SPOT

BOLTS HARDWARE STORE

DESIGN 2016.02.21 Written By 堤 大樹

物屋と聞いて今一体何人の人が身近に感じるんでしょうか。

 

北大路の閑静な住宅街にポツンとあるBOLTS HARDWARE STOREは金物屋ですが、いわゆる普通の金物屋とは大きく違います。このお店が主に取り扱っているのは衣食住で言えば”住”のアイテム。フックや棚、電球やテーブルからスツールまで住に関するものならほとんどのものが揃っています。フックだけでもかなりの数があり目移りしてしまうほど。どれも店長の朝陽さんが国内外からセレクトしたこだわりのあるものばかりで、ホームセンターでは中々お目にかかれないようなものが店外にまではみ出して所狭しと並んでいます。

 

金物、工具というと男性向けというイメージもありますが、BOLTS HARDWARE STOREはそんなことはありません。オリジナルの可愛らしいキャップやトート(こんなものまで!)を筆頭に、女性でも気に入って家に持ち帰りたくなるようなアイテムも数多く置いてあります。 決して大きなお店ではないのに、妙に居心地が良いのはきっと朝陽さんのこだわりと人柄のなせる技。また本職はデザイナーということもあり、主にインテリアに関わる事をメインにオーダーメイドも承っているようです。「お気に入りのものが見つからない!」というあなたはぜひ一度相談してみてはいかがでしょうか。

住所

〒603-8034

京都府京都市北区上賀茂葵之森町7-19

※移転先の住所です

定休日

水曜日、隔週土曜日

営業時間

10:00~18:00

HP

https://bolts-hardwarestore.com

──

以前より外からお店を見ていてずっと気になっていました。HPには「いわゆる一般的な金物屋ではない」とありますがBOLTS HARDWARE STOREとは一体どのようなお店なのでしょうか?

朝陽 鎮也さん(以下:朝陽)

主に建築インテリアやそれに関するパーツ類、工具とか、ちょっとした雑貨とかを扱っています。うちはデザインをやっているので、オリジナルのプロダクトを売りたいというのが一番です。

──

オリジナルのプロダクトとはどのようなものでしょうか。大手ホームセンターで工具やパーツも買えると思うのですが、BOLTSさんとの違いはデザインにあるのですかね?

朝陽

そうですね。自分たちで考えたものっていうのはここにしかないものなので、そういうものが一番強いのではないかなと思っています。

──

HPに新しい価値の創造とありました。ここにしかないものという言葉はそういったものに繋がっていると思うのですが、具体的にはどのようなものがあるのでしょうか。

朝陽

例えばうちのオリジナルの商品で、アルミを磨いて鏡に仕立てているものがあります。もちろん普通の鏡に比べたら映りという面では若干劣るのですが、十分鏡としては機能して映るんですよね。他には壁に取り付けないと成り立たない棚もあるのですが、うちのオリジナル商品は手を加えなくては成り立たないというものが多いです。世間に出回っている製品っていうのは、絶対汚れない、磨かなくていい、メンテナンスフリーの物が多いですが、うちのものはそうはいかない。そういったひと手間をかけることを良しとする価値観に共感してくれる人が、多くはないかもしれませんが嬉しいですね。

──

自らが打ち出した価値に反応があるのは嬉しいですね。立ち寄るお客さんはどのような方が多いですか?

朝陽

面白い商品があるかなとフラッと立ち寄る人もいれば、ちゃんと調べて、買いたいものを決めてくる人もいます。

──

ありがとうございます。朝陽さんの本業はデザイナーになるのでしょうか?

