NEWS

CLUB METROの27周年企画としてThundercat初の単独来日公演が決定

MUSIC 2017.03.29 Written By 山田 克基

京都METRO27周年、αステーション京都FM26周年のWアニバーサリー企画として、今年新作品『DRUNK』をリリースしたばかりのサンダーキャットの京都公演が2017年4月29日に開催される。

 

上記のアルバムにはケニー・ロギンス、ファレル・ウィリアムスやケンドリック・ラマーなどの超豪華アーティストが参加。また以前からのヒップホップやR&Bで活かされてきたビートミュージックはもちろんだが、もともと彼の美声と相性のいいAORやポップな部分に磨きがかかり、歌モノとしてしっかりと聞きごたえのある一枚になっている。そんな現代音楽シーンの寵児である彼の初の単独来日公演は見逃せない。

 

彼の経歴を追ってみると参加作品や楽曲のジャンルの多様さにはいつも驚かされる。彼は父も兄もミュージシャンという音楽一家で育ち、幼少期からベースを始める。その中で温められてきたその卓越したベースプレイと美声。さらに彼の常人離れした感性を体験出来るオリジナリティ溢れるソングライティング能力でシーンを常に圧倒してきたのだ。今作でも新たなシーンを切り拓き、音楽の世界を広げてくれるであろう。

西海岸の生ける伝説的スラッシュ / ハードコアバンドにサンダーキャットは16歳で加入。2010年にはフライング・ロータスの『Cosmogramma』に参加。翌年に発表された彼自身の1stアルバム『The Golden Age of Apocalypse』では、自身が参加してきたファンクやエレクトロニカなどのジャンルを巧く昇華したようなアルバムである。特にオープニングトラックの”Hooooooo”を聞いた瞬間に、数十秒間でありながらその音の情報量によって彼の世界に引き込まれることは間違いなし。彼の音楽の世界に足を踏み入れる際に是非とも聞いていただきたい一曲である。

 

たった何本かの弦と20程度のフレット上で行われる彼の無限の音楽的探求を、この春京都で体験できるはず。ぜひあなたも彼の音楽の海の中におぼれてみてはいかがだろうか。

METRO 27th & α-STATION 26th W Anniversary Special Live!!! THUNDERCAT Japan Tour 2017

日時

2017年4月29日(土)

open / start 19:00 

会場

CLUB METRO 

出演

THUNDERCAT

料金

¥6,000 (別途Drink要)

 

チケットぴあ(http://t.pia.jp/、Pコード:323-052)
ローソンチケット (ローソンLoppi、Lコード:57107)
e+ (http://eplus.jp/)
にて2/18より発売

You May Also Like

WRITER

Recent Posts

REPORT
Polarisと僕たちの共通項はいつだって自由に音楽を楽しめるという事だった
REPORT
【山田克基の見たボロフェスタ2016 / Day2】BiSH / チプルソ / 加藤隆生(ロボピッチ…
REPORT
【山田克基の見たボロフェスタ2016 / 夜露死苦】
REPORT
【山田克基の見たボロフェスタ2016 / Day1】BiS / 立川吉笑 / ときめき☆ジャンボジャ…
SPOT
KYOTO BREWING CO.

LATEST POSTS

INTERVIEW
ただ“おもろい”と思うことをやっていたら、いろんな「無い!!」に気づいた〈トマソンスタジオ〉インタビュー

REVIEW
CIFIKA – HANA

INTERVIEW
どうやって作られているか知るために現場を開く。建築集団「々」野崎将太 インタビュー

INTERVIEW
みんなの劇場が無い‼ 誰もが自分の言葉で語れるきっかけをくれる場所〈THEATRE E9 KYOTO〉あごうさとしインタビュー

特集『文化の床』の企画「#無い!!」では、満たされているはずの都市や生活の中で「なにかが無い」ことに…

ART
COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 後編:ジャンルを融合させるパキスタンアーティストたち

「台湾のシーンが熱い」と透明雑誌が日本のインディーシーンを騒がせて、早くも10年近くになるだろうか。…