では、自らの思想をどのようにして言葉に乗せ発信してきたのかを探る。…

REVIEW
ザ・ディランⅡ

きのうの思い出に別れをつげるんだもの(1972年)

INTERVIEW
どうやって作られているか知るために現場を開く。建築集団「々」野崎将太 インタビュー

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 後編:ジャンルを融合させるパキスタンアーティストたち

「台湾のシーンが熱い」と透明雑誌が日本のインディーシーンを騒がせて、早くも10年近くになるだろうか。…

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 前編:パキスタンの「文化の床」Coke Studio Pakistan

パキスタンの音楽的背景と、その再興に挑み続けるテレビ番組 CokeStudioについて。