朝陽

僕自身が手を動かして品物を作る訳ではないので、職人ではなくデザイナーです。作ることもありますが、仕上げとか、取り付けとかサブ的なことがメインで、主に商品を作るのは職人さん。仕事なのでそこはうまく線引きしてデザインで補える部分と、職人さんの経験で補える部分と意見を言い合いながら作っています。向こうはデザインはできないし、こっちは作れないっていうので仕事が成り立っているので、そこの線引きはちゃんとしたいなって意識はありますね。

──

お互いに補える関係というものはいいですね。デザイナーである朝陽さんが何故こういう形で実店舗としてお店を開くことになった経緯を教えてください。

朝陽

以前会社勤めをしていた時から感じていたんですが、営業をして仕事を取るのもいいことですけど、実店舗にしといた方が人は来るし、仕事も取りやすいなと。こうやってお客さんと会話も出来ますしね。

──

以前は別の会社に勤められていたという話ですが、独立される際に京都を選ばれた理由はありますか?

朝陽

京都は学生時代に過ごしていて馴染みがありました。あとはお付き合いしている工場さんが主に大阪なので、近いっていうのも大きいです。そして京都の町の狭さがちょうどいいくらいの大きさだと感じていて、少し街中から外れてお店をやっていてもわざわざ足を運んでくれるお客さんが多いんです。なのでこんな場所でも来てくれるだろうと思って京都を選びました (笑)

──

この道を志すきっかけはあったのでしょうか?

朝陽

家庭環境じゃないですかね。姉はデザインやっていたり、母がミシンをやっていたり、父は自動車整備をやっていたし、物を作るのが好きな家系なんですかね (笑)

──

影響を受けたデザイナーがおられたら教えてください。

朝陽

仕事を始めてから周りの人に影響されましたね。職場の先輩であったり、社長だったり……学生の頃やっていたことは遊び程度だったと気付かされました。社会に出てから今の技術であったりとか、話術や、デザイン力、売るまでのプロセスだったり多くのことを吸収しました。 

──

オリジナル商品のアイデアはどのように生まれてくるのでしょうか?

朝陽

お客さんの要望を聞く事はあまりなくて自分の中から出てきますね。作りたいな、と思って何となく頭に浮かんだらちょっとずつ詰めていく。いけそうだなと思ったら一回作ってみて、更にコストやディテールの調整という流れです。

──

忘れがちですがひとつの商品を作るのにもデザインする人がいて、実際に形にする人がいて、多くの人が関わっていて大変ですよね。そこが面白い部分でもあるとは思うのですが。

朝陽

付き合いが長くなってくるとお互いが分かってくるので、これやりやすいだろうなとか、これやりにくいだろうなとか、だんだん楽になってきます。最初は辛いですけど (笑)

──

デザインをされる際に気を付けていることはありますか?

朝陽

無駄がないというか、理にかなったデザインが好きなので合理的なものになるように気を付けています。無駄なことやって変にコストが上がっているものとかは見ていて腹が立ちます (笑) 。あとはお店のことも、陳列を考えたり、ポップを書いたり、日々出荷する梱包1つでもデザインだと思うので。それも全部含めてデザインだと思っています。

──

それは店内を拝見していても感じられます。決して広くはないのですが、商品も見やすいし居心地が良いですね。デザインされた中で特にお気に入りのものがあれば教えていただいてもよいでしょうか?

朝陽

ありがとうございます。商品は……オリジナルはどれも思い入れがあるので決められないですね (笑)

──

どれも苦心して作られているでしょうし、そうかもしれません (笑) 。最後に今朝陽さんが気になっていることを教えていただいてもよいでしょうか?

朝陽

難しいな……今カヤックをやっているのですけど、次どこ行こうかなってことですかね。

──

カヤックですか、学生のころからされていたのでしょうか。

朝陽

いや、これは2年位前からです。誘われて、はまって、船を買って、どんどんはまっちゃったって感じですかね (笑) 。船は組立式なので、バラして、リュックとして背負えます。皆で行った方が楽しいし、行く時はカヌーメーカーさんのツアーに参加している事が多いのですが、新しい出会いもあるし、おじさんと話しているのも面白いんで (笑)

──

経験されている場数が違いますよね (笑) 。ぜひ今度連れて行っていただきたいです。本日はありがとうございました!

