NEWS

ロームシアター京都にて『スガダイローとJASON MORANと東京と京都』開催

MUSIC 2017.04.07 Written By 山田 克基

現代ジャズの最先端を走るジェイソン・モランの来日が決定した。迎え撃つは日本のジャズに旋風を巻き起こすスガダイロー。この二人の共演が東京と京都で実現する。4/15 (土) の京都公演ではゲストにライブドローイングの鈴木ヒラクを迎えての公演である。

 

ジェイソン・モランはテキサス出身のジャズピアニストでヒューストンのハイスクール・フォー・ザ・パフォーミング・アーツの出身でロバート・グラスパーやクリス・デイブ、ジャマイア・ウィリアムスの先輩にあたる。名門のレーベルBlueNoteやECMからリリースを重ね、現代ジャズにおいてはつねに世界の最先端を行く。日本にもバンドでもソロでも何度か来日をし常に新しいジャズを持ってきては日本のファンを魅了している。

対してスガダイローは洗足学園にて山下洋輔に師事後バークリー音楽大学にてジャズを学ぶ。帰国後は渋さ知らズなどで活動をしながら、プロデュース活動や近年では演劇の音楽監督などもしている。ソロ活動では向井秀徳ら様々なアーティストと”対決”をしている。ミュージシャンだけでなく、コンテンポラリーダンスやバスケットボール、ミシンを操るファッションデザイナーなどとも”対決”を重ね表現の可能性の裾野を広げている。

一見タイプの違うとも取れる二人が出会ったのは昨年末のNYスタインウェイ工場で共演した『BOYCOTT RHYTHM MACHINE WORLDWIDE VERSUS 』ジャズとは元々即興での”対決”の要素を多く含むジャンルであるが、現代ジャズにおいて先頭を走り続ける二人の対決だからこそ広がった新たなジャズの境地を見せつけた。そんな二人が日本でそして京都で再度共演するのだ。

 

それぞれのソロプレイと即興対決、そしてゲストには平面から立体までこちらも国内外で活躍し、以前にもスガダイローと共演経歴のあるアーティスト鈴木ヒラク。通常作品だけではなくパフォーマンスにも定評があり、ジャズピアニストの即興と相性が良いのではないだろうか。

 

そんな最先端アーティストによる奇跡の共演、正しく一夜限りの夜をあなたの目と耳に焼き付けて頂きたい。

スガダイローとJASON MORANと東京と京都

日時

2017年4月15日(土)

open17:00 / start18:00

会場

ロームシアター京都 ノースホール

料金

自由席前売 5,800 円、自由席当日 6,500 円

立見席前売 4,500 円、立見席当日 5,300 円 

学割前売(立見席のみ) 3,500 円※学生証・証明書など要提示

出演

スガダイロー / Jason Moran / 鈴木ヒラク

チケット

ロームシアター京都オンラインチケット
ロームシアター京都チケットカウンター〔TEL.075-746-3201(10:00~19:00、年中無休)〕
京都コンサートホールチケットカウンター〔TEL.075-711-3231(10:00~17:00、第1・3月曜日休 ※祝日の場合は翌日)〕
VELVETSUN店頭もしくは velvetsunproducts@gmail.com まで

お問い合わせ

株式会社VELVETSUN PRODUCTS(担当:中村)
Tel: 080-3732-4465/email: velvetsunproducts@gmail.com

WRITER

Recent Posts

REPORT
Polarisと僕たちの共通項はいつだって自由に音楽を楽しめるという事だった
REPORT
【山田克基の見たボロフェスタ2016 / Day2】BiSH / チプルソ / 加藤隆生(ロボピッチ…
REPORT
【山田克基の見たボロフェスタ2016 / 夜露死苦】
REPORT
【山田克基の見たボロフェスタ2016 / Day1】BiS / 立川吉笑 / ときめき☆ジャンボジャ…
SPOT
KYOTO BREWING CO.

LATEST POSTS

INTERVIEW
ただ“おもろい”と思うことをやっていたら、いろんな「無い!!」に気づいた〈トマソンスタジオ〉インタビュー

REVIEW
CIFIKA – HANA

INTERVIEW
どうやって作られているか知るために現場を開く。建築集団「々」野崎将太 インタビュー

INTERVIEW
みんなの劇場が無い‼ 誰もが自分の言葉で語れるきっかけをくれる場所〈THEATRE E9 KYOTO〉あごうさとしインタビュー

特集『文化の床』の企画「#無い!!」では、満たされているはずの都市や生活の中で「なにかが無い」ことに…

ART
COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 後編:ジャンルを融合させるパキスタンアーティストたち

「台湾のシーンが熱い」と透明雑誌が日本のインディーシーンを騒がせて、早くも10年近くになるだろうか。…