COLUMN

【ウサギバニーボーイが見た広島】第5回

MUSIC 2015.04.24 Written By ウサギバニー ボーイ

さて、第5回目ですね。

今回も広島のバンドをひとつ紹介したいと思います。

次回くらいに汁なし担々麺の情報でも書いてみますかね。

 

今日、ご紹介するのは「etos」です。

広島が誇るインストバンドです。

 

音楽性云々は例によってライブで見てもらえればと思うので、

いつもどおりその魅力あふれる人物群をご紹介させていただきます。

■おーつくん

etosのギター。

もともとはピースバッヂココアという歌ものバンドで全国を廻ってた方です。

メロディセンスを声からリフにシフトして耳触りのよいギターを鳴らします。

人物は酒に呑まれるタイプだと思います。

美意識が高めでステージで自分が一番映えるステージングをよく研究しています。

前にライブ中にギターとアンプを繋ぐケーブルを何度も鞭のようにしならせる行為をしてたので、

あの行為にはなんか意味があるのかなぁと思って問い合わせたところ、

「カッコいいっしょ」とストレートな返事が返ってきました。

素敵です。

 

あとは言えないことが多いですが、総じて非常にバンドマンらしい人物だと思っています。

音へのこだわりやライブへのこだわりが非常に強く、常に自身のベストライブを更新するために

何をすればいいか模索している姿勢はカッコいいです。

ただ…

 

■にゅうまんくん

etosのギター

etosの肝となるリフを考えるetosのキーマンです。

あだなの「にゅうまん」の由来が高校から広島に移り住んだ際に同級生たちから

「新しくやってきた男=NEW MAN(にゅうまん)」と言われたことに起因すると聞いたときに

その同級生たちの英語能力とそのセンスに震えました。

 

また、にゅうまんくんもここに書かない方がいいだろうなぁということが多いらしいのですが、

ギター以外の趣味やこだわりも1級品らしいです。

あとにゅうまんくんは麻雀が好きで、ウサギのナカタクさんなどはにゅうまんくんの家で開催される麻雀大会で仲良くしてもらってるみたいです。

 

■やのくん(あんご)

etosのドラム

やのくんは付き合いが古く、もともとはやのくんが服飾関係で働いていたときに同じ商業ビルのフロアにウサギのサキチヨさん(ドラム)がいたことから話しかけてもらって繋がりができたように記憶してます。

もう10年以上知ってる人物ですね~。

でも、そんな近しい距離間ではなかったので頻繁に会ったり、一緒にご飯を食べるといったこともなかったので、昔から距離はいい感じに変わってないように思います。

やのくんもまたドラム以外の趣味やこだわりが1級品みたいです。

そしてetosで一番言えない秘密が多いのもやのくんらしいですよ。

 

■しもかどくん(シモン)=つけ神様

etosのベースです。

etosへのライブ依頼の窓口、その他の折衝事のほとんどは彼が行います。

こう書くと、人当たりのよい笑顔の人物を想像してしまうと思いますが、

通常時のパッと見は不満顔をしていますので、要注意です。

ただ不満顔というだけで特に不満があるわけではないのです。

そしてクリアアサヒを飲むと豹変して人当たりのよい笑顔の人物に変わります。

初めて話す時は酒を飲んでる彼に話しかけたほうが話しやすいかもしれませんね。

ただ時として酒に呑まれて話したことを全く覚えてないことがありますので注意が必要です。

また彼を紹介するうえで忘れてはならないのが、「つけ麺」です。

彼は全国的に知られているつけ麺のことを「つけそば」といい、

広島の冷たい麺を辛味のつけ汁につけて食するそれのみを「つけ麺」といいます。

そのような個人のこだわりが多くのフォロワーを生み、バンドマンの間では「つけ神様」「神様」と

呼ばれ広島はもちろん全国規模で慕われています。

この4人が集まって奏でられる音がこれです。

メンバーの仕事の都合や練習時間の確保の難しさからライブは頻繁に行っていませんが、

機会があれば是非ライブに足を運んでみてください。

 

そんな数少ないライブがこちら(広島ですがね。)

 

5/9[sat] nuill&un cuento de hadas presents
『離別ノススメ』@Club Border
add¥1500 day¥2000 [D別]
open18:30 start19:00

DAIGHILA [Malaysia]
etos
anticlockwise
SUPER OVERHEAD
nuill&un cuento de hadas

 

DJ かーん

 

今回は広島のインストバンドetosをご紹介しました。

WRITER

RECENT POST

COLUMN
彼方からの手紙「ウサギバニーボーイが見た広島」第18回:健康
COLUMN
彼方からの手紙「ウサギバニーボーイが見た広島」第17回
COLUMN
【ウサギバニーボーイが見た広島】第16回
COLUMN
【ウサギバニーボーイが見た広島】第15回
COLUMN
【ウサギバニーボーイが見た広島】第14回
COLUMN
【ウサギバニーボーイが見た広島】第13回
COLUMN
【ウサギバニーボーイが見た広島】第12回
COLUMN
【ウサギバニーボーイが見た広島】第11回
COLUMN
【ウサギバニーボーイが見た広島】第10回
COLUMN
【ウサギバニーボーイが見た広島】第9回
COLUMN
【ウサギバニーボーイが見た広島】第8回
COLUMN
【ウサギバニーボーイが見た広島】第7回
COLUMN
【ウサギバニーボーイが見た広島】第6回
COLUMN
【ウサギバニーボーイが見た広島】第4回
COLUMN
【ウサギバニーボーイが見た広島】第3回
COLUMN
【ウサギバニーボーイが見た広島】第2回
COLUMN
【 ウサギバニーボーイが見た広島】第1回

LATEST POSTS

INTERVIEW
ただ“おもろい”と思うことをやっていたら、いろんな「無い!!」に気づいた〈トマソンスタジオ〉インタビュー

特集『言葉の力』の企画として本記事では、自らの思想をどのようにして言葉に乗せ発信してきたのかを探る。…

REVIEW
ザ・ディランⅡ

きのうの思い出に別れをつげるんだもの(1972年)

INTERVIEW
どうやって作られているか知るために現場を開く。建築集団「々」野崎将太 インタビュー

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 後編:ジャンルを融合させるパキスタンアーティストたち

「台湾のシーンが熱い」と透明雑誌が日本のインディーシーンを騒がせて、早くも10年近くになるだろうか。…

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 前編:パキスタンの「文化の床」Coke Studio Pakistan

パキスタンの音楽的背景と、その再興に挑み続けるテレビ番組 CokeStudioについて。