WRITER

Recent Posts

INTERVIEW
都市の文化にふれながらバランスよく生きられる場所が無い!!〈汽水空港〉店主・モリテツヤインタビュー
COLUMN
書評企画『365日の書架』12月のテーマ:もっと読むのが好きになる
INTERVIEW
【Identify Me vol.01】写真家・金サジ
COLUMN
【東日本編】ライブハウス・クラブでの思い出のエピソード
COLUMN
【西日本編】ライブハウス・クラブでの思い出のエピソード
COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.1:Stars and Rabbit
INTERVIEW
【with your eyes】番外編:Allan Dransfield(アラン・ドランスフィルド)
COLUMN
堤、ウズベキスタンへ行く – 単一の文化ってなんだよ –
INTERVIEW
自分たちで責任を取り続けられる企業であるために。FREITAGの創業者Markus Freitag来…
INTERVIEW
台湾インディーシーンの最前線を走り続けるSKIP SKIP BEN BENこと林以樂、初の本名名義と…
COLUMN
【2019年10月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年09月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年08月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
制作もライブも自然体で。京都のシンガーソングライターいちやなぎインタビュー
COLUMN
【2019年07月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
堤、中国を経由してロシアへ行く – すべての道はアベンジャーズへ通ず – 【…
COLUMN
堤、中国を経由してロシアへ行く – すべての道はアベンジャーズへ通ず – 【…
COLUMN
【2019年06月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年05月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年04月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年03月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
堤、インドへ行く – 写真と音で巡る、北インドローカル旅 – 後編
COLUMN
堤、インドへ行く – 写真と音で巡る、北インドローカル旅 – 前編
COLUMN
【2019年02月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年01月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2018年12月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2018年11月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2018年10月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2018年9月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
【3×3 DISCS】Homecomings – Songbirds
INTERVIEW
ボロフェスタ主催のひとり飯田仁一郎に聞く、ナノボロフェスタでトークイベントを行う理由
SPOT
出町座
INTERVIEW
【モーモールルギャバン / ゲイリー・ビッチェ】好きで好きでたまらない!スーパーノアは俺に語らせて!…
INTERVIEW
【くるり / ファンファン】好きで好きでたまらない!スーパーノアは俺に語らせて!3rd mini a…
COLUMN
【2018年7月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2018年6月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
【3×3 DISCS】Siamese Dream – The Smashing Pump…
REVIEW
【3×3 DISCS】MISS YOU – ナードマグネット
COLUMN
【2018年5月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
「自分たちが面白いことが一番面白い」この二年間の活動の変化を、踊る!ディスコ室町Vo.ミキクワカドに…
COLUMN
【2018年4月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REPORT
【SXSW2018】国別に見る、良かったアーティストまとめ
REPORT
【SXSW2018】世界のミュージックフリークスに聞いた、今年のおすすめ出演者
REPORT
【SXSW2018】日本のミュージシャンの世界への接近と、各国のショーケース
COLUMN
ki-ft×アンテナ共同ディスクレビュー企画『3×3 DISCS』
REVIEW
【3×3 DISCS】Man Of The Woods – Justin Timberl…
COLUMN
【2018年3月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2018年2月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
堤キューバへ行く - 出入国編 –
COLUMN
堤キューバへ行く - 食事編 –
COLUMN
堤キューバへ行く - トリニダー編 –
COLUMN
堤キューバへ行く - ハバナ編 –
COLUMN
堤キューバへ行く - まとめ –
COLUMN
ライブハウス店長・ブッカーが振り返る、2017年ベストアクト
COLUMN
HOLIDAY! RECORDS / 植野秀章が選ぶ、2017年ベストディスク10
COLUMN
【2017年12月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【月一更新・まとめ】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REPORT
映画『MOTHER FUCKER』京都みなみ会館 特別先行上映レポート
COLUMN
【2017年10月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -堤大樹 ③広島東洋カープ編-
INTERVIEW
【特別企画】ミュージシャン、好きな映画を語る – バレーボウイズ・本日休演・踊る!ディス…
REPORT
【SXSW2017】vol.0 まとめ
COLUMN
堤SXSWへ行く 番外編
COLUMN
堤SXSWへ行く Day10
COLUMN
堤SXSWへ行く Day9
COLUMN
堤SXSWへ行く Day8
COLUMN
堤SXSWへ行く Day7
COLUMN
堤SXSWへ行く Day6
COLUMN
堤SXSWへ行く Day5
COLUMN
堤SXSWへ行く Day4
COLUMN
堤SXSWへ行く Day3
COLUMN
堤SXSWへ行く Day2
COLUMN
堤SXSWへ行く Day1
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -堤大樹 ②音楽編-
REPORT
終わらない孤独な旅で見つけた、彼女の”光”とは?Laura Gibson ジ…
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -堤大樹 ①初めてのひとり旅編-
REPORT
the coopeez 『キネマBANPAKU』 @ みなみ会館 2016.05.21
COLUMN
堤手ぶらで台湾へ行く Last Day
COLUMN
堤手ぶらで台湾へ行く Day7
COLUMN
堤手ぶらで台湾へ行く Day6
COLUMN
堤手ぶらで台湾へ行く Day5
COLUMN
堤手ぶらで台湾へ行く Day4
COLUMN
堤手ぶらで台湾へ行く Day3
COLUMN
堤手ぶらで台湾へ行く Day2
COLUMN
堤手ぶらで台湾へ行く Day1
SPOT
朧八瑞雲堂
SPOT
吉靴房
REPORT
ナードマグネット – 怒りのデス・ワンマン@天王寺Fireloop 2015.12.20
COLUMN
堤日本へ帰る Day15
COLUMN
堤ヴェニスへ行く Day14
COLUMN
堤バルセロナへ行く Day13
COLUMN
堤バレンシアへ行く Day12
COLUMN
堤バレンシアへ行く Day11
COLUMN
堤バレンシアへ行く Day10
COLUMN
堤ジブラルタルを渡る Day9
COLUMN
堤モロッコへ行く Day8
COLUMN
堤モロッコへ行く Day7
COLUMN
堤モロッコへ行く Day6
COLUMN
堤モロッコへ行く Day5
COLUMN
堤モロッコへ行く Day4
COLUMN
堤モロッコへ行く Day3
COLUMN
堤モロッコへ行く Day2
COLUMN
堤モロッコへ行く Day1
INTERVIEW
CARD×椎木彩子の関係について:後編
INTERVIEW
CARD×椎木彩子の関係について【前編】
INTERVIEW
鈴木実貴子ズは何故ライブバー&鑪ら場を始めたのか?
REPORT
斑斑(skip skip ben ben) “台湾から来た二人” @公○食堂 2014.11.01
REPORT
スキマ産業vol.39 @ 木屋町UrBANGUILD ライブレポート
REPORT
the coopeez newbalance tour @京都MOJO ライブレポート

LATEST POSTS

INTERVIEW
ただ“おもろい”と思うことをやっていたら、いろんな「無い!!」に気づいた〈トマソンスタジオ〉インタビュー

REVIEW
CIFIKA – HANA

INTERVIEW
どうやって作られているか知るために現場を開く。建築集団「々」野崎将太 インタビュー

INTERVIEW
みんなの劇場が無い‼ 誰もが自分の言葉で語れるきっかけをくれる場所〈THEATRE E9 KYOTO〉あごうさとしインタビュー

特集『文化の床』の企画「#無い!!」では、満たされているはずの都市や生活の中で「なにかが無い」ことに…

ART
COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 後編:ジャンルを融合させるパキスタンアーティストたち

「台湾のシーンが熱い」と透明雑誌が日本のインディーシーンを騒がせて、早くも10年近くになるだろうか。…